テニス サーブ

サーブ

サーブの伸びが足りないと感じている人・・・?

自分のサーブに伸びが無い人は、上方向へ力が伝わっていないケースが多い。

上から下へ抑え込む意識を変えるだけで、サーブは自然に伸びていきます。

男性でも女性でも、どんどん空に向かって自分を解放していきましょう。

 

サーブの伸びが足りないと感じている人は・・・?

 


 

1.良いサーブとは、上方向へ抜けていくサーブ

上から抑え込んだサーブ、が良いサーブだと未だに考えている方が多いようです。

身長250cmくらいあるならまだしも、上から抑え込んでもネットを超えないし超えてもフォルト。

しっかり回転をかける、伸びがあるサーブにしていく為には、上方向に抜けていくサーブに変えていかないといけないのです。

上方向に抜ける為には、目線を上に残す。

この意識を大事にするのに、キーワードは「空」です。

 

2.「空」を観て、自分から空に飛び込んでいく意識で打ってみよう!

しっかり膝を曲げて、伸び上がっていく。

この意識で大事なのは、キーワードは「空(そら)」。

空に向かって自分が飛んでいく位の意識で、実はサーブはちょうど良い。

「それだと、思いっきりオーバーフォルトするんじゃない・・・?」と思った方、やってみて下さい。

意外と良い回転が自然にかかって、良いフラット気味のスピンサーブになるはずです。

 

3.グリップも大事だけど、もっと大事なのは「厚い当たり」の意識

サーブにはグリップは大事。

薄いコンチネンタルグリップ、包丁を握るような持ち方が基本です。

ですがもっと大事なのは、「こする」のではなく「しっかりボールを厚い当たりで当てる」という意識。

ボールとラケットが接している表面積が多い、しっかり打っている感覚が伸びのあるサーブの大前提。

しっかり打つんだけど、意識は下ではなく上方向、でトライしてみて下さい。

きっと女性の方でも、サーブの伸びはアップするはずです。

 

入れるだけのサーブ、で通用するのはそこまでの試合。

しっかり当てて、しっかり打つ。

方が安定するし、結果的に良いサーブになって相手の脅威になるのがテニスです。

サーブの意識、根本から変えてみませんか?

空に向かって、力を解放していきましょう!

ピックアップ記事

  1. ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だっ…
  2. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  3. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう
  4. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  5. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ

関連記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    「スピンサーブをしっかり振り切って打つ!」為に必要なラケット動作とは?

    試合で緊張した場面で、ラケットをしっかり振り切ってサーブを打つ。…

  2. テニス サーブ

    サーブ

    困ったときに頼れるサーブのコース、ハッタリでも作っておこう

    サーブが苦手、サービスゲームが嫌い・・・。な人は、この発想でい…

  3. テニス メンタル

    サーブ

    セカンドサーブのポイント奪取率こそ、試合の結果を左右する

    以前に、セカンドサーブがお互いのレベルを測る一つの基準になる、という記…

  4. サーブ

    今のサーブは「センター?ワイド?」が中途半端な人は・・・?

    サーブのコースをしっかり打ち分ける。ことが出来る人は、意外と試…

  5. サーブ

    5-4でのサービスゲーム、は本当に難しい

    サービスゲーム、あと1ゲームで勝ち。サービングフォーザマッチ、…

  6. テニス サーブ

    サーブ

    ダブルフォルトが癖になっている、みなさんへ

    試合の中で、大事な場面でダブってしまう。これは、何度も私も経験…

特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス ストローク

    戦術

    本気で戦法をやってみれば、その弱点は見えてくる
  2. テニス 構え

    メンタル

    試合中にイラッとしたら、自分と会話しよう
  3. 戦術

    いつもアングル、という選択肢を持つ
  4. テニス 準備

    サーブ

    セカンドサーブ、上に振り抜けば大抵は入る
  5. テニス ミス

    メンタル

    試合中に声出しがうるさい人は、基本メンタルが弱いと思って良い
PAGE TOP