テニス Q&A

戦術

テニスの試合での「いやらしいプレー」は、ボールを打っていない間に起きている

そんなに強そうに見えないのに、試合になると強い選手。

こういう選手って、「いやらしい」って感じしますよね。

でも、アナタ自身勝っていくためにはその「いやらしさ」を越えていかないと。

越えていく、ということは、客観的に理解するということです。

テニスは、静と動が入り混じる、複雑な試合形式で進んでいきます。

動の中にも、ボールを打っていない時の方が長い・・・のがテニスの試合ですよね。

 

テニスの試合での「いやらしいプレー」は、ボールを打っていない間に起きている

 

1.いやらしいプレー、を歓迎しよう

例えば、ちょっとだけ間を空ける。

または、ラリーの中で相手の視界の中に入ってプレッシャーをかける。

こういったプレー、アナタ自身「影響される方」だと思いますか?

まずは、しっかり自分を客観視して欲しい。

「いや、気にしないです」という方は、ただ気にしないだけではなく「いやらしいプレーを確認したうえで、気にしない」くらいまで、になって欲しい。

全く気にしない、のは気付いていないのと同じ可能性もありますからね。

あくまで、相手をしっかり観察しながら、その動作自体を気にしない。

そんなテニス選手、絶対に強いですよね。

 

2.いやらしいプレーは、プレーで抑え込むのが一番

例えば、ダブルスの試合でちょろちょろ動いて来る前衛。

これに対しては、しっかりとストレートに打つ。

それも、抜こうとしないでミスをしない、しっかり触らせて良い。

そもそも、こういういやらしい心理戦を仕掛けてくる選手は、それで「崩れてくれる」ことを期待している。

アナタ自身、「気にしていないけど、そろそろじっとしててね」というメッセージを送ることが大事。

いやらしいプレーは、冷静にプレーで抑え込むこと。

これがアナタに必要なプレーです。

 

3.ボールを打っていない時間を、どう過ごすのか

嫌らしいプレーは、しっかり意識することが大事。

意識して、お互いにしっかりけん制し合う。

これは、テニスにとってとっても「良い試合」と言えるでしょう。

いやらしいプレー、アナタ自身嫌がっていてはダメですよ。

自分もやっていかないとダメ。

だって、自分でやらないことは相手にやられると「拒絶」しちゃうじゃないですか。

そんな脆い選手は、結果的に試合で勝ち上がっていけないんです。

 

4.もっとタフな選手に、皆さんなって欲しい

これが私の願いです。

相手の揺さぶり、ちょっとしたいやらしいプレーに・・・屈しない。

気にしない、相手のプレーを受け入れて、さらにそれを封じ込める。

トーナメントを勝ち抜いていく選手って、こういうタフさがあるんですよね。

ポイント間、プレーの間の相手のいやらしい仕掛けに動じない。

イメージしてみましょう。

アナタの試合前に、こういうイメージをしっかり膨らませることが、「悔しい負け」を減らす一番の薬になるはずですよ。

 

レベルが上がっていくと、テニスの試合は牽制し合う試合、になっていく。

いやらしいプレー、私はすごく必要だと思います。

もちろん、マナー違反は論外ですが。

アナタ自身、まずはこの現実をしっかり受け止めましょう。

そして楽しんで欲しい。

テニスの試合の、醍醐味の一つですから。

ピックアップ記事

  1. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  2. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  3. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品
  4. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  5. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!

関連記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    テニスでは、「ショットの呼び名」が出ると意識し過ぎる人が多い

    テニスのショットには呼び名がある。サーブ、リターンのように「最…

  2. テニス 格上相手

    戦術

    「技術的なミスと戦術的なミス」をしっかり分けて考えておけば、テニスの成長スピードは上げられる

    テニスに限らず、私が考えるミスは大きく分けて2種類あります。一…

  3. テニス 序盤

    戦術

    暑い中での試合を勝ち切る、試合の現場で体力消耗を抑えるコツ4つ

    今日も暑い・・・ですね・・・。梅雨入りしたときの暑さは、もしか…

  4. テニス チャンス

    戦術

    「このゲームを取れば勝ち、」のゲームで、準備しておくべき4つの具体策

    あと1ゲームで、この試合勝利・・・という場面で、アナタはいつも冷静にプ…

  5. テニス メンタル

    戦術

    テニスにおいて延長戦は、他種目以上に日常茶飯事です

    夏の高校野球、今年も熱戦でしたね。毎年思うのが、野球って延長戦…

  6. テニス メンタル

    戦術

    「視野を広げたい」テニスで相手にコースを読ませないショットには回転量が不可欠

    テニスコートの広さって微妙だね。広いと言えば広いが、狭いと言え…

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. その他

    失点した瞬間の態度を、対戦相手は必ず見ている
  2. テニス 名著

    メンタル

    試合でパニックにならない為にも、「自分にとって分かりやすい数値」で作戦を覚えてお…
  3. メンタル

    まだまだアナタ自身、試合では「出し惜しみをしている自分」に気付けていない
  4. テニス 人脈

    ボレー

    「確かにボレーは決定力あるけど・・・」テニスで必要なゆっくりした球速を身に付けた…
  5. テニス ロブ

    戦術

    リードしている時間帯こそ、相手の「変化」を見極めることが大事
PAGE TOP