テニス ボレー

ボレー

相手の速いボールが身体の正面に来たときは、「身体を反らせてノーテイクバック」で合わせれば返球できる

相手の打ったボールが速い、しかも自分の身体の正面に飛んで来た・・・。

ときに、アナタは慌てずに対応できますか?

ボレーせよストロークにせよ、この身体の正面はテニスのおいて返球が難しいボールの一つ。

しっかり意識して対応を考えておかないと、相手につけ込まれてしまいます。

時間も無い、余裕も無い中で出来ることは、シンプルイズベスト。

テニスにおいて、身体の正面にボールが来る機会は意外と多いです。

 

相手の速いボールが身体の正面に来たときは、「身体を反らせてノーテイクバック」で合わせれば返球できる

 


 

■基本の構えが出来ていれば、バックハンド側が反応しやすい

ボレーで特にそうですが、基本の構えはバックハンド側のラケット面が相手に向いている。

そのまま合わせることが出来れば、ほとんどラケットを動かさずに対応できます。

右利きの方であれば、少し右肩を前に出して右肘を上にあげるようにすると、正面のボレーもコントロールしやすい。

ストロークも同様に、バックハンドのスライスでさばけるようになると、守備力がグッと高まります。

 

■フォアハンドボレーで捕球する場合は、打点後ろでOK

もしフォアハンド側で取る場合には、まず打点は後ろでもOK、という意識で待ちましょう。

ボレーでは時間も無いので、ラケットを身体の後ろにセットして、ラケット面だけ合わせてボールを相手コートに戻す。

例外的に打点が後ろになっても、この方が時間が稼げますし、安定感は増します。

とにかく正面のボールは、自分が攻撃されていると思って、まずは守備的に・・・が第一です。

 

■身体を反らす、避けることが出来れば、正面対策は完璧!

身体の正面に来た時に、問題になるのはラケットから反応してしまうこと。

つい恐怖心も先立って、前にラケットを出して早く触ってしまいがちですよね。

ガマンして、ボールを呼び込む、引き付けるという意識を持ってみて下さい。

きっと慣れると、余裕も生まれてくるでしょう。

 

正面のボールは、まずしっかり、深くゆっくり相手に返す。

このプレーが出来れば、ボレーでもストロークでも合格点です。

そして出来るだけ、バックハンド側で対応できるようにしましょう。

その為には、普段の練習からバック側を多めに打つ意識でちょうど良い。

テニスはフォアハンドばかりになっていると・・・試合で良い反応が出来ません。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品
  2. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう
  3. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  4. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  5. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+

関連記事

  1. ボレー

    低いボレーは、軽く触って返せば良いと思う

    ボレーが苦手な人の、泣き所と言えばコレ。低い位置でのボレー、ロ…

  2. テニス ボレー
  3. テニス

    ボレー

    ボレーのときに身体が開く人は、胸から突っ込んでいるケースが多い

    女子ダブルスの試合だと、4人全員でボレー、のような形ありますよね。…

  4. テニス ドロップショット

    ボレー

    「ドロップボレーが上手く打てない・・・」人に効果的なテニスボールの軌道の作り方

    相手のストロークのショットを、華麗にドロップボレーで決める・・・。…

  5. ボレー

    ダブルスでポーチを決めたいなら、ジグザグフットワークでいこう!

    ダブルスの試合、なかなか前衛で活躍出来ないと感じている方へ。も…

  6. ボレー

    ボレーをふかし気味にアウトばかりしてしまう人は、「準備でラケットを上げる高さ」が足りない

    ボレーがどうしても、アウトしてしまうことが多い方は、準備に問題がある。…

特集記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    「サーブが入らなくて、負けた」という言い訳、何回目?
  2. テニス ダブルス

    サーブ

    ミックスダブルスを戦う女性の皆さん、大事なのはサーブを打った後です
  3. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの大会は、「個人戦こそ、団体戦である」と心得よう
  4. フットワーク

    「ギリギリボールを正確に」返球するために、テニスの試合で身に付けるフットワークと…
  5. ダブルス

    ダブルスの前衛で粋な計らい、それは「ペアのサーバーが打ちやすいコース」を空けてあ…
PAGE TOP