テニス シングルス

メンタル

一番を目指さないと、二番にも三番にもなれない

試合に出て、勝ちたいと思うみなさん。

厳しいようですが、まずはこれをしっかり、目指しましょう。

今いる、スクールのクラスやクラブメンバー、チームメイト、自分が出る大会の市区町村。

とにかく、一番を目指すんだと。

この気持ち、私は絶対に必要だと思うんです。

 

一番を目指さないと、二番にも三番にもなれない

 

1.数字の持つ意味は、強い

スポーツに数字は付き物。

Numberというコア雑誌があるくらい、私はこれは避けて通れない話だと思っています。

テニスの大会に出て、一番を目指すのはもちろん、今いる仲間の中でまずは一番を目指す。

これって、結構勇気要る話じゃないですか。

実力が伴わないと、口に出すのも恥ずかしい。

楽しくやっていたテニスが、急に嫌いになるようなこともあるでしょう。

それが、当たり前。

スランプに陥ったりイップスになったりするのも、本気で勝ちたいと思うからこそ。

何も焦る必要は無い、と思いますよ。

 

2.同じことをやっていては、同じ結果しか出ない

テニスだけでなく、仕事や他のことでもそうでしょう。

周りと同じことをやっていて、違う結果を求めるのがおかしな話。

本当に凄い努力をしても、報われないことの方が多い。

でも、不思議なもので、努力している人には運も向いてくる、と私は思いますよ。

一番を目指して、一番になれない人もたくさんいます。

でも、目指さないと上には絶対にいけない、のがテニス。

この気持ち、意識は、技術以上に養うのが難しいのです。

 

3.人生は一度切りだし、失敗しても何も失わない

私たち、恐らく読者のほとんどの方は、「テニスでご飯を食べている」という方ではないでしょう。

でも、週に1回はテニスをして、月に1回くらいは試合に出て、勝ちたいと思っている。

当たらずとも遠からず、じゃないでしょうか。

こういう生活の中で、自分のテニスについて、何を恐れる必要がありますか?

とにかく必死に、一番を目指す。

週1回のテニス、はもちろん頑張るとして、毎日5分でも良いのでトレーニングをする。

自分なりに、人と違うことをやってみる。

T-PRESSを熟読する、というのも一つの選択肢ですが、もっともっと、アナタらしさがあって良い。

自分で考えて、自分で行動を興して継続していくこと。

これについて、いよいよしっかり考えてみる時期だと思いますよ。

あえて、リスクを冒す、自分から踏み出していく。

一番を目指して継続した努力は、いつか必ず大きな実を結ぶはずです。

 

4.一番を目指した二番、三番の価値は計り知れない

私は、こう思います。

「意味のある負け」があるとしたら、それは更に上を目指した人の負け、でしょう。

一番を目指して頑張っての二番、それはもう、本当に僅かな差でしかない。

だから悔しい、のも当然。

でも、一番を目指して得た二番、は紛れもなくアナタ自身で勝ち取った数字、ですから。

もしかしたら、そこで得た悔しさって、一番を取った選手以上に価値があるモノ、かも知れません。

 

テニスの戦いは、果てしなく続いていきます。

ですが、私たちの人生も、使える時間も、有限です。

だからこそ、しっかり考えて悔いの無いようにやり切りたいじゃないですか。

一番を目指す、それは恥ずかしいことでも何でもない。

ライバルは、いつだって逃げ出したくなる自分自身、ですから。

 

【読者のみなさんへのお願い】

お時間のある方は、コチラよりアンケートにご協力頂けると大変嬉しいです。

3分程度で終わる内容ですので、宜しくお願いします!

ピックアップ記事

  1. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  2. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
  3. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利
  4. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  5. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!

関連記事

  1. テニス 部活

    メンタル

    試合の流れが相手にいきかけた時には、「しっかり自分が得意な攻撃」からリズムを戻すことが大事

    試合の流れが動く中で、大事なのは相手の流れになったとき。自分ノ…

  2. メンタル

    「今日はテニスの調子が悪い・・・」と感じたら、試合中に実践したい修正方法について

    テニスは「調子」に左右されるスポーツだと言われています。プロテ…

  3. メンタル

    アナタの部活やサークル、「チームの中でしっかり、意見を言い合える環境」があるかどうか?

    日本は調和の社会。どこか今あるもの、今まで踏襲してきたものや継…

  4. テニス ラケット

    メンタル

    「ピンチの時こそ、アグレッシブに」を、試合の基本方針に

    メンタルを強くしたい、でも何をすれば良いか・・・。という方は、…

  5. テニス ミス

    メンタル

    「粘り続ける技術と体力」テニスの試合で格上との対戦で競る為には・・・?

    スポーツと言えば体力が重要になるんだけど、テニスって体力必要?…

  6. テニス グッズ

    メンタル

    相手がボールを打った瞬間、「やっぱりね」と思えるように

    ボールを打ち合う競技、それがテニス。もちろん、経験も大事です。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス ボレー

    ダブルス

    ダブルスの試合で勝ちたいなら、「リターンの前衛の選手」は大きな声でセルフジャッジ…
  2. テニス スライス

    ストローク

    ストロークのオープンスタンスとクローズドスタンス、打点の違いを理解出来てる?
  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの雁行陣、意外と味方の前衛が邪魔になるケースが多い
  4. テニス 並行陣

    ダブルス

    チェンジプレーのときに前衛に求められるのは、「クロスコートを担当する勇気」だけで…
  5. サーブ

    サーブ練習から、ダブルスのコートカバーをイメージしていこう
PAGE TOP