テニス ポジショニング

ボレー

頭の真上のボレー、はフォア?バック?

みなさんは試合の中で、正面の頭上のボレー、どうやって打ってますか?

正面だから、バック?それともフォア?

私は、この箇所のボレーはフォア、がオススメです。

意外と、打つ機会多いと思いますよ、このボレー。

 

頭の真上のボレー、はフォア?バック?

 

1.正面はバックボレーだけど、上にいくと・・・?

バックだと、打ち辛い。

力が入らないし、振り遅れる原因になります。

ミドルボレーで身体の正面、お腹や胸の位置だと、自分の身体があるからテイクバックがシンプルになる。

身体より後ろにはラケットを動かせないですからね。

でもこれが、頭上だとどうでしょう。

腕を引くことが出来るので、打点が遅れやすい。

ここをバックボレーで処理しようとすると、無理が生じると思います。

 

2.身体を少し傾けて、フォアボレーでOK

私は右利きですが、まず頭の上あたりのボレーはフォア、と決めています。

そして、まさに顔のあたりに飛んで来るボールは、当然頭を避けながらラケットをセットしますよね。

右利きなので、身体を少し左側に傾けながら、ラケットを残す。

フォアボレーを、フラット気味に当てていくような感じ、です。

スライスをかけたりとか、難しいことはしない。

シンプルに、まずは返球を優先する。

頭上の速いボールって、スマッシュは無理ですしね。

ハイボレーの、正面バージョン、はしっかり練習しておきましょう。

 

3.手首の向きで、コースはコントロール出来る

そして、フォアボレーの魅力はここです。

手首でしっかり、形を作ればコントロール出来るんです。

正面のハイボレー、をラケット面だけ作って飛ばす方向をコントロールする。

コンチネンタルグリップで握っていれば、手のひらの向きがラケット面の向き、にほぼ近くなりますよね。

逆クロス、なんかも意外とコントロールしやすいですよ。

慌てず、まずはしっかりフォアボレーで形を作る、余裕があればコントロールしていく。

これでいきましょう!

 

4.ポーチボレーでも、大活躍!

実際に、ダブルスの試合で前衛でポーチに出るとき、重宝します。

フォアボレーで打つ!と思ったけど少しボールに近付き過ぎて、ボールの下に入ってしまうようなこと、あるじゃないですか。

そんなときに、パッとこの反応が出来るかどうか。

決定力のある前衛は、身体の近く、頭上のボールの処理に迷いが無いですよね。

このボレー、意外と盲点です、本当に。

打つ機会が多いのに、あやふやになっている・・・そんなことないですか?

 

きっと、普段から練習が足りないと思います。

正面、そして頭上の正面。

このボレー、ぜひ意識して欲しい。

当然、アウトボールを見極めるウォッチの練習も、ですね。

そして、対戦相手には積極的に打たして欲しいんですよね。

結構、ボロが出て来ると思いますよ。

ピックアップ記事

  1. 雨が多い時期の試合は、防水スプレーは必須アイテム
  2. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選
  3. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利
  4. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に
  5. 【満員御礼・大阪開催】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン 9/1(火) 13~1…

関連記事

  1. テニス スマッシュ

    ボレー

    フォアハンドボレーでパンチ力を出したければ、「後ろではなく上」にラケットをセットしよう

    フォアハンドボレー、の決定力は、シングルスでもダブルスでも必要。…

  2. テニス スマッシュ

    ボレー

    やっと届いたボレーは、実はドロップボレーにしやすい

    今回も、少し裏技的なお話を。実際に、やっている人も多いと思いま…

  3. テニス 練習

    ボレー

    ネットプレー強化に即効性がある練習メニューは、ズバリ「ノーバウンド限定テニス」です!

    ボレーが上手くなりたい、上達したいと思ってもなかなか難しい。な…

  4. テニス ボレー

    ボレー

    ローボレーが安定しない人は、「すくい上げるようなラケットワーク」を止めてみよう

    テニスにおける難しい技術、ローボレー。低い位置のボレーはネット…

  5. テニス ダブルス

    ボレー

    ボレーの感覚を養えない人は、めちゃくちゃ緩く握って打ってみよう

    ボレーの感覚が掴めない、タッチプレーが苦手と感じているみなさんへ。…

  6. テニス ボレー

    ボレー

    「あえて、前に踏み込まない」ボレーを鍛えておくと、粘り強いネットプレーヤーになれる

    ボレーはしっかり、足を踏み込んで横向き!は、確かに基本です。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 走力

    フットワーク

    相手に攻撃されそうなときには、「とにかくスタンスを広くする」だけで守備力が上がり…
  2. テニス ロブ

    ボレー

    ボレーのコースが安定しない人は、「自分の肩が回転していないか」をチェックしてみよ…
  3. テニス 練習

    戦術

    テニスのラリーの組み立ての中で、「オープンスペースを作ったら、視野を広く」を考え…
  4. テニス サーブ

    戦術

    主力選手、そして特徴のある代打選手を用意しておこう
  5. テニス ボレー

    練習メニュー

    ボレーボレーの応用編、「両足固定」で何回続くかやってみよう!
PAGE TOP