テニス ダブルス

ダブルス

ダブルスに強い人は、弱っている後衛を前で助けることが出来る

ダブルスの試合、カッコイイ前衛とはこういうこと。

味方の後衛、に任せないで自分から苦しい場面に飛び込んでいける。

後衛を助けて、相手を苦しめることが出来る。

チャンスで出る?

何度でも良いますが、それだけでは勝てないのがダブルスです。

 

ダブルスに強い人は、弱っている後衛を前で助けることが出来る

 


 

1.後衛が狙われているなら、前衛が動かないと

みなさんも、試合で経験があるはずです。

味方の後衛が、ストロークで押されている。

でも、自分は動けない。

相手はストロークが凄いし、いつでもストレートに打たれそうで・・・怖い・・・。

気持ちは分かります。

でも、前衛であるアナタが動かないと、ポイントはどうなりますか?

結局後衛同士のラリーで負けて、相手の前衛にも動かれて、失点を重ねてしまう。

だったら、発想を変えていかないと厳しいですよね。

 

2.狙われているなら、後衛にボールは集まる

相手からすると、もう後衛を押し込んでいけば良いと思っている。

クロスラリー、で絶対に負けないという自信があるんでしょうね。

そうなると、もうアナタ自身が動くしかない。

後衛が苦しんでいるなら、自分の側にはボールは来ない。

クロスのボールを触りにいく、ラリーに参加していく、ことの決断が求められるでしょう。

こうやって助けにいく、動ける前衛、意外と少ないんですよ。

後衛を見殺しにしてはいけない、どんどん参加してく、それも苦しいときに。

こうやって試合を、パートナーを引っ張っていく、そんな前衛にみなさんもなって欲しいんです。

 

3.これで勇気づけられた後衛は、蘇る!

私がもし後衛だったら、こう思いますよ。

「ありがとう!よし、俺も負けないように頑張ろう!」と。

プレーでパートナーを引っ張る、メッセージを送るって素敵ですよね。

苦しいときに助けてもらった恩は、試合中に行動で返さないと、と奮起してくれるはず。

勝てるダブルスペアって、こうやって信頼関係を築いていく。

後衛を助ける、狙われている見方を救うプレーって、ダブルスで絶対に必要なんです。

 

4.相手の心理に立ってみる、のが何より基本

そもそも、相手の立場に立てば当然のポーチ、だと思います。

相手からすると、「こっちを攻めておけば、楽だな」と思っている訳ですから。

それに気付けるかどうか、試合の現場で冷静に判断出来るかどうか。

もちろん、助けに行って失敗する、失点することもあるでしょう。

でも、ここでも相手の立場に立ってみましょう。

「狙う相手が増えたな・・・厄介だな・・・」と、思うはず。

楽に試合をさせている、ことに気付かないとずっと勝てない、それがテニスのダブルスですから。

 

相手も、ポイントを取れる確率が高いパターンを探している。

そんなに無理はしたくない、出来ればずっと、同じパターンでポイントを重ねたいと思っているはずです。

そうさせない、絶対に流れを変えるんだという気概が大事、です。

前衛は、先にボールに触れる特権を持っている。

その特権、アナタは活かせてますか?

ピックアップ記事

  1. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  2. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  3. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  4. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  5. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…

関連記事

  1. ダブルス

    ダブルスの試合、「ペアがコートの外へ追い出された」ときに必要な守備的なポジショニングとは?

    ペアで連携した守備ができるようになると、ダブルスは強くなるし面白い。…

  2. テニス メンタル

    ダブルス

    ペアで実力差があるときは、逆に活かす道を

    ダブルスペア、自分たちのペアに差がある・・・。自分が上、下、色…

  3. ダブルス

    パートナーがダブってばっかり、その時前衛にいるなら…?

    「もう…何だよ!」と、心の中で怒っているだけ?ですか?こうい…

  4. テニス ボレー

    ダブルス

    雁行陣でロブが抜けたときには・・・前衛にビッグチャンスが舞い込んで来る

    ダブルスの試合で、学生の皆さんは雁行陣で戦うケースが多いと思います。…

  5. ダブルス

    ミックスで女性に打てない男子、覚悟が足りない

    読者のみなさんからのお悩み相談で、多いのがコレ。男性の方から、…

  6. テニス ダブルス

    ダブルス

    ミックスダブルスの試合で女性狙い、安易に考えないこと

    一般の試合では、ミックスダブルスの試合も多い。ベテランからシニ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス メンタル

    ダブルス

    「ローボレーがどうしても苦手・・・」な人は、ダブルスでは変則陣形で挑むのも有り!…
  2. テニス サイト

    メンタル

    リードすること、勝利することを恐れてはいけない
  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    サーブに力が無くてもキープに導く、前衛の心得5つ
  4. テニス メンタル

    メンタル

    0-6で負けた試合を、「相手が悪かった」で終わらせるから、アナタのテニスは何も進…
  5. 練習メニュー

    練習で上手くなる、という発想は危険
PAGE TOP