テニス アップ

その他

試合前のウォーミングアップで反応を鍛えるには、「後出しジャンケン」が最高にオススメです

試合前のウォーミングアップ、皆さんはどんな感じで行ってますか?

ランニングや軽いキャッチボール、でも会場によってはボールを使うこと出来ない場合もありますよね。

草トー会場でしたら、車に当たるかも知れませんし、迷惑になるから禁止されている。

であれば・・・簡単に出来て試合に即効性がある、そしてリラックスも出来るようなアップ方法、何か無いものでしょうか・・・?

私は、「後出しジャンケン」を最高にオススメします。

「えっ?ジャンケンでウォーミングアップ?」と思った方、まぁやってみて下さいよ。

 

試合前のウォーミングアップで反応を鍛えるには、「後出しジャンケン」が最高にオススメです

 


 

■意図的な「後出しジャンケン」を高スピードでやってみる

後出しジャンケン、簡単ですよね。

相手とジャンケンをする中で、後出しで自分が勝つようにグー、チョキ、パーのどれかを出す。

それだけですが、これをスピードアップしてやるのは結構難しい。

どんどん速くすれば、結構の反射神経が問われます。

結構ハードで、何度もやっているうちに息も上がるし頭も疲れる。

これって、テニスの反応に求められるものに似ているんです。

 

■場の雰囲気も盛り上がるし、チームでも楽しめる!

どうしても試合前は、緊張感が高まる。

そして、ペアでも会話が少なくなったりしますよね。

そんなときに、後出しジャンケンのウォーミングアップが出来ると、リラックス出来て試合にもスムーズに入れる。

時間があれば、色々な仲間とやってみましょう。

お互いに交代しながら、後出し側をチェンジしながらやってみると良いでしょう。

 

■慣れてきたら、両手でやってみると尚効果的です

片手で慣れて物足りなくなってきたら、両手でやってみましょう。

両手は・・・結構難しいですよ。

テニスは両手を使って、頭からの反応を身体に伝えるスポーツ。

特に試合の序盤に、エンジン全開で入っていくには身体と同じくらい反応速度を高めておく必要がありますね。

序盤に拮抗したポイントを獲り切るには、ウォーミングアップから工夫していくことが一番です。

 

後出しジャンケン、以外にもきっと良いウォーミングアップはあります。

ぜひ、アナタのチームやペアで工夫してみて下さい。

「人から教えてもらったもの」よりも、自分で工夫して作った仕組みの方が面白い。

もちろん、ストレッチや通常のアップも忘れずに。

オリジナリティー、テニスの上達には不可欠です。

ぜひ、この機会に試合前の過ごし方、考えてみて下さいね。

ピックアップ記事

  1. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー
  2. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に
  3. 【応募受付完了しました】佐藤プロ&土居コーチ 無料レッスン 9/1(火) 15~…
  4. 読者ミーティング用にプロジェクターを買ったら、コスパ最高だった
  5. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊

関連記事

  1. テニス 準備

    その他

    コートに慌ててギリギリに入るとき、アナタはもう負けている

    大会のディレクターをしていたときに、こんな傾向を感じました。試…

  2. テニス 準備

    その他

    テニスの試合で、「試合で相手へ渡すボールは、必ずワンバウンドしっかりコントロールさせる」ことが大事な…

    テニスの試合で、相手にボールを渡すとき、アナタはどんなことを意識してい…

  3. テニス メンタル

    その他

    良い意味で「対戦相手を認める」ことが出来れば、試合はもっと楽に戦える

    ネットを挟んだ相手は、倒すべき相手。もちろん、倒す為には対戦相…

  4. テニス 練習

    その他

    「2015年 インターハイ テニス で見た新たな潮流」高校テニス界は変わり始めた!

    今年のテニス、インターハイ会場の団体戦に、見慣れた強豪校の名前は少なか…

  5. テニス メンタル

    その他

    テニス選手としての洞察力を養うには、「日頃から相手の立場で考える」癖を付けるのが一番効果的

    試合の中で相手を観察し、洞察して試合の勝ちにつなげる。その為に…

  6. テニス 雪

    その他

    テニスにおいて、「自分はこういうプレースタイル」と決めつけてしまうのは、本当に怖いことです

    アナタは自分のプレースタイル、どう思っていますか?どう思うか・…

特集記事

  1. テニス サーブ

    リターン

    威力が無い羽子板サーブは、ドロップショット扱いでリターンすれば楽に攻撃出来る!
  2. テニス メンタル

    ロブ

    テニススクールでは教えてくれない、スマッシュをロブで返球する為の技術5つ
  3. テニス シングルス

    フットワーク

    サイドステップよりも早い!「クロスオーバーステップ」を!
  4. テニス ロブ

    ストローク

    「女性の方、必見」テニスの試合で、男性相手の回転系ボールの返し方5つ
  5. ボレー

    ダブルスの試合で、誘うことは出来ても決められる前衛は少ない
PAGE TOP