テニス ダブルス

ボレー

ポーチは「2本で1セット」で考えれば、攻撃に厚みが出る

ダブルスの前衛でのポーチ、皆さんは決定力・・・ありますか?

私自身、意識しているのはこのポイント。

自分のボレーに自信が無いという人も、2本で1つ、という意識だと楽になれる。

とにかくダブルスではどんどん、ポーチに出ていくことが大事です!

 

ポーチは「2本で1セット」で考えれば、攻撃に厚みが出る

 


 

1.2回触るつもりで、1回目でエースは狙わない

ポーチボレーは、つい決め急いでしまう。

自分が動いて予想通りのボールが来た!と思ったときには、つい力が入ってふかしたりネットしたり・・・多くないですか?

これって、発想がもったいない。

1球で決めなくても、大丈夫なのに。

1発打って、返球されたボールをまた自分がボレー出来ればそれで充分決まる可能性が高い。

それがダブルスにおける、試合向きな考え方です。

 

2.大事なのは、2球目を後衛に任せないこと

ほとんどのダブルスは、この2球目を前衛が触れない。

後衛に任せるということは、相手に「逃げ」を許すということ。

ここになぜ、皆さん無関心なのか・・・私は不思議です。

責任感が強い、試合に強い前衛は絶対に2球目も自分で触る。

なぜなら、その方がポイントが獲れる確率が高いから。

しっかりバランスよくポーチボレーを打ち終わっていれば、きっと2球連続で打つことは難しくないはずです。

 

3.バランスが崩れているから、2球目に対応出来ない

飛びついて打ち終わる、ようなポーチボレーだからバランスがおかしくなる。

相手が逃げられるのは、アナタ自身に打ち終わりの隙があるからなんです。

上手い前衛は、軽く1球目を打っている。

そして相手が触る、なんとか逃げようとしているときに、またススッと動いて触りにいく。

この連続性、こそ強いダブルスの肝になる部分。

頭の中は、2球で1セット。

攻撃的な前衛は、これでいきましょう!

 

前衛は攻撃の優先権を持っている。

特にサーブ側の前衛は、一番攻撃の特権が与えられている、と思って良い。

その特権、使い切らないと損ですよ。

損・・・というか、試合で負けてしまいますね。

ポーチを2球1セット、の意識で、絶対に逃がさないよう心掛けていきましょう!

ピックアップ記事

  1. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」
  2. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ
  3. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム
  4. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと
  5. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…

関連記事

  1. テニス ダブルス

    ボレー

    片脚が少しだけ浮いている状態、の方がボレーは打ちやすい

    体重を乗せた、重たいボレーを打つ為のコツ。みなさん、何を意識するこ…

  2. テニス ストローク

    ボレー

    「ドロップボレーはラケットを振らない?」いやいや、スライスをしっかりかけるから安定します

    ドロップボレーに対しての意識は、中級者と上級者では大きな違いがあること…

  3. テニス ボレー

    ボレー

    ボレーを一歩で動いて打つ人は、「ほとんどが腰が残ったボレー」になっちゃってる

    「細かいステップ!」と、コーチや先輩から声かけられている方、多いと思い…

  4. テニス 練習

    ボレー

    「ボレーを個人練習で磨きたい!」という方にお勧めのペアで出来る簡単練習5つ

    部活でテニスを頑張っている学生の方は、どうしても練習がストロークに偏り…

  5. テニス 準備

    ボレー

    オープンスタンスでのボレーの時に、しっかり「ドロップボレーの準備」も頭にイメージしておくこと

    自分がネットに出ていて、相手のパッシングショットが厳しいコースに飛んで…

  6. ボレー

    相手がスライスの構え、ならボレー側は突っ込み要注意

    ボレーに苦手意識がある人、こういう方が多いように思います。速い…

特集記事

  1. テニス ミス

    日々の雑記

    世界トップクラスの選手のコーチ、はもちろん凄いけれども
  2. ダブルス

    前衛のポジションが1メートル違うと、ここまで相手は苦しくなる
  3. サーブ

    「高~いトスアップ」を直すことで、アナタのテニスのサーブはもっと良くなる!
  4. テニス フットワーク

    シングルス

    相手を3歩以上走らせたときには、「ポジションを1メートル前」に上げておくこと
  5. テニス ストローク

    リターン

    「死んだようなサーブ」をリターンミスする人の特徴5つ
PAGE TOP