テニス チャンス

その他

全国大会を観て感じたので、改めて・・・「高校テニス界は、チャンスだらけ!」

昨日から開幕した、全国選抜高校テニス大会。

今年は5年ぶりに私も観戦に訪れていますが、そこで感じたことを改めて。

「全国大会なんて、自分たちには縁が無い・・・」と、ほとんどの人は考えていませんか?

はっきり、言えます。

他の競技にくらべたら、テニスはまだまだチャンスがある!

自分たちで考えて、しっかりしたテニスを実践出来るようになれば、全国男女共にどの学校にも、チャンスはあります!

 

全国大会を観て感じたので、改めて・・・「高校テニス界は、チャンスだらけ!」

 


 

■上位校との差は大きいけど・・・

今日で2回戦を終えて、明日から3回戦。

シード校も出場した今日は、試合進行も速く、正直「差があるな・・・」と感じる機会が多かった。

それでも、シード4校以外は完全抽選で決まった組み合わせは、その分下位校にもチャンスが多い。

実際にシングルス2本、ダブルス2本で2-2になってシングルス3にかかる試合も多かったです。

そこまで持ち込めば、もう後は何が起こるか分からないのがテニスの団体戦、です。

 

■ダブルスは特にチャンスがある!

選抜の形式は5本勝負、シングルス3本にダブルス2本。

このダブルス2本が、流れを決める意味でもとても重要になります。

1人の勝利より、2人の勝利のほうが自然に盛り上がるし、チームが乗っていける。

高校から硬式テニスを始めたり、人数が多くて練習環境が整っていないような部活も、まずはダブルスからしっかり鍛える意識を持って欲しいのです。

ダブルスの技術は、ネットプレーやサーブ、スライス系のロブなどシングルスにもたくさん応用が効く。

シングルスよりも、確実に実力差を埋めやすい。

そして何より今大会を観て、ダブルスでは上位校を倒せるチャンスがたくさんあることに気付きました。

 

■ストローク力に頼っているダブルスは、怖くない!

はっきり言えることは、男子でも並行陣ダブルスが少なく、ほとんどがストローク勝負。

ただし、上位のシード校や伝統校は並行陣をしっかり練習してきており、ストローク力もある。

ですが中位の学校は、まだまだ個人のストローク力に頼っていて安定感が無いダブルスペアが本当に多い。

ストレートアタックか、クロスラリーで押し込んでの前衛ポーチしか、攻撃の手段は無いのです。

そうなると・・・ぜひ、このサイトで紹介しているようなスライス系のロブ、ドロップショット、積極的なチェンジプレーなど、練習して試してみると効果が出るはず。

ストロークが入らなくなる、相手がネットにいる状態で力が入ると、相手は急にイライラしてくるはず。

ぜひ、まずはアナタ自身が戦術をしっかり整えて、県内での上位校に挑んでみてください。

全国大会、そんなに遠いものだとは私は思えまないのです。

 

チャンスがある・・・と書いてきましたが、実際に上位校のダブルスは強い。

ですがそれすらも、「緻密に準備」が出来れば、どの学校にもチャンスはあるはず。

残念なのは、実際にダブルスを工夫して勝ちにいくという学校が少ないこと。

指導者の問題、で片付けるには寂しい。

厳しいようですが、学生自身、アナタ自身で、挑んでみませんか?

小さい力ですが、このT-PRESSでは今後も試合に勝つ、挑戦し続けるアナタを心から応援します!

ダブルス強化からの、全国大会への道へ・・・。

ピックアップ記事

  1. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  2. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  3. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」
  4. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?
  5. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く

関連記事

  1. テニス ダブルス

    その他

    ダブルスの試合、パートナーにタッチに自分から動けているか?

    ダブルスの試合を観ていると、感じること。それは強い人、ペアを引…

  2. テニス メンタル

    その他

    「普通に素振り練習しても、テニスの試合で勝つのは難しい・・・?」だからこそ工夫が必要なんです

    テニスの上達において基本となる練習、素振り。「なんだ古臭い・・…

  3. テニス 観察眼

    その他

    テニスにおいて、「ボールをよく見て!」と言われるけど、実際どれくらい見れば良いの?

    テニスやボールスポーツの基本は、ボールを良く見ることが何より大事と言わ…

  4. その他

    意図したことが効いてくる、からリズムに乗れる

    みなさんに、ぜひ意識して欲しいポイント。普段の試合の中で、いか…

  5. その他

    無限の負のループ、に気付こう

    私たちの周りは、常に繰り返し、で満ちている。このこと、に気付け…

  6. テニス 駆け引き

    その他

    テニスの試合で予測をするときには、「逆を突かれても対応できる」相手かどうかをまず確認したい

    対戦相手の実力は測るとき、特にシングルスの試合では慎重になる。…

特集記事

  1. テニス 部活

    その他

    個人競技であるテニスにおいて、「チームの中で自分が何で貢献できるか?」を考えてい…
  2. テニス

    テニス知識

    急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  3. テニス ボレー

    フットワーク

    ラケットを持ってテニスコート上で反応を速くしようと思えば、「自分の身体にラケット…
  4. テニス ボレー

    ボレー

    中級と上級の差、ハイボレーをふかしてアウトしてしまう人は、「横向きの抑え」が足り…
  5. テニス サーブ

    日々の雑記

    「テニスは採点競技じゃない?」確かに勝敗には関係無い、ですけどね
PAGE TOP