シングルス

錦織選手が得意とする、フォアハンドのドロップショットからの展開を身に付けよう

錦織選手が得意とする、シングルスの試合での基本戦術。

フォアハンドで回り込んで、逆クロスへのドロップショット。

この後の展開もしっかり考えておくと、試合で使える戦術になります。

アナタでも必ず、試合で使える武器になるはずです。

 

錦織選手が得意とする、フォアハンドのドロップショットからの展開を身に付けよう

 


 

1.逆クロスで回り込むから、ドロップショットが効く!

しっかりと周り込むことで、攻撃的な姿勢を見せる。

相手も、深いボールが来るように感じて、ポジションを下げてしまう。

そんな時に、使いたいのがこの逆クロスへのドロップショット。

多少甘くなって良いので、相手のバックハンド側を狙うことが大事。

今回は、両選手を右利きと仮定して考えてみましょう。

周り込んで、深く打つとみせかけて・・・という演技力も大事です。

相手が浅いボールを打って来る、のを待ち構えておきましょう。

しっかりアナタ自身、赤側の選手が前に入って打つことが大事です。

ネットに少しでも近い方が、ドロップショットは成功しやすいですから。

相手に触らせる、ポジションを前に引っ張り出す。

その中で、アナタ自身も前に出ることを忘れないで下さい。

 

2.前に出てからの、ポジショニングが肝!

しっかり相手を前に出したら、今度はアナタ自身が前に出る。

その理由は、分かりますか?

相手が前に出れば、ドロップショットで切り返される可能性も高いですから。

ネットプレーでお互い勝負、でも相手がバックハンドからスタートする分、少しだけ不利でしょう。

イメージは、ネットに並行に守るのではなく、斜めに守ること。

斜めに壁を作ることで、相手のあらゆるコースを防ぐことが出来ます。

ダウンザラインに打たれるコースは、打点が後ろになっても大丈夫。

ですので少しだけ、ボールのある側に寄って待ち構える、ことが大事です。

打点を分けて考える、ことで守備範囲を広く待てる。

ボールのある方向に身体を向けること、を意識してみて下さい。

 

3.相手からの返球は、どう考える?

相手からの返球、これをどう返すかをしっかり考えておく。

普通なら、相手のいないスペースだけ、を狙いたくなりますが・・・。

でも、それは相手も予測済でしょう。

しっかりカバーする意識、で打った後は右側をカバーするはず。

だから、狙うのは逆、逆が効果的です。

相手がいる場所、を狙って打てば勝手に動いてくれて、効果的な攻撃になるでしょう。

もちろん、相手が前にいるのでロブボレー、もう効果的です。

大事なのは、相手の返球をしっかり攻撃すること。

ボレーで打てば、相手が構え直す時間も無い。

このロブボレー、逆を突くボレー、までイメージしながら、ドロップショットから展開していきましょう。

 

実際、錦織選手もドロップショットの後、の攻撃が上手い。

相手を走らせれば、チャンスが拡がる。

この考えがあれば、ドロップショットを使いやすいですよね。

ぜひ、錦織選手のプレーを参考に取り入れてみて下さい。

ピックアップ記事

  1. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  2. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  3. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  4. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  5. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適

関連記事

  1. テニス ストローク

    シングルス

    テニスのシングルスの試合では特に、「低いボールからは、無理して攻撃しない」ことが大事です

    シングルスの試合では、ストローク戦が多い。サーブ&ボレーヤーも…

  2. テニス シングルス

    シングルス

    シングルスの試合で「攻撃的なフォアを活かした展開」で試合に勝ちたい!大切な4つの意識

    大きな武器は、フォアハンド。これは男女問わず、シングルスの一つ…

  3. テニス 練習
  4. テニス メンタル

    シングルス

    「体力に自信が無い・・・人が身に付けたい」テニスのシングルスの戦い方4つ

    シングルスの試合は、実力が拮抗すると体力勝負。特にテニスでは持…

  5. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合のパッシングショット、は普通の自分のショットで良い

    シングルスの試合、相手にネットに出られると・・・みなさん、どうでしょう…

  6. テニス リターン

    シングルス

    ダウンザラインへのストロークの展開は、相手に「背中を向ける」準備でバッチリ!

    ストロークでの、ダウンザラインへの展開。シングルスでは、不可欠…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. ボレー

    テニスの試合で、「ネットに詰めてのフラットボレーは、肘を伸ばして前に押し出して打…
  2. テニス 練習

    テニス知識

    自己流テニスで上達して来た人は、どこかで技術を削ぎ落とす作業が必要になる
  3. テニス コントロール

    戦術

    対戦相手は、「強気」か「弱気」か「堅実」か、で分けてみる
  4. テニス サーブ

    ダブルス

    何回もサーブのトスアップをやり直すと、味方の前衛はリズムを取り辛くなる
  5. テニス ストローク

    その他

    テニスの試合で相手にボールを渡す、ときの4つの基本マナー
PAGE TOP