メンタル

ミスの根本の原因は、相手に対する恐怖心にある

人は、何かに恐怖を抱く時、焦りが生じる。

これは、テニスでも私生活でも一緒でしょう。

「自分が危ないかもしれない」と感じたときに、心理的にもパニックになりやすいですよね。

試合の中で、ミスが多い時はこの心理状態に陥っていることが多い。

このことに気付くだけでも、違うと思いますよ。

 

ミスの根本の原因は、相手に対する恐怖心にある

 

1.相手に「打たれたくない!」と思った時点で、負け

どんなショットでも、そうだと思います。

例えばサーブ。

相手に、「良いリターン、打たれたくない・・・」という恐怖心があると、力が入ってサーブが上手くいかない。

ナイスリターンの後って、ダブルフォルトが多くなりがちじゃないですか。

恐怖心が根底にあるから、上手くいかないことって多いはず。

調子が悪いんじゃなくて、相手を怖がっている自分に気付くこと。

そうすれば、また調子も戻せると思いますよ。

 

2.相手を怖がる必要は、全く無い

特に強い相手程、こういう恐怖心は抱きやすい。

「先に攻撃しないと、自分がやられる・・・」と、必要以上に考えて先にミスしてしまう人、本当に多いと思います。

でも、気持ちも分かります。

実際に、甘いボールを打ったら仕留められる、粘ることも出来ないようなケースもあるでしょう。

でも、相手に打たせないようなテニス、なんて出来ないですからね。

ラリーを繰り返していく中で、試合を作っていく。

この意識は、どんなレベルの相手でも必要なことだと思います。

 

3.恐怖心は必ず、克服出来る

相手に打たれるのが怖い、と感じているなら、それはきっと克服出来ます。

アナタ自身に、安定した守備力があれば何も恐れる必要は無い。

普段の練習から、スライスやロブ、時間を使うショットをいかに打っているか、です。

気持ち良く打っているだけの練習なら、それが試合で打てなくなったときにはもう別人のようでしょう。

試合では、相手を恐れる可能性がある、そのことを意識して練習出来るかどうか。

これって、試合の現場で大きな差になっていくはずです。

 

4.逆に相手を「恐れさせる」為に、何が出来るだろう?

アナタ自身は、どうでしょうか?

相手に、自分を恐れてもらう。

その為に、何が出来るのか。

強力なサーブ?取れないような高速リターン?

それよりも、私は「丁寧な攻め」だと思いますよ。

ミスを少なく、しっかり意図が相手に伝わるような攻撃を丁寧に仕掛けていく。

これで、相手は充分に恐れを抱いてくれる。

アナタ自身、特に格下の相手と試合をする時ですかね。

いかに相手に恐れてもらうか、「普通にやったら、やられるな・・・」と思ってもらえるか。

これを第一に考えて、損は無いでしょう。

 

何かの歯車が狂いだすとき。

それは大抵が、人が恐怖に支配されるときです。

確かに、試合って怖いことの連続。

でも、負けても命取られるわけでは無いし、ボールは弾丸ではありません。

どこかで楽しむ気持ち、忘れないようにしていく位の気楽さも欲しい。

だって、テニスは突き詰めてもボールゲームですから。

ピックアップ記事

  1. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」
  2. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと
  3. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム
  4. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  5. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です

関連記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    試合を動かしているのは、「もう一人の自分」という意識を持てると全体を俯瞰して見れる

    気合いを入れて、試合に臨む。大事なポイントでは声も出すし、一生…

  2. テニス メンタル
  3. テニス メンタル

    メンタル

    独創的で自分勝手でも、「テニス選手としてなら生きていける」は大きな勘違い

    「将来プロ選手になりたいんです」「プロコーチとして、海外で活躍…

  4. テニス メンタル

    メンタル

    「思い悩んでる暇があったら動く」習慣がある人は、テニスの試合でも強い

    テニスに悩みは付き物。私自身、たくさんの悩みと向き合ってきまし…

  5. メンタル

    自分が何をしたいかよりも、「何を求められているか」について考えれば、まだまだテニスは強くなります

    皆さんは、「こういうテニスがしたい!」というイメージ、ありますか?…

  6. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合では、「失点か得点」の2種類しかないという事実をしっかり把握しないとダメ

    テニスの試合、そして練習。意識を高く持って継続出来る選手は、練…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス 格上相手
  2. テニス 知識
  1. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合では、「シンプルにバックハンド側に打って、前に出る」だけで勝てる…
  2. テニス ダブルス

    ボレー

    ダブルスでの前衛のポーチは、「2本で1セット」を基本に考えれば攻撃に厚みが出る
  3. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークのラリーの中で、「差し込まれたときには慌てずストレートか逆クロス」に展…
  4. テニス 練習

    リターン

    緩くて深いリターンは、シングルスの試合で効果的
  5. ダブルス

    ダブルスの試合で、「前衛のボールか後衛のボールか、分からない・・・」人はこうやっ…
PAGE TOP