テニス 練習

練習メニュー

「テニス部の練習メニューは、慣れてきたら意味が無い」常に変化を楽しめるチームが、強くなっていく

普段の練習、しっかり「疲れる内容」になっていますか?

それは、運動量をベースにした疲労ではありません。

精神的に、プレッシャーをしっかり練習の中で感じながらプレーできているかどうか、が大事なポイント。

なぜならそれこそ、実際のテニスの試合中で求められる要素なのですから。

 

「テニス部の練習メニューは、慣れてきたら意味が無い」常に変化を楽しめるチームが、強くなっていく

 


 

1.皆が「慣れた練習メニュー」、それはウォーミングアップと変わりません

練習は慣れてしまったら、何も意味が有りません。

正確に言うと、反復練習で身体を慣れさせる意味では必要ですが、それは試合とかけ離れたシチュエーションであるという認識が大事。

人は、同じ動作をしていれば嫌でも慣れてしまいます。

ましてやそれを同じメンバーで実施していれば、慣れるなという方が無理な話

新鮮で緊張感のある試合に近い練習を継続するには、高い意識と新しいアイデアが重要になってきます。

 

2.試合は非日常の世界、さて練習は・・・?

試合に出ている方は、試合も慣れたものかも知れませんが、実際は非日常の中での戦い。

この戦いの雰囲気、アナタの部活やチームの練習の中にありますか?

強豪校のテニス部は、レギュラー争いも熾烈なので常に練習から競い合う姿勢がすごい。

だから体力的にはさほどきつくない練習でも、精神的に、メンタル的にとても疲弊してしまう。

これこそ、大事な試合で勝ち抜くうえで重要な「練習」なのです。

 

3.テニスの試合に勝ちたければ、部活の中での先入観を無くしていこう!

毎日の部活や練習、その中で「自然とこうなっているモノ」たくさんありませんか?

ショートラリーから始まり、ラリー練習、球出し、ポイント練習、最後に試合を少しと、待っている選手でトレーニング・・・。

この型は非常に大事ですが、定期的に思い切った変更やチャレンジが重要です。

そのアイデアは、主将や先生任せにするのではなく、自分たちで主体的に考えて実践してみるようにしましょう。

 

もし中学や高校で部活としてテニスを頑張っている皆さんであれば、他種目にヒントがたくさんあるかも知れません。

対人競技、ボールスポーツに限らず、ぜひ練習を見学し合うなどして情報交換をしてみてはどうでしょうか?

かの有名な「野球部のマネージャーがドラッガーを・・・」の話の中でも、他種目から学んだ練習が野球部を強くしていくストーリーです。

さぁ、どんどん外の世界に目を向けて、自分たちの練習を変化させていきましょう。

ピックアップ記事

  1. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない
  2. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー
  3. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  4. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  5. 【満員御礼】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン企画 開催します

関連記事

  1. テニス 夜

    練習メニュー

    難しいことは簡単に、簡単なことは難しく感じるようになっていく

    テニスって難しい。20年やってても、上手くいかないことばかり。…

  2. テニス 攻撃

    練習メニュー

    サービスからのクロス&ストレートコース限定のシングルス練習メニュー

    サーブから相手を崩していく、というイメージがシングルスには大事。…

  3. テニス 戦術

    練習メニュー

    上手くなるとは、再現性を高めること

    自分はテニスが上達しているのか、どうか。これを計る基準、みなさ…

  4. テニス メンタル

    練習メニュー

    厳しい練習とは、「通常の試合より相手が優位な状態」からスタートする練習

    練習は、厳しく。でも、実際にどういう目的、感覚で練習すれば試合…

  5. テニス ダブルス

    練習メニュー

    両手バックハンドストロークを安定させるのに、効果的な「変則ショートラリー」練習とは?

    バックハンドストローク、両手で打っている方はもっとパワーが欲しい。…

  6. テニス メンタル

    練習メニュー

    アドバイスで変われる人、変われない人の違い

    コーチや周りの人から、アドバイスをもらう機会。きっと、みなさん…

特集記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    「自分が対戦相手より格上か、格下か?」を測るには、セカンドサーブが良い基準になる…
  2. テニス ストローク

    メンタル

    自分でコントロール出来ない要素に言い訳、テニス選手の成長を阻害していく
  3. テニス メンタル

    戦術

    今対戦している相手は、「また次に対戦するかもしれない」からこそ、完膚なきまで叩い…
  4. ボレー

    ネットプレーでのラケットセットの位置は、「ネットから近くでは上、離れれば少し低め…
  5. サーブ

    ポイントを先行されたら、「とにかくファーストサーブを入れる」だけで、絶対に挽回の…
PAGE TOP