戦術

自分の火付けショットは、何?

みなさんは、試合の中で自分に「火を付ける」ショットはありますか?

これ、意外と意識されていない方が多いと思います。

レベルや経験は関係なく、私は「火付けショット」を持っている、意識して使うことがテニスの試合では大事だと。

そのショットがどんな精度か、だとかそういう話は良いんです。

まずは自分の中で自信を持って、リズムを作るショットとして持っておくこと。

そうすれば、自然と自信も生まれて来るはずです。

例えば私なら、リターンダッシュ

以前にも似たような記事を書いたかも知れませんが、私ならリターンダッシュ。

これを「火付けショット」と自分では思っています。

自分の中に火を付ける、強い相手に対しても「絶対に屈しないぞ!」という強い意志を見せる。

苦しい時に、「これをやってダメなら仕方ないな…」と思って繰り出す時もあれば、試合の序盤にいきなり出すこともあります。

このショット、プレーが入ってこそ自分のテニス!と勝手に自覚してプレーする。

それくらいで、試合は良い。

火付けショットを持っておくことで、リズムが生まれるし抑揚も作れる。

1セットマッチなんて、あっという間ですからね。

火付けショットを持つこと、まずは意識することが大事です。

そのジャンルは、人それぞれ

これは、本当に人それぞれだと思います。

徹底的に粘るポイントが火付けになる方もいれば、サービスエースで乗っていける方もいるでしょう。

大事なのは、自分なりに「らしさ」が出て気分が乗っていけるかどうか。

そのポイントだけ意識して、探してみて下さい。

恐らく、試合に出ている方であれば自然と使っているような気もするんですよね。

それを自分の中で火付けショットと意識していないだけで。

そういう方は、今日から意識してみましょう。

その火付けは、きっと相手やパートナーにも伝わる。

自分の周りのテニス仲間にも伝わるはずです。

火を付ける、但し冷静に

ここがテニスでは、ポイントです。

集中して火付けショットを打つ、でも頭は常に冷静に。

打った後の動き、そしてポイントが終わった後の態度。

ここまでしっかりイメージして、火付けショットを繰り出すこと。

テニスの試合では、どこかで「演じる」ことも必要だと思うんですよね。

それは何も、大きな声を出すとか、マナー違反するような威嚇行為ではなく。

冷静に試合に火を付けて、自分のペースにもっていくような演技。

大事なのは、それで相手やパートナーが何を感じるか?です。

みなさんのテニスの試合中のプレーは、どうでしょうか?

周りの人にどんな影響を与えているか…少し、考えてみるだけで変わりますよ。

ピックアップ記事

  1. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?
  2. 【重要です:視聴者アンケート】ご協力のお願い
  3. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」
  4. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…
  5. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない

関連記事

  1. 戦術

    そもそも、ドロップショットはコートの内側から

    試合の中で、ドロップショットをしっかり決める。そのためには、…

  2. テニス メンタル

    戦術

    「ミスしようがナイスショットだろうが、次、次」と無表情が基本

    試合中に、出来るだけ意識したいこと。それは、相手に自分を悟られ…

  3. テニス 練習

    戦術

    相手のミスがこのまま続く、とは思わないこと

    私たちは、つい期待してしまいます。序盤のリード、このまま相手が…

  4. テニス 上達

    戦術

    テニスのラリーでは、追い付いてから考えるんじゃなくて、「走りながら考えて結論を出す」ことが大事

    試合慣れしているかどうかって、こういう部分に出ます。決断が早い…

  5. 戦術

    自分で気付いて修正出来る、そんな人が試合でも勝ち上がっていく

    試合の中で、挽回出来る人。それはやっぱり、どこかで修正が効く人…

  6. テニス メンタル

    戦術

    メイクショット、アタックショット

    テニスの試合、この2つを自分の中でどう作っていくのか。同じシ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 守備

    ストローク

    テニスの試合では、「自分のショットが甘くなる」ことも想定して、素早く切り替えの準…
  2. テニス ダブルス

    シングルス

    テニスのシングルスの試合では、「これでもか」という粘りを見せて初めて、相手は崩れ…
  3. メンタル

    コンプレックスしか、本物のエネルギーには成り得ない
  4. テニス ストローク

    ストローク

    「両手バックハンドストロークのダウンザライン」をテニスの試合で打てるようになるポ…
  5. ストローク

    ゆっくり振って速く飛ばす、がテニスの理想形
PAGE TOP