テニス メンタル

ボレー

試合で意外とよく使う「ハーフボレーの感覚が分からない・・・」人は試して欲しい4つのアイデア

ハーフボレー、しっかり返球できるとネットプレーに隙が無くなります。

テニスの試合では、ストロークとボレーの間のショット、つまりサービスライン付近でいかに安定感を出すかが、上のレベルで戦う上での大きなポイントに。

厳しいボールでも相手にチャンスを与えない、そんなハーフボレーのアイデアを探ってみましょう。

 

試合で意外とよく使う「ハーフボレーの感覚が分からない・・・」人は試して欲しい4つのアイデア

 


 

1.グリップは厚く、面を下に向ける

ボレーと聞くとどうしてもラケット面を上に向けてしまいがちですが、ハーフボレーは異なります。

まず浮かせない為に、面を下向きにする。

その際には、ストロークでトップスピンをかけるような厚いグリップだと、抑え込みやすいのでお勧めです。

 

2.上半身ではなく、下半身の大きなスタンスでボールを運ぶ

上体が低く無ければ、まずハーフボレーは上手くいきません。

目線をしっかり、最低でもネットの高さくらいまでは落としましょう。

広いスタンスを意識すれば、自然に低い態勢になれますので、練習からしっかり低く入れるような意識が大切です。

 

3.ネットのどの高さを狙うか、が重要

ハーフボレーはフラット気味の回転になるので、ネットの50cm程度がベスト。

これより高いとアウト、低いとネットのリスクがありますね。

ラケット面でどういう当たりをすれば、ボールが良い角度で飛ぶのか。

普段の練習から、このハーフボレーの軌道には神経質になって下さい。

顔を残して、しっかり腕で押し出してあげるイメージを持ってフォロースルーを行いましょう。

 

4.普段から「ライジングショット」を意識すると、自然にハーフボレーは上手くなる!

ハーフボレーも一種のストロークと考えれば、ライジングショットに近い。

ですのでストロークの練習時から、ハーフボレーに繋がるライジングショットを磨いておくと上達が圧倒的に速いです。

ベースライン近くでもこのハーフバウンドのストロークが打てると、面を少し上向きに作ることでロブも打てますし便利です。

ライジングの打点、早い準備とラケットの振り出しを常に意識しましょう。

 

ハーフボレーは、特にバックハンドが難しい。

先ほども書いたコツとしては、とにかく速く「振り出す」こと。

ボールがバウンドする前に、ラケットが前に加速していないと打球の勢いに負けてしまいます。

普段の練習から、ライジングショットを磨きつつ、ネットから少し離れて意図的にこのハーフボレーを練習しましょう。

きっと試合の大事なポイントで、その力を発揮するときが来るはずです!

 

 

ピックアップ記事

  1. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  2. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
  3. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  4. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  5. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…

関連記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    V字型の動きが出来れば、ネットプレーは劇的に上手くなる

    ネットプレーが苦手な人。この機会に、フットワークから変えていき…

  2. テニス 打点

    ボレー

    テニスの試合では「ボールを打っていないときの動き」でネットプレーのレベルが決まる!

    「試合に強いか弱いか」は、ボールを打っていないときの動きで決まる。…

  3. テニス スマッシュ

    ボレー

    ネットプレーで、「どんなに打ち込まれても壁のように返し続ける!」ことができれば、相手は勝手に崩れてく…

    ネットプレーでは、様々なシチュエーションでのボレーの技術が求められます…

  4. テニス ボレー

    ボレー

    ネットプレーが上手そうな相手でも、「球速が遅いスライス」が打てれば泳がせてミスを誘える

    遅いボールは打ちやすい?きっとテニスをやっている人は、この答え…

  5. テニス ボレー

    ボレー

    「楽ちんボレーは、構えで決まる」プロテニス選手の肘の形を注意して見ると・・・?

    俺の中でボレーというのは特別である。テニスを始めた高校生の頃、…

  6. ボレー

    低い態勢でポーチに出る、だけで生み出せる5つのメリット

    最近大活躍の、マクラクラン勉選手。まだ私自身、何度かテレビで観ただ…

特集記事

  1. その他

    テニスの練習が嫌いな人、試合が嫌いな人
  2. ストローク

    ダブルスの試合で、ボールが浮かないようにするには?
  3. テニス 序盤

    戦術

    テニスの調子が良い、悪いの差が激しい人は、ココを変えていくしかない
  4. テニス 準備

    練習メニュー

    「ノーバウンド限定」のボレー対ストロークの練習は、ロブを混ぜながらハードにやって…
  5. テニス メンタル

    メンタル

    テニスで悔しさを覚えない選手を、強くすることは出来ない
PAGE TOP