ダブルス

ダブルスの試合での、ボールを打っていない人の考え方

ダブルスの試合で、ボールを打っていない選手の動きはどうか。

これが、私は試合の勝敗を決めると言っても過言ではないと思っています。

一番、差が出やすい部分でしょう。

ボールを打っていない選手がどう動くのか、何を意識するのか。

目に見えにくい部分だからこそ、実はあまり考える機会が無い。

試合に勝ちたいなら、この差を埋めること、そして更に相手との差を引き離していくことが大事だと思いますよ。

もしも相手が、強敵なら

常に2人で戦わないと

相手がそこまで強く無ければ、良いんです。

1対1の打ち合いで勝てるなら、何も前衛が動く必要も無い。

でも、実際の大会では上位のペアとの試合もありますよね。

そうなると、どこかで2人で戦う、1ポイントの中で2人がボールを触って得点するような場面を増やしていかないといけない。

その為に、どういう意識でボールを打っていない選手がプレーするのか、が鍵になります。

みなさんも、自分の試合を思い出しながら考えてみて下さい。

ボールを打っていないからこそ

冷静になれる、客観的にプレー出来る。

ボールを打っている瞬間は、あまり余裕って無いじゃないですか。

実際の試合、強い相手だとよりそうだと思います。

でもパートナーがボールを打っている瞬間なら、アナタ自身は動ける余裕があるはず。

ボールを打っていないからこそ、動けるんです。

止まっていないといけない、というルールはテニスにはありませんからね。

一番の敵は、自分の恐怖心

ここが、一番乗り越えるべきポイントです。

アナタ自身、しっかり自分の恐怖心に打ち勝たないと。

「ポーチにしゃしゃり出て、邪魔するだけじゃないか…」と、思うこともあるでしょう。

でも、その感情を乗り越えないと、結局ラリーで押されて失点するだけ。

「邪魔した…」という感覚、試合では必要ありません。

ボールを打っていない時間を利用して、しっかりポジションに入れたかどうか。

そこを本気で、真剣に考えてみましょう。

そうすれば、ダブルスはもっともっと良い方向に変わりますよ。

意識したい基準は、1つだけ

パートナーは、攻めることが出来るのか?どうか

アナタ自身はボールを打っていない、パートナーが打っているような場面で。

意識したい基準は、1つだけです。

このボールを、自分のパートナーは攻撃出来るのか、どうか。

守備的なショットになるのか、どうか。

このポイントさえ押さえておけば、大丈夫。

次の場面に備えて、アナタ自身もアクションを興せるはずです。

攻撃出来るなら、そこに加勢する

もし、パートナーが攻撃出来るなら。

コントロールされたショットが打てそう、そう感じたらアナタはそこに加勢していく必要があります。

前衛だったらポーチのチャンスを伺い、後衛にいても最後は自分の方にチャンスが来るかもしれないので前に意識を置く、詰める。

片方の選手が攻撃の意識を持った時に、そこに揃えて圧力をかけられるかどうか。

この判断を、瞬時に行うこと。

そうすれば、ボールを打っていない時間に良いポジションを取ることが出来るし、予測も出来るはずです。

ダブルスなら、相手を逃がさない意識で

1人の選手が攻撃している、その相手を逃がさない。

先ほどの基準で「攻撃出来る」と感じたら、ボールを打っていない自分が最後は仕留めるべく、動く。

本当に、1メートル、2メートルの動きで変わります。

相手が逃げようとしてくる、それを許さない姿勢が大事です。

ダブルスの試合で勝てないペアって、1人で必死に相手を追い込もうとしていてるだけだから、いつでも片方の選手に逃げることが出来る。

これを許さない姿勢、意識をしっかり持ちましょう。

それだけで、攻撃の厚みがかなり変わって来るはずです。

応援する人、になってはいけない

パートナーがせっかく攻撃しているのに、ただそれを横で応援しているだけの人。

これが何と、試合会場で多いことか…。

ダブルスの強さって、ボールを打っていない人を見ればすぐに分かりますよ。

何となく、パートナーを応援して自分は打っていないから安心しているだけ。

相手から見ると、隙だらけなんですよね。

変えるのは、意識から。

ボールを打っていない場面こそ、テニス選手としての腕の見せ所です。

ピックアップ記事

  1. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  2. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  3. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  4. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  5. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール

関連記事

  1. テニス ストローク

    ダブルス

    右利きプレイヤー視点で、ダブルスのリターンサイドを考えてみると・・・?

    今回は、ダブルスのリターンのサイド、について考えてみたいと思います。…

  2. ダブルス

    自信満々、な相手の方がポーチが効く

    ダブルスの試合で、何だか相手が自信満々。ストローク、リターンも…

  3. テニス ストローク

    ダブルス

    ダブルスの後衛で大きく外に走らされたら、「ストレートアタック風トップスピンロブ」を使ってみよう

    ダブルスの試合を雁行陣で戦っていて、大きく後衛が外に走らされる。…

  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    上級者ダブルスでは覚えておきたい「サーブ&ボレーの並行陣、からの逆陣形」への対応方法とは?

    特に男子ダブルスの上のレベルでよく観る、並行陣の逆陣形。これは…

  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合、ハンデ戦はこうやれば盛り上がる!

    チームやサークルで試合をする、ときに、どうしてもレベル差がある組み合わ…

  6. テニス ロブ

    ダブルス

    ダブルスの試合、並行陣にこだわり過ぎていると「並行陣慣れ」しているダブルスペアには勝てない

    ダブルスの試合は、大学生くらいから特に男性は並行陣が主体となる。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    何かを信じ切っている人に、アイデアは生まれない
  2. テニス サーブ

    練習メニュー

    テニスの試合で必須な「グランドスマッシュを安定させる」為のラリー練習メニュー
  3. テニス サッカー

    フットワーク

    フットワークにスランプは無い、というのは本当です
  4. その他

    T-PRESS 読者アンケートにご協力をお願いします
  5. 戦術

    周りに意識される、ポジションを作ろう
PAGE TOP