テニス スマッシュ

ボレー

ネットプレーにおいて、「ハイボレーはいつでもウォッチ!」が出来るように準備しておくと効率的です

ストロークから、またはサーブから前に出ると、「ボレーで決めてやるぞ!」と意気込んでしまう。

そうなるとつい、ハイボレーやチャンスが来ると気持ちが前に行き過ぎてしまいますよね。

ハイボレー、で安定感が無い人、ミスが多い人は、しっかり「アウトボールの見極め」が出来ていないケースが多い。

ネットプレーの基本を見直して、相手のショットから瞬時に判断して正確な「ウォッチ」が出来ることも、試合に勝つ上では大事です。

 

ネットプレーにおいて、「ハイボレーはいつでもウォッチ!」が出来るように準備しておくと効率的です

 

■ネットプレーの理想形は、相手からミスをもらうこと

再度確認しておきたいことがあります。

ネットプレーは華麗にボレーを決める、ことよりも相手からミスを誘うことの方が圧倒的に多い。

それは相手のパッシングショットがネットミス、であったりアウトするミスであったりする。

後者に関しては、アナタが触ってしまうとそれは「イン」の判定になってしまう。

だからこそ、ハイボレーでアウトのボールはしっかりラケットを「スッ」と降ろして触らないように注意したい。

この正確な「ウォッチ」が出来ることこそ、試合に勝てるネットプレーへ直結します。

 

■相手の球種を、よく頭に入れておく

相手の球種について、しっかり頭に入れておきましょう。

スピン系で回転量が多いなら、高い軌道からでも落ちてコートに収まる。

逆にフラット系なら、軌道が低くてもアウトになる可能性が高い。

アナタがネットに出たときに、相手はどんな球種で来るのか。

それを、テイクバックの時点で「察する」、そして「予測する」ことが大事です。

原則的に、パッシングショットはフラット系で打ってくる選手が多い。

だからこそ、高い軌道はアウトになりやすい、ことも意識しておきましょう。

慌てて全部のボールを触る、ことが無いように・・・。

 

■ダブルスの前衛でも応用が効く、このウォッチする力

ダブルスの前衛、リターンがストレートに来てアウトなのに触ってしまった・・・こと、ありませんか?

これも、経験を積むことでしっかりウォッチ、即ち触らないようにすることが出来ます。

相手が振り遅れていないか?深いサーブなら当然、差し込まれますよね。

そういうシチュエーションで、無理をしてくるようなメンタルの相手であれば、ハイボレーの打点に飛んでくるリターンはほぼアウト。

こんな感じで、頭の中を整理しておくと慌てずに身体が自然に反応してくれます。

 

テニスで試合経験が豊富な選手は、感覚で相手のアウトボールを察することが出来る。

まず相手の性格的に、無理をしてくる、リスクを冒してくるような相手であれば、ウォッチする回数が試合の中で絶対的に増える。

アナタ自身、ウォッチを正確に出来るようになりつつ、パッシングで無理する選手になってはいけません。

ボレーでは、まず相手に触らせること・・・が大事ですね。

良いお手本は、マレー選手。

決して1本では抜かない、そんなプレーぜひ参考にしてみて下さい。

ピックアップ記事

  1. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  2. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  3. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで
  4. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…
  5. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道

関連記事

  1. ボレー

    ファーストボレーの後に、相手のショットを読み切ろう

    ネットプレーの選手にとって、一番大事なこと。私は、この「予測力…

  2. テニス ストローク

    ボレー

    テニスにおいて、「ネットプレーでラケットヘッドが下がる」と、絶対良いプレーは出来ません

    ネットプレー、ボレーのときにはストローク以上に反応勝負。だから…

  3. テニス ボレー

    ボレー

    「ボレーで足が動かない・・・」人には理由がある!意識したいテニスのネットプレーの基本

    ボレーする時に「足をもっと動かせよ!!」と怒られている人いない…

  4. テニス 練習

    ボレー

    ダブルスの並行陣、「ファーストボレーは、深ければ良い・・・」だけだと、相手前衛に捕まりやすい

    サーブ&ボレー、シングルスよりもダブルスで使う機会が多いんじゃないでし…

  5. テニス ボレー

    ボレー

    自分がネットに出てボレーするときには、「相手のアウトを誘う」くらいの意識でちょうど良い

    実際の試合の中では、相手のミスで決まるポイントも多い。特に、こ…

  6. テニス ボレー

    ボレー

    ミドルボレーの安定感アップには、フォロースルーの高さと短さが必要

    自分の腰から胸の高さで打つ、ミドルボレー。簡単そうに見えて、意…

特集記事

  1. テニス リターン

    ボレー

    テニスにおいて、「ボレーの基本はラケットヘッドを立てる」だけだと、低いボールの処…
  2. テニス サーブ

    サーブ

    クイックサーブを練習して、試合のオプションとして使えるようにしておこう
  3. テニス 構え

    練習メニュー

    「最高のラリー練習方法って?」テニスの試合で使える練習法はシンプルイズベスト
  4. テニス メンタル

    ボレー

    片手バックハンドボレーでパンチ力が欲しいなら、「背中の肩甲骨を意識」すると自然に…
  5. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合で「相手が浅いボールを拾う時」、それはつないで来る可能性が大!
PAGE TOP