テニス ボレー

シングルス

シングルスのネットプレーは、「相手のミスを誘う」要素が求められる

シングルスの試合と、ダブルスの試合。

特に学生の皆さんの試合だと、決定的な違いは何でしょうか?

それは、「ネットプレーの回数」だと思います。

前衛がいるダブルスは別として、シングルスでネットプレーなんてほとんどしない・・・という人が、ほとんどでしょう。

でもこれって、やっぱりもったいない!んです。

 

シングルスのネットプレーは、「相手のミスを誘う」要素が求められる

 


 

■錦織選手の試合を観てみよう

去年あたりから、積極的にネットプレーを取り入れている錦織選手。

そのポイント取得パターンをよく観てみると、相手のミスを誘う、無理なパッシングショットを打たせる、ようなポイントも多い。

キレイに決めるボレーもありますが、どちらかと言えば少数。

ダブルスと異なり前衛がいる訳ではないので、ネットから離れた位置でのボレーも当然必要。

そう考えると、まずは前に出てプレッシャーをかける、ことでシングルスの試合もネットプレーの活用方法が見えてくる。

ましてや、アナタの相手はプロ選手でも無い。

積極的に使って活路を見出すのが、大事です。

 

■フェデラー選手のあの大技も・・・シングルスならではのネットプレー

超攻撃的なリターンからのネットダッシュ、SABRも、リターンの技術に目がいきがちですが、あれはネットプレー。

サーブを打った直後にパッシングショット!を求められるので、相手はたまったもんじゃない。

百戦錬磨のプロ選手たちも、とっさに打つのがいかに難しいか、相手が前にいることがいかにプレッシャーか、が分かると思います。

中途半端なパッシングショットを打たせる、のがシングルスのネットプレーの真骨頂、です。

後はロブのケア、だけですね。

 

■とにかくシングルスのネットプレーはロブ、への対応が肝!

ベテランの試合、年齢が上の試合程、とにかくロブが多い。

スマッシュにも決定力が無いので、まず触らせて相手を下げさせる、というプレーが多くなります。

でもこれって、やっぱり前に出て来る相手を嫌がっているということ。

スマッシュをしっかりコースに打てれば、しっかり相手を追い込める・・・のに、つい落としてつないだり、強引なミスが多くなる。

シングルスのネットプレーは、基本粘り。

そして当たり損ないでも入ればドロップボレー、という利点を活かせるかどうか、が大事です。

 

華麗なネットプレー、はダブルスでOK。

シングルスはもっと、泥臭くいきましょう。

プロ選手の試合でも、ノータッチでキレイなボレーなんて少ないはず。

まずは使ってみること。

特にリターンダッシュ、からがオススメです。

ピックアップ記事

  1. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?
  2. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  3. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道
  4. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと
  5. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします

関連記事

  1. テニス 攻撃

    シングルス

    テニスのシングルスの試合で「配球で相手を崩す」為に必要な、コート4分割の発想とは?

    テニスをはじめ、ネットを挟んで対戦するスポーツのほとんどは。「相手のい…

  2. シングルス

    「シングルスの戦い方」はテニスの試合ではシンプルに考えて実践!

    シングルスの時、どういう作戦でプレーする?相手によって変わって…

  3. テニス 予測

    シングルス

    シングルスの試合で、中途半端に角度を付けたアプローチショットは危険過ぎる件

    シングルスの試合、やってしまいがちなパターン。浅いボールをアプ…

  4. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスの試合では、「最後は楽しんだもん勝ち」な感覚も大事

    テニスの試合で負け続けて、精神的に滅入ってしまう。そんなとき、…

  5. テニス ストローク

    シングルス

    テニスのシングルスの試合で、「浅いボールのアプローチショットが難しい」人はボールの軌道を思い切り上げ…

    ストローク戦で押して浅いボールを相手から引き出して、「よし、チャンス!…

  6. テニス メンタル

特集記事

  1. テニス 気付き
  1. 戦術

    テニスにおける技術力って、再現力
  2. テニス 武器

    メンタル

    長期的な視野に立って、「欠点を武器に出来る積極性と工夫」が出来れば、アナタは強く…
  3. テニス ストローク

    リターン

    相手のサーブは1種類しかない、と思えばリターンは楽
  4. テニス ストローク

    ロブ

    テニスの試合で、「ロブで逃げる」という発想を卒業しよう
  5. テニス 部活

    日々の雑記

    テニスをしていて辛いことが無い、というのが一番辛い
PAGE TOP