テニス ダブルス

ダブルス

並行陣でサーブ&ボレー、早めにファーストボレーをストレートに流しておこう

ダブルスの並行陣、レベルに限らず意識して欲しいこと。

実は、並行陣って「足元に沈められると苦しい」陣形でもあるんですよね。

サーブ&ボレー、真面目な人ほど陥りやすい落とし穴がある。

上級者、以外の皆さんにもお伝えしたいテーマです。

 

並行陣でサーブ&ボレー、早めにファーストボレーをストレートに流しておこう

 

1.クロスに真面目にファーストボレー・・・って、危ない!

私が相手側、リターン側の前衛ならまず飛び込んでいく。

ファーストボレーほど、ポーチの餌食になりやすいショットは無いでしょう。

足元に沈んだら、どんどんネットに詰める。

今や、サーブ側よりもリターン側が優位に立って沈める、なんて当然のようにどのレベルでも有り得ますからね。

だからこそ、クロス方向に真面目にファーストボレーって、危険。

そう、試合慣れしている相手に対しては危険、なんです。

 

2.早めにストレートに流す、のはテニスの試合での鉄則です

私は、リターンでも同じ、ことを書いてきました。

試合の序盤、早い段階でストレートにリターンを打とう、と。

これはサーブ&ボレーでも同じです。

早めにファーストボレー、ストレートに打って相手の前衛に触らせる。

この一球が、最後まで効くんですよ。

相手は、「自分の方に来るかも・・・」と思ってクロスのラリーに参加できなくなる。

色々とボールを散らして来る、ような選手は警戒するじゃないですか。

そういう選手に、早めに変身してしまうのが一番でしょう。

 

3.ストレートに流すコツは・・・「決めておくこと」に尽きる

そう、私は技術は関係無いと思います。

サーブを打つ前、から自分でストレートへ展開すると心に決めておく。

パートナーにも、「ファーストボレー、ストレートに流すから」と伝えておく。

これが一番大事だし、シンプルで効果的なコツです。

相手の前衛を見て流す、なんてしゃれたことはやらなくて良い。

むしろシンプルに、相手にばれても良いからストレートに展開する。

これだけで、アナタは立派な試合巧者です。

 

上手い選手って、こういう決断がはっきりしてるんですよね。

相手が嫌なことも知っている。

皆さん、試合を思い出してみて下さい。

これって・・・ダブルスの試合でやられて嫌なこと、じゃないですか?

ピックアップ記事

  1. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
  2. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  3. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう
  4. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  5. KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」を…

関連記事

  1. テニス ボレー

    ダブルス

    後衛が攻撃するタイミングで、前衛は守備の意識を捨てていこう

    ダブルスの試合、後衛の攻撃に前衛が応える。これが、一番良い形、…

  2. テニス ストローク

    ダブルス

    「なぜアナタの前衛のプレーが、サービスキープに繋がらないのか」テニスのダブルスで必要な、リターナーに…

    どうして、自分のパートナーはなかなかサービスをキープできないんだろう。…

  3. テニス ダブルス
  4. テニス ボレー

    ダブルス

    味方のペアをカバーする、という概念がアナタを弱くする

    ダブルスの試合、アナタ自身「頑張り所」を間違えてはいけない。い…

  5. テニス メンタル

    ダブルス

    ダブルスの試合で前衛にいるとき、「次、ストレートに来る!」というタイミングが読めたら・・・?

    ダブルスの試合で、雁行陣のクロスラリーからストレートへの展開。…

  6. テニス ダブルス

    ダブルス

    テニスのダブルス中級者から身につけたい、「前衛がサーバーに出すサイン」の基本を覚えよう

    ダブルスの試合で、よく前衛がサーバーにサインを出しているケース、ありま…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス メンタル

    メンタル

    テニス界にも多い、「タラレバ男、タラレバ女」にアナタはなっていませんか?
  2. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    テニスの試合で「厳しいロブをスマッシュで打ち込む」為には、ボールから目線を切るこ…
  3. リターン

    確実にクロスに返球する、リターンに必要な身体の向きについて
  4. ストローク

    シングルスの試合で基本となる、サーブからのバックハンド狙いの展開
  5. テニス ストローク

    ボレー

    シングルの試合で、「ダウンザライン方向への展開から、ネットに出る」と、カバー範囲…
PAGE TOP