テニス ボレー

ボレー

バックハンドボレーが浮いてしまうのは、「打つ方向を見ながら打っている」から

バックハンドのボレー、皆さん精度はどうでしょう?

もちろん、力が入り辛いポイントですし、片手、両手問わず苦手にしている人は多いと思います。

だからこそ、意識して欲しいのはこのポイント。

苦手意識を持っている限り、それは行動になって出るからいつまで経っても安定しない。

勇気を持って、打つ方向を見ないという選択はアナタにとって重要なターニングポイントになるでしょう。

少なくとも、私にとってはそう、でした。

 

バックハンドボレーが浮いてしまうのは、「打つ方向を見ながら打っている」から

 

1.高校2年生のときに開眼したのはこのきっかけ

私も、高校2年生までボレーは苦手でした。

でも、このきっかけを掴んでからが、ボレーが大好き、になりました・・・今思い出しても、凄かったです。

当時は、ボレーで「ボールではなく、打つ方向を見る」ことが正しいと思ってました。

正確に言えば、打つ方向を見ないと「ボレーはコントロール出来ない」とさえ、思ってました。

でも、実際は違う。

ボールを打つ打点、をしっかり見て、打つ方向は見ないに限る。

これに気付いて、実行していくには勇気が要る。

だって、不安じゃないですか、打った方向を見ながら打たないと・・・でも、それだと、コントロール出来ないで浮いてしまう。

押さえが効いたボレー、って打てないんですよ。

 

2.打点に集中すれば、コントロールも良くなる

これは発見でした。

ボールに当てるラケットの角度、発射角度、だけにしっかり集中する。

試合でも、一緒です。

相手を見ないで打つ、ことって実際はかなり緊張します。

でも、相手を見ながら手元を見るのは・・・難しいですよね。

打点に集中して、打った後のボールのことはまず、気にしない。

これを練習から徹底してみてください。

すると、ボレーで大事なある癖、が自然に身に付いていく。

その癖、が付けばボレーは浮かない。

バックハンドボレーでも、押さえが効いた良いボレー、を打てるようになるんです。

 

3.横向きで抑えるボレーこそ、試合で使えるボレー

試合で使えるボレーは、相手を追い込めるボレー。

皆さん、軌道のイメージはしっかり持ててますか?

程よいスライス回転がかかって、打点からボールが浮かない、スーッと滑るようなボレー、を安定させたいですよね。

特にバックハンドは力が入りにくいので、弾かれて浮いてしまいがち。

横向きで抑える癖、が身に付けば自然とボールは抑えることが出来ます。

正面向きだと、いつまでも浮いたボレーばかりでしょう。

この癖を身に付ける為に、勇気を持って目線をボールに、打点に残すこと。

ぜひ、練習からトライしてみて下さい。

 

4.「良いボール」を打てば、何も心配いらない

どうしても相手が気になる人は、この発想でいきましょう。

まず、自分が良いボールを打つ。

そのことに、しっかり集中する。

もちろん、相手の動きを見たり、自分の構え直しは大事ですよ。

でも、打ったボールがネットやアウト、相手のチャンスボールになっていては試合で勝てない。

良いボール、を打つにはしっかりボールを見ること。

特に、バックハンドボレーのように、自分が力が入り辛い、苦手意識のあるショットなら尚更です。

良いボールを、丁寧に打つこと。

ココに集中すれば、自然とミスも減るはずです。

 

テニスは、手元の動作が非常に繊細。

目線でしっかり残してあげないと、良いタッチは生まれないと思って下さい。

余裕があるとき、でもしっかりボールを見る。

相手の厳しい攻撃、速いボールのときは、より目線を残してみる。

この動作だけで、バックハンドボレーは見違えると思いますよ!

ピックアップ記事

  1. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  2. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」
  3. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  4. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  5. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず

関連記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    サイドスライスのボレーが打てるから、ネットプレーには安定感が出る

    ボレーの基本、ある程度身に付けてきたらぜひ「逆クロス方向へのショット」…

  2. ボレー

    テニスの試合で効果的なボレーは、「山なりで深い、遅い」が大前提です

    ボレーのイメージが間違っていると、試合で大事なポイントでミスになる。…

  3. テニス リターン

    ボレー

    逆クロス方向へのボレーは、「打点が前」だと打ち辛い

    ボレーはとにかく、打点を前に!これは、正しいようで、少し誤解の…

  4. ボレー

    フラット気味のストロークを打つ選手には、ネットプレーが効く

    対戦相手の選手が、フラット気味のストロークを打って来る。こうい…

  5. テニス ボレー

    ボレー

    テニスの試合でのボレー戦の中では、「ドライブボレーを混ぜる勇気」が必要なときもある

    ボレーは丁寧につなぐことが第一。それでも、4人でネットについて…

  6. ボレー

    ダブルスの試合で、「バックボレーだからポーチに出れない」という前衛発想は、もったいなさ過ぎる

    ダブルスの試合で、大事な場面。それはアドバンテージサイドでのポ…

特集記事

  1. テニス 戦術

    ダブルス

    ダブルスにおいて前衛は、「攻撃の優先権がある」ことをまず認識しましょう
  2. テニス メンタル

    戦術

    いつでもどこでも、「反撃コース」を想定しておこう
  3. テニス フットワーク

    メンタル

    「テニスで周りに認められたい」と思えば、まず自分から自分のテニスを認めてあげよう…
  4. テニス ボレー

    ストローク

    強く跳ね上がるサーブ、ストロークは、どうすれば上手く返せるだろう?
  5. 戦術

    オムニコートとクレーコート、作戦を変えるべき?
PAGE TOP