テニス スマッシュ

ボレー

ネットプレーにおいて、「ハイボレーはいつでもウォッチ!」が出来るように準備しておくと効率的です

ストロークから、またはサーブから前に出ると、「ボレーで決めてやるぞ!」と意気込んでしまう。

そうなるとつい、ハイボレーやチャンスが来ると気持ちが前に行き過ぎてしまいますよね。

ハイボレー、で安定感が無い人、ミスが多い人は、しっかり「アウトボールの見極め」が出来ていないケースが多い。

ネットプレーの基本を見直して、相手のショットから瞬時に判断して正確な「ウォッチ」が出来ることも、試合に勝つ上では大事です。

 

ネットプレーにおいて、「ハイボレーはいつでもウォッチ!」が出来るように準備しておくと効率的です

 

■ネットプレーの理想形は、相手からミスをもらうこと

再度確認しておきたいことがあります。

ネットプレーは華麗にボレーを決める、ことよりも相手からミスを誘うことの方が圧倒的に多い。

それは相手のパッシングショットがネットミス、であったりアウトするミスであったりする。

後者に関しては、アナタが触ってしまうとそれは「イン」の判定になってしまう。

だからこそ、ハイボレーでアウトのボールはしっかりラケットを「スッ」と降ろして触らないように注意したい。

この正確な「ウォッチ」が出来ることこそ、試合に勝てるネットプレーへ直結します。

 

■相手の球種を、よく頭に入れておく

相手の球種について、しっかり頭に入れておきましょう。

スピン系で回転量が多いなら、高い軌道からでも落ちてコートに収まる。

逆にフラット系なら、軌道が低くてもアウトになる可能性が高い。

アナタがネットに出たときに、相手はどんな球種で来るのか。

それを、テイクバックの時点で「察する」、そして「予測する」ことが大事です。

原則的に、パッシングショットはフラット系で打ってくる選手が多い。

だからこそ、高い軌道はアウトになりやすい、ことも意識しておきましょう。

慌てて全部のボールを触る、ことが無いように・・・。

 

■ダブルスの前衛でも応用が効く、このウォッチする力

ダブルスの前衛、リターンがストレートに来てアウトなのに触ってしまった・・・こと、ありませんか?

これも、経験を積むことでしっかりウォッチ、即ち触らないようにすることが出来ます。

相手が振り遅れていないか?深いサーブなら当然、差し込まれますよね。

そういうシチュエーションで、無理をしてくるようなメンタルの相手であれば、ハイボレーの打点に飛んでくるリターンはほぼアウト。

こんな感じで、頭の中を整理しておくと慌てずに身体が自然に反応してくれます。

 

テニスで試合経験が豊富な選手は、感覚で相手のアウトボールを察することが出来る。

まず相手の性格的に、無理をしてくる、リスクを冒してくるような相手であれば、ウォッチする回数が試合の中で絶対的に増える。

アナタ自身、ウォッチを正確に出来るようになりつつ、パッシングで無理する選手になってはいけません。

ボレーでは、まず相手に触らせること・・・が大事ですね。

良いお手本は、マレー選手。

決して1本では抜かない、そんなプレーぜひ参考にしてみて下さい。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合、急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  2. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的でオススメなテキスト5つ
  3. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  4. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  5. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず

関連記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    ネットプレーになると「呼吸を止めてしまう」人は、意外と多いので自分をチェックしてみましょう

    リラックスしてストロークは打てるのに、ボレーになると急に力が入る人は多…

  2. テニス ボレー

    ボレー

    全国のシコラーの皆さん、シコラーだからこそネット出ましょう!

    私は、最近常々感じていることがあります。ストロークが得意、ネッ…

  3. テニス ダブルス

    ボレー

    ダブルスでの前衛のポーチは、「2本で1セット」を基本に考えれば攻撃に厚みが出る

    ダブルスの前衛でのポーチ、皆さんは決定力・・・ありますか?私自…

  4. テニス メンタル

    ボレー

    試合中の「ネットプレーでのミス」を、相手は絶対引きずっている

    「あ、これは楽になるな・・・」と思うのは、こういう場面。皆さん…

  5. ボレー

    「ボレーで打つコースを隠す」ことができれば、ゆっくりしたボールでもポイントが獲れる

    テニスにおいて、ネットプレーでポイントが獲れない選手に共通しているのが…

  6. テニス メンタル

    ボレー

    テニスの前衛のポーチボレーと、「野球の盗塁」はすごく似ていると思う

    今の時期は、まさに高校野球の地区予選が大詰め。皆さんの高校、も…

特集記事

  1. テニス
  2. テニス フットワーク
  3. テニス
  4. テニス トレーニング
  5. テニス 防寒
  1. テニス リーダー

    戦術

    毎年団体戦3回戦止まりの学校なら、「シングルス3本+ダブルス2本」の団体戦の戦い…
  2. ストローク

    テニスの試合、「ストロークでフォアハンドのスライスは使わない・・・?」という発想…
  3. テニス サーブ

    サーブ

    「サーブの軌道のイメージを変えてみる」ことで、試合の中で厳しいコースを突けるよう…
  4. ダブルス

    ダブルスの前衛で粋な計らい、それは「ペアのサーバーが打ちやすいコース」を空けてあ…
  5. テニス フットワーク

    シングルス

    足が速い対戦相手には、アングルショットのような「走らせるショットを打った後」が要…
PAGE TOP