テニス ボレー

ボレー

スライスボレーを流してストレートに打ちたいなら、ラケットヘッドを下げて良い

スライスボレーをしっかり打ちたい・・・けど、実戦だとどうでしょう。

いかにも、という構えから打つよりも、「ストレートに、さらっと流す」ようなショット、多くないですか?

特に並行陣の後衛で、相手前衛が気になるときに、スッとコースを変えるボレー、打ちたいですよね。

今回は簡単なコツ、改めてお伝えします!

 

スライスボレーを流してストレートに打ちたいなら、ラケットヘッドを下げて良い

 

1.「ラケットヘッドを立てる」という基本は、ちょっと古い!

ボレーの基本、確かに合ってます。

ですがラケットヘッド、ラケットの先を上向きにして打てるのって・・・腰、くらいまでの高さじゃないですか?

それより低い位置でのボレー、もちろん低い態勢を作るのが基本ですが、厳しいときもあるじゃないですか。

すごく速いボールを打たれたりすると、低い態勢なんて作る時間も無い。

だからこそ、こういう発想が大事です。

ラケットヘッドを下げてしまって、スライスを打つ。

コツは横からラケットを入れること、思い切ってボールの横を捕らえること、です。

 

2.打点は身体の近く、で良い!

足元、厳しいボールをストレートに流していくイメージ。

これは、打点が身体に近くて良い、ということ。

身体に近い位置で触ってあげた方が、上手くコントロール出来るはず。

ギリギリまで引き付けて、相手が動いてきたのを見てストレートに流す。

この感覚、普段の練習から意識してみて下さい。

きっと楽に、ボールをコントロール出来るはずですよ。

 

3.テニスの技術、「当たり前」を疑ってみよう

こういうボレー、きっとテニススクールでやると怒られる。

ミスしたらなおさら、ですね。

でも、良いんです。

基本からは逸脱しているけど、試合で実戦的に使える技術、ですから。

もちろんしっかり低い態勢を作れるときには、しっかりラケットヘッドを立てた方が安定する、時もある。

まずはオプションとして、この打ち方磨いてみて下さい。

ラケットの先を落として、横回転。

横回転のスライスが良い感じにかかれば、バッチリです!

 

「難しそうに見えて、打ってみれば簡単」なショットも、テニスではあります。

これも、その類のものだと思いますよ。

並行陣、これが打てないと相手前衛にガンガンファーストボレー、をポーチされる。

ぜひ、上級者へのステップとして磨いてみて下さいね。

ピックアップ記事

  1. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  2. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  3. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  4. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  5. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…

関連記事

  1. テニス スマッシュ

    ボレー

    フォアハンドボレーでパンチ力を出したければ、「後ろではなく上」にラケットをセットしよう

    フォアハンドボレー、の決定力は、シングルスでもダブルスでも必要。…

  2. ボレー

    ローボレー恐怖症に陥っている人は、相手のストロークの打点の高さをチェックして改善しよう!

    テニスにおいて、低い位置でのボレーは難しい・・・。ダブルスが上手い…

  3. テニス ボレー

    ボレー

    テニスのネットプレーで「アウトボールを触ってしまう・・・」人が、注意すべき5つのポイントとは?

    「また触ってしまった・・・」試合中に、アウトボールをボレーしよ…

  4. テニス ダブルス

    ボレー

    テニスの試合では、「ネットスレスレ付近を通過するボール」は対応が難しい

    特にネットプレー、ボレーのときに、ですね。皆さんも経験があるん…

  5. テニス ストローク

    ボレー

    試合の中でフォアハンドボレーの決定力が無い、と感じている人が意識したい5つのポイント

    フォアハンドボレー、試合の中で打つときには絶対にポイントを取りたい。…

  6. ボレー

    バックボレーで前に踏み込む、ことが出来れば試合でも勝てる

    ボレーの上達に悩んでいる方の、ほとんどがこれを克服できていません。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス サーブ

    フットワーク

    どんなに上手い選手でも、テニスは自分のポジショニングによって打てる場所は限られる…
  2. テニス メンタル

    戦術

    「挽回っ!」という言葉だけ出す癖、負け癖への第一歩かも
  3. 日々の雑記

    他の人の考え方は否定せずに、自分の糧にした方が10倍強くなれる
  4. ダブルス

    「自分よりかなりテニスが上手い選手とダブルスを組むことに・・・」アナタが意識する…
  5. テニス メンタル

    メンタル

    「さぁ、この1本!」という勝負所で、最高のパフォーマンスを引き出すには・・・?
PAGE TOP