テニス サイト

ボレー

先入観を無くせば、バックハンドボレーの攻撃力は絶対にまだまだアップ出来る!

バックハンドボレーが、どうしてもつなぐだけになってしまう。

試合の中で狙われて、ミスして益々落ち込んで・・・となるには、アナタ自身の先入観が影響している。

「バックハンドボレーは、攻撃出来ない」と、どこか決めつけていませんか?

この発想を変えるには、先入観を取っ払って武器に変えていく意識、がまず大事です。

 

先入観を無くせば、バックハンドボレーの攻撃力は絶対にまだまだアップ出来る!

 


 

■ドライブボレーを、積極的に取り入れよう!

結論から入りますが、どんどんドライブボレー、取り入れていきましょう。

女性で両手バックハンドボレーの方は、特に大事です。

胸の高さのボール、はしっかり攻撃していきたい。

男性の方でも、片手バックハンドボレーとの併用もお勧めです。

私自身、普段は片手バックハンドボレーですが、両手でドライブボレーも打ちます。

このドライブボレーがあることで、相手は安易な「バックボレー狙い」が出来なくなるのです。

 

■いつでも「仕掛けていく気持ち」が無いと、ドライブボレーは難しい

ボレーのグリップで待ちながら、「ここだ!」という場面でストロークのグリップに変えてドライブボレー。

これは、常にしっかりチャンスを伺う、獲物を待つような嗅覚が無いと難しい。

アナタ自身、とっさの判断で攻撃的なバックハンドのドライブボレーを打てるように、練習から混ぜていきたい。

安定感が無さそう?

そんなことはありません。

ゆっくりした山なりなボールを、ミドルのバックハンドボレーで打つのも難しいと思いませんか?

だったらしっかり、ドライブボレーも打っていきたい。

つないでは相手に攻撃されますからね。

 

■ドライブボレーは、しっかりアウトすることから始めよう

ドライブボレーは、しっかりとスピンをかけたい。

ですのでまずは、しっかり上方向に振り吹いてアウトするところから始めましょう。

ボールの打点に対して、しっかり下から入ってみて下さい。

試合でも、序盤でチャンス、のときにはアウトしても良いと思います。

相手に、「積極的だな・・・ドライブボレーもあるのか・・・」と、思わせれば成功、です。

 

「パワーがある学生だから、ドライブボレーが打てるんでしょ?」と思った方は、違います。

年配の方でも、しっかりリラックスして打点を前に取れれば肘への負担も少ない。

むしろドライブボレーが打てる、ベテランの選手なんて一風変わっていて面白くないですか?

その一つのショットで、相手は必要以上にプレッシャーを感じてくれるかも知れません。

先入観、は得てしてテニスの成長を阻害します。

このことだけは、覚えておいて下さい。

ピックアップ記事

  1. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です
  2. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  3. 【プロトレーナーに聞いてみた!】痙攣対策とアミノ酸について
  4. 雨が多い時期の試合は、防水スプレーは必須アイテム
  5. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊

関連記事

  1. ボレー

    ネットに詰めてアングルボレーは、ボールを横からビンタする感じ

    プロ選手のダブルスの試合、みなさんは動画で見る機会はありますか?…

  2. ボレー

    バックボレーで前に踏み込む、ことが出来れば試合でも勝てる

    ボレーの上達に悩んでいる方の、ほとんどがこれを克服できていません。…

  3. ボレー

    速いボールのボレーは、フォロースルー無しでOK

    速いボールを、ボレーする。この時に、いかにリラックスして対応出…

  4. テニス ストローク

    ボレー

    試合で使えるドロップボレーは「腕の形を作ってしまって下半身で滑り込む」を実践すると打ちやすい!

    今回は、ドロップボレーを打つ際のコツ、アイデアを一つご紹介。腕…

  5. ボレー

    なぜ、アナタのネットプレーはポイントを取れないのか?

    「T-PRESSで読んで、頑張ってボレーに出るようになりました!でも・…

  6. テニス メンタル

    ボレー

    テニスの試合で、「ダブルスのサーブ&ボレーの実力」は、2ndボレーの精度で分かる

    ダブルスの試合では、シングルスの試合よりもサーブ&ボレーがやりやすい。…

特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス サーブ

    リターン

    左利きの鋭く曲がるサーブは、とにかく「前」で触ることに集中しよう
  2. 戦術

    必ずこの相手に、どこかで上回れる
  3. テニス ボレー

    ボレー

    ハイボレーを深くスライスでつなげるようになると、ダブルスの試合で勝てる
  4. リターン

    テニスの試合に勝てる選手は身に付けている、「逆クロス方向へのリターン」はなぜ必要…
  5. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークラリーの中で前に踏み込むタイミング、はどこを意識すれば良いのか?
PAGE TOP