テニス ボレー

ボレー

相手の速いボールが身体の正面に来たときは、「身体を反らせてノーテイクバック」で合わせれば返球できる

相手の打ったボールが速い、しかも自分の身体の正面に飛んで来た・・・。

ときに、アナタは慌てずに対応できますか?

ボレーせよストロークにせよ、この身体の正面はテニスのおいて返球が難しいボールの一つ。

しっかり意識して対応を考えておかないと、相手につけ込まれてしまいます。

時間も無い、余裕も無い中で出来ることは、シンプルイズベスト。

テニスにおいて、身体の正面にボールが来る機会は意外と多いです。

 

相手の速いボールが身体の正面に来たときは、「身体を反らせてノーテイクバック」で合わせれば返球できる

 


 

■基本の構えが出来ていれば、バックハンド側が反応しやすい

ボレーで特にそうですが、基本の構えはバックハンド側のラケット面が相手に向いている。

そのまま合わせることが出来れば、ほとんどラケットを動かさずに対応できます。

右利きの方であれば、少し右肩を前に出して右肘を上にあげるようにすると、正面のボレーもコントロールしやすい。

ストロークも同様に、バックハンドのスライスでさばけるようになると、守備力がグッと高まります。

 

■フォアハンドボレーで捕球する場合は、打点後ろでOK

もしフォアハンド側で取る場合には、まず打点は後ろでもOK、という意識で待ちましょう。

ボレーでは時間も無いので、ラケットを身体の後ろにセットして、ラケット面だけ合わせてボールを相手コートに戻す。

例外的に打点が後ろになっても、この方が時間が稼げますし、安定感は増します。

とにかく正面のボールは、自分が攻撃されていると思って、まずは守備的に・・・が第一です。

 

■身体を反らす、避けることが出来れば、正面対策は完璧!

身体の正面に来た時に、問題になるのはラケットから反応してしまうこと。

つい恐怖心も先立って、前にラケットを出して早く触ってしまいがちですよね。

ガマンして、ボールを呼び込む、引き付けるという意識を持ってみて下さい。

きっと慣れると、余裕も生まれてくるでしょう。

 

正面のボールは、まずしっかり、深くゆっくり相手に返す。

このプレーが出来れば、ボレーでもストロークでも合格点です。

そして出来るだけ、バックハンド側で対応できるようにしましょう。

その為には、普段の練習からバック側を多めに打つ意識でちょうど良い。

テニスはフォアハンドばかりになっていると・・・試合で良い反応が出来ません。

ピックアップ記事

  1. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  2. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  3. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア
  4. 【ご報告】YOUTUBEチャンネル、公開しました!
  5. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ

関連記事

  1. ボレー

    低い打点でのボレーは、フラット気味でも良いと思う

    ローボレー、難しいですよね。何が難しいって、まず低い位置からボ…

  2. ボレー

    「ボレー、多方向へ打てるかい?」テニスの試合では、人のいないコースを狙おう!

    ラリー練習ってよくやるでしょ?ストロークラリーもよくやるし、ボ…

  3. テニス ストローク

    ボレー

    試合の中でフォアハンドボレーの決定力が無い、と感じている人が意識したい5つのポイント

    フォアハンドボレー、試合の中で打つときには絶対にポイントを取りたい。…

  4. テニス ボレー

    ボレー

    ハイボレーで抑えが効かない人は、「ラケット動作をアウトサイドイン」にすることで安定します!

    ボレーの基本はラケットと顔の距離を近くにすること。ですが、身体…

  5. テニス ストローク

    ボレー

    ボレーで身体が開く人は、ラケットを持たない手のひらを使おう!

    ボレーを打つときに、安定感に欠ける人は考えて欲しい問題。きっと…

  6. テニス ストローク

    ボレー

    ダブルスの試合に前衛で武器になる、「ポーチからのドロップボレー」は絶対に身に付けよう

    ポーチボレーで、前衛として攻撃していくのはダブルスの基本。特に…

特集記事

  1. テニス ラケット

    サーブ

    サーブ前にラケットでボールを打つ、ことがなぜ必要なのか?
  2. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    「肩を入れた構え」が出来れば、スマッシュは楽に逆クロスに打てる
  3. テニス ハードコート

    練習メニュー

    先輩の意見を聞くことは大事だけど、「同じ練習をやるだけでは、越えられない」という…
  4. ストローク

    「しっかり下がって打ちましょう」というアドバイスは、時代遅れ
  5. ダブルス

    破天荒な前衛、がミックスダブルスを変える
PAGE TOP