テニス ステップ

リターン

テニス選手なら身に付けたい、「リターンのときのスプリットステップのタイミング」とは?

ストロークは得意なんだけど、リターンが苦手という人は多い。

一番最初のリターンが入らないと、どんなに素晴らしいストロークを持っていてもそれを使う前にポイントが終わってしまう。

苦手意識が強い人が多いこのリターンですが、何か改善策は・・・と考えると、一番に有効なのはスプリットステップを見直すこと。

何となくで実践しているうちは、まだまだテニス選手として甘い。

しっかり有効な一歩目を踏み出せるように、自分でどんどん変えていきましょう!

テニス選手なら身に付けたい、「リターンのときのスプリットステップのタイミング」とは?

 


 

■スプリットステップは「着地」のタイミングが大事

スプリットステップ、皆さんはどんなポイントを意識していますか?

「相手が打つ瞬間にジャンプ、でしょ?」という感覚を持っている方がいれば、少し危険です。

間違ってはいないと思いますが、大事なのは飛ぶタイミングではなく、着地するタイミング。

この着地を合せていくことこそ、リターンでは特に大事になります。

 

■相手のサーブのトスの高さに合わせる

どんな相手に対しても、同じステップを踏んでいては試合で勝てません。

相手のトスの高さ、クイックサーブを打って来ればそれに対応しないといけません。

着地のタイミングが、相手がサーブを打つ、まさにそのラケットとボールが当たる瞬間とピッタリ合う。

このトレーニングは、普段の練習からしっかり意識すると鍛えられます。

0.1秒の差で、サーブとリターンではかなり大きな差になってしまうことを、再認識しましょう。

 

■厳しいサーブを打ってくる相手に対しては、少しだけ早めに着地する

これは私の裏技ですので、全ての皆さんにとって良いアドバイスかは分かりません。

ビッグサーバーが相手になると、少し早く着地したほうが反応がしやすい。

間違っても、相手が打つ瞬間に地面から足が浮いているようでは、返球が難しくなるのでNGです。

着地しながら、相手のラケット面を見て少し予測も入れる。

そうすることで、良いサーブに対しても良い反応、がリターンで出来るようになるでしょう。

 

着地のタイミングを磨けば、まだまだステップでテニスは上達できます。

漠然と、ただ何となくスプリットステップ、出来た気分になってはいませんか?

神経を使ってより良いものにしていくと、反応速度は確実に変わります。

反応速度が変われば、1メートルくらい先のボールはいくらでも届くようになる。

ぜひ、意識を高くステップを踏むようにしてみて下さい。

ピックアップ記事

  1. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  2. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…
  3. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  4. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  5. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…

関連記事

  1. テニス ミス

    リターン

    テニスの試合で、「リターンのネットミスはもったいない!」すぐに改善できる4つの方法

    テニスの試合、流れが変わりやすい場面ってどんなときでしょうか?…

  2. リターン

    フォルトも打ち返す、そんな気概でリターンを

    相手のサーブが、微妙なところに入る。インと言えばイン・・・の…

  3. テニス サーブ

    リターン

    テニスのシングルスの試合序盤は、「セカンドサーブをリターンからチャージ!」して先制パンチを!

    シングルスの試合は、序盤で流れを大きく引き寄せたい。そんなとき…

  4. リターン

    ベテランプレイヤーに多い、アンダースピンサーブを侮ってはいけない

    もし学生や20代のみなさん、の読者の方がいたら、将来的にはこれと戦うと…

  5. テニス ボレー

    リターン

    「ダブルスの試合で、相手のセカンドサーブ」だったら・・・?

    ダブルスの試合で、相手のセカンドサーブをリターンする場面。もし…

  6. テニス リターン

    リターン

    ポイントを50-50でスタートする、ことをリターンの合格点に

    相手のサーブが強力で、なかなかリターンからの展開がイメージ出来ない。…

特集記事

  1. テニス メンタル

    ストローク

    「苦手ショットに陥る人たち」を改善する為の、有効な打点と対策法
  2. メンタル

    テニスの試合の後半が不安なのは、「アナタ自身が試合を創り上げていく気持ち」が無い…
  3. ダブルス

    前衛が動ける雁行陣は、やっぱり試合でも強い
  4. テニス メンタル

    メンタル

    調子が悪い時に、自分を追い込んでませんか?
  5. テニス メンタル

    練習メニュー

    試合中に怒る人、練習中に怒る人
PAGE TOP