テニス ボレー

ボレー

スライスボレーを流してストレートに打ちたいなら、ラケットヘッドを下げて良い

スライスボレーをしっかり打ちたい・・・けど、実戦だとどうでしょう。

いかにも、という構えから打つよりも、「ストレートに、さらっと流す」ようなショット、多くないですか?

特に並行陣の後衛で、相手前衛が気になるときに、スッとコースを変えるボレー、打ちたいですよね。

今回は簡単なコツ、改めてお伝えします!

 

スライスボレーを流してストレートに打ちたいなら、ラケットヘッドを下げて良い

 

「ラケットヘッドを立てる」という基本は、ちょっと古い!

ボレーの基本、確かに合ってます。

ですがラケットヘッド、ラケットの先を上向きにして打てるのって・・・腰、くらいまでの高さじゃないですか?

それより低い位置でのボレー、もちろん低い態勢を作るのが基本ですが、厳しいときもあるじゃないですか。

すごく速いボールを打たれたりすると、低い態勢なんて作る時間も無い。

だからこそ、こういう発想が大事です。

ラケットヘッドを下げてしまって、スライスを打つ。

コツは横からラケットを入れること、思い切ってボールの横を捕らえること、です。

 

打点は身体の近く、で良い!

足元、厳しいボールをストレートに流していくイメージ。

これは、打点が身体に近くて良い、ということ。

身体に近い位置で触ってあげた方が、上手くコントロール出来るはず。

ギリギリまで引き付けて、相手が動いてきたのを見てストレートに流す。

この感覚、普段の練習から意識してみて下さい。

きっと楽に、ボールをコントロール出来るはずですよ。

 

テニスの技術、「当たり前」を疑ってみよう

こういうボレー、きっとテニススクールでやると怒られる。

ミスしたらなおさら、ですね。

でも、良いんです。

基本からは逸脱しているけど、試合で実戦的に使える技術、ですから。

もちろんしっかり低い態勢を作れるときには、しっかりラケットヘッドを立てた方が安定する、時もある。

まずはオプションとして、この打ち方磨いてみて下さい。

ラケットの先を落として、横回転。

横回転のスライスが良い感じにかかれば、バッチリです!

 

「難しそうに見えて、打ってみれば簡単」なショットも、テニスではあります。

これも、その類のものだと思いますよ。

並行陣、これが打てないと相手前衛にガンガンファーストボレー、をポーチされる。

ぜひ、上級者へのステップとして磨いてみて下さいね。

ピックアップ記事

  1. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
  2. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  3. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  4. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」
  5. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!

関連記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    「バックハンドボレーにパンチ力を出したい!」男性プレイヤーに試して欲しい打ち方とは?

    男性のプロテニス選手の試合を観ていると、特に一般プレイヤーとの差で目立…

  2. テニス ボレー

    ボレー

    全国のシコラーの皆さん、シコラーだからこそネット出ましょう!

    私は、最近常々感じていることがあります。ストロークが得意、ネッ…

  3. ボレー

    「とにかくボレーがネットしてしまう」人が改善したい5つのポイント

    せっかく前衛にいたり、シングルスで前に出てもボレーが苦手だと・・・それ…

  4. ボレー

    シングルスで「いきなり相手がボレーに出てきても、慌てない!」正面への緩いショットから崩すと効果的です…

    現代のシングルスの戦い方は、どんどん奇襲でのネットプレーは増えているよ…

  5. テニス 練習

    ボレー

    テニスにおいて、「ボレー対ストロークのラリー練習が続かない」人が見直したい4つの意識

    テニスの練習、球出しからラリー練習まで様々ありますが、最初の「壁」とな…

  6. テニス ボレー

    ボレー

    テニスのダブルスの試合で必要な「スライスとフラットの2種類のボレー」は、ラケットヘッドの立て方で使い…

    ボレーに代表されるネットプレー、「この人上手い!」と思わせるようなプレ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス ソックス
  2. テニス バッグ
  3. 筋トレ
  4. テニス ネット
  5. テニス スマートフォン
  1. スマッシュ

    スマッシュの素振りは、「実際の試合の中で何回でもやっておく」と、大事な場面でも自…
  2. テニス メンタル

    戦術

    見た目な優しそうな選手ほど、実は強気なテニス選手は多い
  3. スマッシュ

    ネットプレーで難しいとされる、「バックハンド側に上がったロブ」をスマッシュで打ち…
  4. テニス ボレー

    ボレー

    テニスの高等技術「ハーフボレー」は、膝曲げ押し出し打点前、で誰でも身につきます
  5. ダブルス

    「ダブルスパートナーとの話し合い」テニスの試合で必要な、情報共有のポイント5つ
PAGE TOP