テニス ガット

ボレー

バックハンドボレーがいつも「ガシャ!」な人は、どうすれば良い?

「バキッ!」

「ガシャ!」

今日もどこかで、バックハンドボレーをミスする音が、日本中から聞こえてきます。

何度かテーマで書いてきましたが、バックボレーを難しくしているのは誰あろう、アナタ自身、です。

ボレーの基本に立ち戻ると、意外と簡単に解決出来るかも知れませんよ。

 

バックハンドボレーがいつも「ガシャ!」な人は、どうすれば良い?

 


 

■ボレーの基本は、先に「打点でのラケット面を作る」こと

皆さんはボレーのとき、ラケットを動かし過ぎかも知れません。

上手い人は、まず最初にラケット面から作る。

「フォアボレーだ!」と思ったら、打点の高さも想定しながら「こんな感じでボールに当てる」というラケット面を先に作ってしまう。

そしてラケット面を作ったまま、後は足を踏み込んだり時間が無ければ、そのまま当てるだけ。

ボールに上手く当たらない人は、最後までラケット面が定まっていない、無理やり調整しようとしているのです。

ただでさえ時間が無いのに、即決で当たる面のイメージを決められない人が多い。

これは、大問題です。

 

■ラケット面と作ったら、打点にセットしてしまおう!

私が意識しておいるのは、ボレーは一度打点に「セット」してしまうこと。

それだと、ボールが飛ばないような・・・と思った方、実はセットしてから、少しだけラケットを上に上げてまた打点に戻す。

つまり、ボレーってゴールから逆算している、んです。

極端な表現かも知れませんが、実際上手い人のボレーを観てみましょう。

打点に一度セットして、そこからまた同じ打点にラケットを戻す人が多い。

これだと後ろに引かない、シンプルで安定感のあるボレーが打てるのです。

 

■「打点に戻す」形だから、ミスが減るしガシャりも少なくなる

「ガシャ!」となるのは、打点がおかしいから。

もっと言えば、打点のラケット面がおかしくなっているのが原因です。

それを直すには、ラケット面の打点を先に決めてセット、そして戻すだけ、にしてみるのは最高の対策です。

「位置を戻す」だけなので、ダーツを投げる前みたいな感じ。

リリースポイントにセットして、引いて、投げるじゃないですか。

この感覚、実にボレーに似ていると私は思います。

 

他スポーツにも、意外とテニスのヒントは多い。

この「ダーツ感覚」で私はボレーが上達しましたし、緊張した場面でも安定して打てる。

練習から試してみて、皆さんも損は無いと思います!

もちろん、バックボレーだけでなくフォアボレー、にも応用可能ですよ。

ピックアップ記事

  1. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう
  2. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  3. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  4. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  5. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を

関連記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    テニス初心者でも理解しておきたい、「グリップを握る強さ」について

    勘の良い人は、気付いているこの件。グリップを握る強さ、皆さんは…

  2. テニス ダブルス

    ボレー

    ボレーのコントロールは、「ボールを捉える前のラケット面作り」が9割

    ボレーのコントロールがなかなか上手くいかない人は、自分で難しくしている…

  3. テニス ボレー

    ボレー

    自分がネットに出てボレーするときには、「相手のアウトを誘う」のが基本

    実際の試合の中では、相手のミスで決まるポイントも多い。特に、こ…

  4. テニス フットワーク

    ボレー

    ダブルスの試合で、「ポーチに出たのにローボレーになってしまう」のは大問題です!

    テニスのダブルスの試合で、ポーチが成功できるかどうか。それはネ…

  5. ボレー

    「コンパクトボレー」テニスの試合で必要な連動性について

    ボレーで要求されるものはなんだろう。色々あるよね。コン…

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    テニスの試合の中で「ダブルスの前衛がポーチに出たとき」の後衛の動き、実は曖昧にな…
  2. テニス ボレー

    ボレー

    試合で使える「バックボレーの抑え」を効かせる5つのコツ
  3. テニス ストローク

    ストローク

    何度でも声を大にして言いたい、試合に勝ちたければ、「ライジングでストロークを!」…
  4. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    「上でコンパクトに打ち終わるスマッシュ」を身に付けて、次への準備を早くするとネッ…
  5. テニス 練習

    メンタル

    嫌いな練習ほど、真剣にやって早く終わらせてみたら?
PAGE TOP