テニス 練習

練習メニュー

普段の練習で「尻取りショートラリー」をやってみよう!テニスの試合で視野が広がります

目次

今回は、普段の練習で簡単にできて、しかもテニスコート以外でも小さいスペースがあれば出来る練習を紹介します。

一風変わったこの練習、テニスに必要な視野の広さと「考えながら動き続ける」という要素を鍛えることができ、学生の方にもお勧めです!

みんなでワイワイ、楽しみながらやりましょう。

普段の練習で「尻取りショートラリー」をやってみよう!テニスの試合で視野が広がります

 


 

■やり方は簡単!「尻取り」をしならがショートラリーをするだけ

いつものショートラリーを、相手と尻取りをしながら行います。

自分が打つ時に答えを言って、相手が打って自分のところにボールが来るまでに考えて、打つ時にまた答える。

これが以外と時間が無くて、難しいです。

たくさんの語尾を想定しないといけませんし、スピードも自分でコントロールしないといけません。

答えに悩んだら、時間を確保する為に少し下がって打点を遅らせたりすることも必要ですね。

あまりスピードは上げずに、徐々に慣らしていきましょう。

 

■テニスの試合では、一回一回のショットに全力?

試合でアナタのショットは、毎回全力で打ち込んでいますか?

もちろん集中力は全力ですが、筋力を全開に毎回使っていては、身体が持ちません。

この集中力を高くキープするには、テニス独特の「考えながら、走り、打ち続ける」という要素が大事になってきます。

相手を観察し、頭をフル回転しながら、ショットはしなやかに。

尻取りをしながらショートラリーをしっかり打てるようになると、実際の試合ではすごく楽に感じれるはずです。

 

■テニスでは、打ちながら◯◯も出来る、という余裕が大切

尻取り以外でも、頭を使えれば良いと思います。

後ろの人と会話したり、暗算の問題なんかも良いですね。

とにかくテニスでは、ショットを打ちながら「冷静に周りを見る余裕」が必要です。

初中級者の方、試合で勝てない方は、この余裕が無くて自分のテニスでいっぱいいっぱい。

卒業する為には、余裕を創り出す練習の工夫が必要です。

 

■慣れるとボレーボレーもできるようになります

ショートラリーに余裕が出てきたら、ボレーボレーにもトライしてみましょう!

これは高度な練習です。

相手が「何を言ってくるか」を先読みしないと、もはや尻取りになりません。

でもこれって、試合でとても必要なことだと思いませんか?

相手が何の言葉を選んで、自分を攻撃してくるか・・・。

試合ではボレーボレー戦ですら、細かい心理戦が行われているのです。

 

とにかく、本当におすすめの練習です!

「尻取り」一つ入れることで、最初はアナタのフォームも崩れてしまうでしょう。

頭を使いながら、身体は勝手に反応してくれるようなトレーニングには時間がかかります。

これがしっかりできるようになると、テニスはすごく楽しくなり試合でも勝てるようになる。

部活の中でもぜひ一度、取り入れてみて下さい。

ピックアップ記事

  1. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ
  2. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  3. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  4. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  5. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ

関連記事

  1. テニス 構え

    練習メニュー

    「最高のラリー練習方法って?」テニスの試合で使える練習法はシンプルイズベスト

    効果的な練習方法ってないですか?よくそういう質問を受けるんだけ…

  2. テニス フットワーク

    練習メニュー

    「ネットプレイヤーに対して、ロブボレーを仕掛けていく」ために必要な感覚を養う練習メニュー

    今回は、久々に練習メニューの紹介を。意外と試合で使えると有効な…

  3. テニス トレーニング

    練習メニュー

    「1日5分でテニスの試合に強くなる!」自宅でできる簡単トレーニング5つ

    テニスの練習は、オンコートだけとは限りません。特に学生の皆さ…

  4. 練習メニュー

    自分が変わることで、仲間も変わっていく

    明後日にて、T-PRESSでは「練習」をテーマにしたセミナーを開催し…

  5. テニス 部活
  6. テニス テニススクール

    練習メニュー

    テニス部のキャプテンが「試合を想定して練習しよう!」と言っても、想定する試合は人それぞれという事実

    「試合を想定して、みんな練習しよう!」という声、たくさんのテニスコート…

特集記事

  1. テニス ストローク

    リターン

    踏み込んだ攻撃的なリターンを打ちたければ、「オープンスタンスでコンパクトなフォー…
  2. テニス 部活

    その他

    明日、大一番の試合があるなら、「今まで自分に関わってきた全ての人の為に」戦い抜こ…
  3. 練習メニュー

    「これを試合で打てるのか?」の疑問は、アナタにしか持てない
  4. 戦術

    相手のレベルに関係なく、攻めて勝とう
  5. テニス スマッシュ

    ボレー

    「上半身から反応するボレー」だと、軽いスライスしかかけられない・・・変えるには、…
PAGE TOP