テニス 練習

練習メニュー

「テニス部の練習メニューは、慣れてきたら意味が無い」常に変化を楽しめるチームが、強くなっていく

普段の練習、しっかり「疲れる内容」になっていますか?

それは、運動量をベースにした疲労ではありません。

精神的に、プレッシャーをしっかり練習の中で感じながらプレーできているかどうか、が大事なポイント。

なぜならそれこそ、実際のテニスの試合中で求められる要素なのですから。

 

「テニス部の練習メニューは、慣れてきたら意味が無い」常に変化を楽しめるチームが、強くなっていく

 


 

1.皆が「慣れた練習メニュー」、それはウォーミングアップと変わりません

練習は慣れてしまったら、何も意味が有りません。

正確に言うと、反復練習で身体を慣れさせる意味では必要ですが、それは試合とかけ離れたシチュエーションであるという認識が大事。

人は、同じ動作をしていれば嫌でも慣れてしまいます。

ましてやそれを同じメンバーで実施していれば、慣れるなという方が無理な話

新鮮で緊張感のある試合に近い練習を継続するには、高い意識と新しいアイデアが重要になってきます。

 

2.試合は非日常の世界、さて練習は・・・?

試合に出ている方は、試合も慣れたものかも知れませんが、実際は非日常の中での戦い。

この戦いの雰囲気、アナタの部活やチームの練習の中にありますか?

強豪校のテニス部は、レギュラー争いも熾烈なので常に練習から競い合う姿勢がすごい。

だから体力的にはさほどきつくない練習でも、精神的に、メンタル的にとても疲弊してしまう。

これこそ、大事な試合で勝ち抜くうえで重要な「練習」なのです。

 

3.テニスの試合に勝ちたければ、部活の中での先入観を無くしていこう!

毎日の部活や練習、その中で「自然とこうなっているモノ」たくさんありませんか?

ショートラリーから始まり、ラリー練習、球出し、ポイント練習、最後に試合を少しと、待っている選手でトレーニング・・・。

この型は非常に大事ですが、定期的に思い切った変更やチャレンジが重要です。

そのアイデアは、主将や先生任せにするのではなく、自分たちで主体的に考えて実践してみるようにしましょう。

 

もし中学や高校で部活としてテニスを頑張っている皆さんであれば、他種目にヒントがたくさんあるかも知れません。

対人競技、ボールスポーツに限らず、ぜひ練習を見学し合うなどして情報交換をしてみてはどうでしょうか?

かの有名な「野球部のマネージャーがドラッガーを・・・」の話の中でも、他種目から学んだ練習が野球部を強くしていくストーリーです。

さぁ、どんどん外の世界に目を向けて、自分たちの練習を変化させていきましょう。

ピックアップ記事

  1. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう
  2. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」
  3. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…
  4. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  5. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう

関連記事

  1. テニス ボレー

    練習メニュー

    「速い攻撃」を習慣付ける試合形式の練習メニューとは?

    今年も始まりましたね、ウィンブルドン。この大会の特徴は、何と言…

  2. テニス 練習

    練習メニュー

    テニスでも型を覚えた人から、型破りなテニスに進化出来る

    独特なフォーム、戦術で、試合を勝っていける人。みなさんの周りに…

  3. テニス ストローク

    練習メニュー

    テニスのショットコントロールを改善できる秘密兵器、「ねらってーぷ」を試してみたら・・・?

    ストロークのコントロールを高めたい、と考えている人は多い。よく…

  4. テニス 夜

    練習メニュー

    「闇錬だけで、テニスを上達させて優勝しよう」と思っている人は、ちょっと考え方を改めないと

    よく、「闇練好き」という言葉を聞きます。テニスに限らずですが、…

  5. テニス ボレー

    練習メニュー

    2対2のボレーボレー、4アップの陣形から前衛が動いていく為の練習メニュー

    ダブルスの試合、レベルが上がってくると4人全員がネットに出る、4アップ…

  6. テニス ダブルス

    練習メニュー

    「ネットプレーのレベルを一段上げる」テニスに必要な肩を入れたボレーの練習メニュー

    ストローク以上に、打つコースを隠すことが重要なのがボレー。シン…

特集記事

  1. テニス 客観視

    スマッシュ

    「チャンスと思っても難しい!」テニスでネット際でのグランドスマッシュを打ち切る技…
  2. テニス メンタル

    スマッシュ

    「アウトだと思ったら、入ってた…」を無くしたい!テニスのスマッシュ力を鍛える大胆…
  3. テニス ストローク

    ダブルス

    ダブルスの試合は、「俺がやらないと!」と気負ってしまった時点で厳しくなる
  4. テニス メンタル

    シングルス

    テニスのシングルスの試合で、「ただひたすら、後ろで粘るだけの相手」に負けたくなけ…
  5. テニス 雑誌

    練習メニュー

    失敗の質こそ、その人の未来
PAGE TOP