テニス ストローク

ストローク

「低く滑る攻撃的なスライス」のストロークを身に付けて、試合で使えると勝率は上がります!

今、改めて見直されている技術の一つが「スライス」のストローク。

ベイビーステップでも紹介され、フォアハンドで打つことで試合ではとても有効です。

男性のバックハンドのイメージが強いかも知れませんが、女性のダブルハンドでも身に付けるととても便利!

今回はその有効性を改めて確認してみましょう!

 

「低く滑る攻撃的なスライス」のストロークを身に付けて、試合で使えると勝率は上がります!

 


 

■試合の中でのチェンジオブペース重要性

ベイビーステップでもお馴染みになった、「チェンジオブペース」。

特にシングルスの試合では、自分がポジションを戻す為にも必要な考え方。

スピンで高い打球を送るのも一つですが、相手のリズムを崩すという点ではやはりスライスが有効。

それもバックハンド側から打てると、試合の幅がグッと拡がります。

 

■薄いグリップ、前の打点、水平スィングだけで大丈夫!

スライスストロークを打つにしても、ボールの下を打って力の無いボールになっては相手のチャンスになるだけ。

できるだけ低い軌道で相手に圧迫感を与えていきたいとこと。

注意したい3つのポイントは、「薄いグリップ、前の打点、水平スィング」。

これさえ身に付ければ、きっと低く滑る良いスライスストロークが打てるようになります。

中でも水平のスィングは難しい方が多いですが、思い切ってフラットショットを打つくらい、横にラケットを振ってみて下さい。

スライスのグリップになっていれば、自然なアンダースピンがかかるはず。

球出し練習から、自分なりに研究してみましょう。

 

■ストロークの基本、早い構えと止めた足が土台になる

先ほど述べた3つのポイント以外にも、ストロークの基本の部分も重要になってきます。

早いテイクバックと、しっかり足を止めること。

これができていないと、3つのポイントを活かすことが出来ません。

特に前足にしっかり重心を乗せると、ボールにも重さと深さが出て有効なスライスになります!

 

両手バックハンドの女性の方は、少し打ち方が窮屈になると思います。

そのときは、打ち終わったフォロースルーで思い切って片手は離してしまいましょう。

そうすることで、残した下側の腕がしっかり前に出て、伸びのあるボールが打てます。

感覚を掴むには、工夫しながら練習あるのみ。

まずは試合で使えるように、しっかり普段のラリー練習からスライスを混ぜていきましょう!

ピックアップ記事

  1. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  2. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  3. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  4. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!
  5. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう

関連記事

  1. テニス メンタル

    ストローク

    テニスで「ストロークの打点が低くなる」と発生するデメリット5つ

    テニスを始めたばかりの頃、ストロークはしっかりボールが落ちるのを待って…

  2. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合で「回り込みフォアハンド」を活かす為に意識したい5つのポイント

    現代のテニスで大きな武器の一つが、回り込んでのフォアハンド。錦…

  3. ストローク

    「初心者にストローク教える時は・・・」テニス部内で最初の段階から準備の大切さを確認しよう!

    中学、高校共に、この時期はテニス部内で代が交代する時期。上級生…

  4. テニス ダブルス

    ストローク

    ダブルスの試合、「雁行陣で前衛が抜かれてチェンジ」するなら、後衛はできるだけ回り込みフォアハンドで!…

    ダブルスの試合、私は相手のストローク力を測るときに一つの基準があります…

  5. ストローク

    ショートクロスのストローク、打点さえつかめば難しくはない

    試合で使える、「ショートクロス」のショットを打ちたい!と考えて…

  6. ストローク

    低く浅い球をスピンで持ち上げるより、そのままスライスで前へ押し出そう

    アプローチショット、と肩に力を入れる必要はありません。しっかり…

特集記事

  1. テニス 練習

    ボレー

    「ボレーを個人練習で磨きたい!」という方にお勧めのペアで出来る簡単練習5つ
  2. テニス クレーコート

    ストローク

    攻撃的なストロークには、相手が打った瞬間の判断力が欠かせない
  3. テニス 部活

    シングルス

    個人戦で結果を出したい!人が意識したい4つのこと
  4. テニス シングルス

    練習メニュー

    もの凄く集中して、普通のことをするのが良い練習
  5. テニス知識

    試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
PAGE TOP