テニス ガット

ボレー

バックハンドボレーがいつも「ガシャ!」な人は、どうすれば良い?

「バキッ!」

「ガシャ!」

今日もどこかで、バックハンドボレーをミスする音が、日本中から聞こえてきます。

何度かテーマで書いてきましたが、バックボレーを難しくしているのは誰あろう、アナタ自身、です。

ボレーの基本に立ち戻ると、意外と簡単に解決出来るかも知れませんよ。

 

バックハンドボレーがいつも「ガシャ!」な人は、どうすれば良い?

 


 

■ボレーの基本は、先に「打点でのラケット面を作る」こと

皆さんはボレーのとき、ラケットを動かし過ぎかも知れません。

上手い人は、まず最初にラケット面から作る。

「フォアボレーだ!」と思ったら、打点の高さも想定しながら「こんな感じでボールに当てる」というラケット面を先に作ってしまう。

そしてラケット面を作ったまま、後は足を踏み込んだり時間が無ければ、そのまま当てるだけ。

ボールに上手く当たらない人は、最後までラケット面が定まっていない、無理やり調整しようとしているのです。

ただでさえ時間が無いのに、即決で当たる面のイメージを決められない人が多い。

これは、大問題です。

 

■ラケット面と作ったら、打点にセットしてしまおう!

私が意識しておいるのは、ボレーは一度打点に「セット」してしまうこと。

それだと、ボールが飛ばないような・・・と思った方、実はセットしてから、少しだけラケットを上に上げてまた打点に戻す。

つまり、ボレーってゴールから逆算している、んです。

極端な表現かも知れませんが、実際上手い人のボレーを観てみましょう。

打点に一度セットして、そこからまた同じ打点にラケットを戻す人が多い。

これだと後ろに引かない、シンプルで安定感のあるボレーが打てるのです。

 

■「打点に戻す」形だから、ミスが減るしガシャりも少なくなる

「ガシャ!」となるのは、打点がおかしいから。

もっと言えば、打点のラケット面がおかしくなっているのが原因です。

それを直すには、ラケット面の打点を先に決めてセット、そして戻すだけ、にしてみるのは最高の対策です。

「位置を戻す」だけなので、ダーツを投げる前みたいな感じ。

リリースポイントにセットして、引いて、投げるじゃないですか。

この感覚、実にボレーに似ていると私は思います。

 

他スポーツにも、意外とテニスのヒントは多い。

この「ダーツ感覚」で私はボレーが上達しましたし、緊張した場面でも安定して打てる。

練習から試してみて、皆さんも損は無いと思います!

もちろん、バックボレーだけでなくフォアボレー、にも応用可能ですよ。

ピックアップ記事

  1. 【ご報告】YOUTUBEチャンネル、公開しました!
  2. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道
  3. 【プロトレーナーに聞いてみた!】痙攣対策とアミノ酸について
  4. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  5. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問

関連記事

  1. ボレー

    相手が態勢を崩したら、前衛は動くのがダブルスの基本

    ダブルスの試合で、なかなかポイントが取れない方はこの基本を再度確認して…

  2. ボレー

    スライスやフラットの重たいストロークは、バウンドさせないのが一番

    強い相手になってくると、ストロークも本当に重く、深い。バウンド…

  3. テニス ボレー

    ボレー

    右利きのフォアハンドボレー、左半身から反応させて前に

    フォアハンドボレーを、コントロールボレーに。これは、みなさんの…

  4. ボレー

    ダブルスの試合で、「バックボレーだからポーチに出れない」という前衛発想は、もったいなさ過ぎる

    ダブルスの試合で、大事な場面。それはアドバンテージサイドでのポ…

  5. ボレー

    テニスの試合で「直線的なロブボレー」を使えると、ダブルスの戦術の幅はグッと拡がります

    テニスの試合、特に若い選手の試合では「ロブ」をあまり見る機会が少ない。…

  6. テニス ボレー

特集記事

  1. 練習メニュー

    素振りとは、実は振る練習ではない
  2. テニス ストローク

    ストローク

    「チャンスで後はストロークで決めるだけ‥」な場面でミスしない為に、大事なのは回転…
  3. テニス メンタル

    メンタル

    勝つ為、ではなく自分を磨く為
  4. テニス ルール

    練習メニュー

    1日5分間で良いから、「テニスについて真っさらな頭で考える」時間を作ろう
  5. テニス ストローク

    メンタル

    テニスの実力差というものは、「テニスコート上の現場」で変化し続ける
PAGE TOP