テニス ガット

メンタル

ミスが怖い、という発想が一番怖い

試合の中で、怖いもの。

それは相手でも無いし、負けた後のコーチでも無いでしょう。

一番怖いのは、間違いなくこれ。

これが怖いから、みんな試合に出たくないし、メンタルがやられていく。

この怖さ、を知ったところからすべてが始まります。

 

ミスが怖い、という発想が一番怖い

 


 

1.恐怖心は、全てを壊していく

実際に、怖いです、試合でのミス。

試合では、得点か失点、しかないですからね。

だからこそ、しっかり打ってミスを減らしたい。

でも、そう考えて試合に入っても、気付けば恐怖心は全てを壊していく。

ちょっとしたミスが気になりだすと、試合ではどうしようも無いくらいに壊れていく。

まずはこれを知っておくこと、ですね。

ミスが怖いと感じた時点で、試合ではもう勝てない。

これをどう乗り越えていくか、です。

 

2.ミスをどう自分で処理するのか、を考えておくこと

ミスの無い人、なんていません。

どう試合で捉えるのか、考えるのか次第です。

ミスが怖いと感じる人に、私がアドバイス出来るとすれば・・・ミスって、やり方次第。

良い戦術を見せたようなミス、は相手の印象にも残るし自分の手応えにもなる。

何も考えないで、結論が出ないミス、が一番嫌じゃないですか。

ミスして失点しても、それで得たものが感じられるかどうか。

こう考えると、ミスが怖いという発想も無くなるはず。

それに、一番後悔するミスはこれですよね。

 

3.「やらなかったミス」が一番後悔する

例えばダブルスで、ポーチに出ると決めていたのに出れなかった。

サーブ&ボレー、怖気づいて前に出れなかった。

こういう、「出来なかったミス」は痛い、本当に痛いんです。

それを自覚しているから、怖くなる。

怖くなって、ミスしそうなこと、ちょっとしたチャレンジが出来なくなってしまうから、試合でも負けてしまう。

ミスが怖い人って、結局こういう失敗体験が重くのしかかっている人、なんですよね。

 

4.ミスを怖がっている人は、結局チャレンジしなくなる

試合を見ていても、ミスが少ない人っていますよ。

でも、そういう人が勝っているかというと、そうでも無い。

だって、チャレンジしていない訳ですから。

無難なこと、自分が出来ることしかしない、ような人多くないですか?

それよりは、多少ミスしてでも、恐れないで試合をリードしていく姿勢がある人の方が強い。

結局、テニス選手ってここで分かれていく気がします。

アナタ自身が、ミスが怖いという恐怖に勝てるかどうか。

それが選手として、大きな境目になるはずです。

 

メンタルが強い、弱いとか、そういう問題じゃない。

自分の中でどう整理出来ているかどうか、です。

恐怖心に打ち勝つには、自分で理屈を作るしかありません。

ミスが怖い、その恐怖心ほど怖いものはありませんから。

ピックアップ記事

  1. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…
  2. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう
  3. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー
  4. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  5. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!

関連記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    やたらと「自分のテニスの理想を語りたがる人」は、きっと試合に出ていない人

    自分の目指すもの、理想は果てしなく高くて良い。きっとそれ以上は…

  2. テニス メンタル

    メンタル

    強い選手が勝つのではなく、勝った選手が強い

    最初に口にした人は、諸説あると言われています。サッカーの名選手…

  3. メンタル

    「チャンスボールを打つときに、カッコつけてスカしている」選手は、大事なポイントで絶対に足元をすくわれ…

    チャンスボールを打ち込むとき、攻撃していくとき、アナタは自分がどう映っ…

  4. メンタル

    格上選手が負ける時は、力でねじ伏せることに固執した時

    テニスに限らずだと思いますが、スポーツの世界ってこれが怖い。格…

  5. テニス ボレー

    メンタル

    試合中に「良い時の自分」と、比べてはいけない

    試合の中で、なかなか調子が上がらない。そんなときに、つい「良い…

  6. テニス 練習

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. サーブ

    サーブのトスは上げるんじゃなくて、自然に「上がる」感じで
  2. ボレー

    低い打点でのボレーは、フラット気味でも良いと思う
  3. テニス メンタル

    その他

    「技術が伴わないないから実戦で使わない」では、アナタのテニスの試合はいつまでたっ…
  4. テニス ダブルス

    ストローク

    テニスの試合で「パッシングショットをしっかり打ち切る」為には、あえて相手のポジシ…
  5. テニス 試合

    戦術

    「負けたはずの試合」を勝ちに結び付ける、為の武器を君はテニスで持っているか?
PAGE TOP