テニス ダブルス

ダブルス

ダブルスで相手を騙す、長い打ち合わせの後に正攻法作戦

ダブルスの試合、相手がちょっと長い打ち合わせをしている・・・。

ポイント間にやられると、つい、こちらも色々考えてしまいますよね。

この感じ、逆手に取ってみませんか?

まぁ、ココで書いてしまったら何組かのダブルスは実践してしまうかも知れませんが・・・それもテニスの、奥深さです。

 

ダブルスで相手を騙す、長い打ち合わせの後に正攻法作戦

 

「何かやって来るかも・・・」と思わせれば、ダブルスは戦いやすい

とにかく、何かをやってくる、動いて来る相手って嫌じゃないですか。

しっかりペアでコミュニケーションを取って、連動しているペアは強い。

そんなペアこそ、この作戦は効きます。

ポイント間の長い打ち合わせ、を見せつけられると考えるのは当然。

だからこそ、あえて「何もしない」ポイントの前の打ち合わせを長くする。

これだけで、ダブルスの作戦は完成します。

 

私がいつも実践するのは・・・

例えばサーブ側だと、長い打ち合わせをしたら通常「前衛が動く」と思われがち。

だからあえて、ストレートで待ってリターンを誘う。

逆にリターン側だったら、長い打ち合わせをして・・・普通にクロスにリターンする。

どうですか?

イメージしてみると、「逆を突ける」ような気になりませんか?

これは、対戦相手が試合巧者であればあるほど、効いてきます。

自分たちが主導権を握れないときに・・・ぜひ試してみて下さい。

 

ポイントは、「相手にどう見られているのか?」を意識すること

この作戦の大前提は、相手が自分たちのことを気にしているかどうか。

そもそも、気にしていないような相手には、打ち合わせの長さなんて関係ない。

いつも試合で、「この相手には、自分たちはどう見られているんだろう・・・」という疑問を持ってみることが大事。

そうすれば、今回のような打ち合わせを見せつける作戦が「効きそうな相手」も、何となく分かるようになってきます。

考えてくる、技巧派、そしてベテラン選手。

ダブルスが強い相手ほど、きっと効く作戦なはずです。

 

「相手を騙すなんて、ひどい作戦だ・・・」と思った方、すごく純粋ですね。

きっと、対戦相手からも「そう」思われていると思います。

純粋な作戦で勝てれば良いですけど・・・それだけで勝てるほど、テニスは甘くないはず。

心理戦に勝ってこそ、試合に勝てる。

そのオプションの一つとして、考えてみて下さいね。

 

今回のまとめ

あえて長い打ち合わせを相手に見せて、正攻法で挑む作戦を試してみよう!

 

ピックアップ記事

  1. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  2. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  3. テニスの試合、急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  4. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  5. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選

関連記事

  1. テニス ダブルス
  2. テニス ボレー

    ダブルス

    テニスのダブルスの試合で、「サーブが強烈な相手と対戦」したときに、基本的な揺さぶりのパターン4つ

    ダブルスが得意なプレイヤ―で、一般の大会でもすごくサーブが良い選手がい…

  3. テニス ダブルス
  4. ダブルス

    ダブルスの試合で「つなぎのボールを打つ時」には、まず相手前衛に触られないことを注意しよう!

    ダブルスの試合では、当然ながら相手は2人いる。でも打つのは、アナタ…

  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合で「並行陣から引き出したチャンスボール」を、どう後衛から攻めるか?を考えてみる

    社会人になると、プレーする機会が増える並行陣。ストロークは「沈…

  6. テニス ボレー

    ダブルス

    テニスのダブルスにおいて「ポーチからのアングルボレー」が打てない前衛は怖くない

    ダブルスの試合では、いかに前衛が積極的にポーチに出て絡むかが大事なポイ…

特集記事

  1. テニス 練習
  2. テニス トレーニング
  3. テニス ガット
  4. テニス ラケットバッグ
  5. テニス 水分補給
  1. ストローク

    テニスのストローク、トップスピンの回転は「下向き面で安定させる」ことで試合で使え…
  2. テニス メンタル

    ダブルス

    ダブルスの試合では、「相手前衛の上にロブを打って、2人で前→ロブ待ち」作戦でいこ…
  3. テニス メンタル

    ダブルス

    ダブルスの試合を、「人が多いと考えるのか?少ないと考えるのか?」について
  4. テニス ストローク

    戦術

    身体的なハンディがあるなら、考えるテニスが身につくはず
  5. テニス 練習

    ダブルス

    シングルスが得意な選手同士が組んだダブルス、を崩していくレシピ5つ
PAGE TOP