ダブルス

繰り返しますが、アナタのダブルスに必要なのは大胆さ、です

私は何度も、ダブルスは前衛が動くこと、の大切さを書いてきました。

ポーチに出る、というのが第一ですが、チェンジプレーやIフォーメーションだって、必要。

でも、大前提として、この意識みなさんと改めて共有したいと思います。

私たちに必要なのは、大胆さ。

そう、時に周りから見て引くくらいの大胆さ、が必要なんです。

 

繰り返しますが、アナタのダブルスに必要なのは大胆さ、です

 

1.どんどん空気、壊していこう

試合ですからね、勝つか負けるか。

結論その2つしかないなら、相手が嫌なことをテニスを通じて表現していかないと。

まだまだみなさん、相手や周りの様子を見ながら、のプレーになってはいませんか?

すごく、日本人の美徳には沿っていると思いますが、それだと勝てない。

正確に言えば、格上相手に勝てないんですよね。

思い切って、その場の空気を壊していくような勇気、あるでしょうか?

大胆さ、あるでしょうか?

ダブルスの試合ですから、それくらいの意識で良いと思いますよ。

 

2.1球目は絶対ポーチ、チェンジで良い

試合の最初のポイント、サービスゲームなら絶対にこれ。

私は相当意識しています。

最初のポイント、に出るからこそ意味があるし、大胆な行動になる。

こういうのって、最後の最後まで絶対に相手は引きずると思うんです。

普通は出ない、ですからね。

様子を見るじゃないですか、空気を読んで。

でも、アナタのダブルスは違う。

いきなり動いて、大胆に空気を壊す。

相手リターンからしても、一気に目が覚めて試合が怖くなる、もしかしたら恐怖を感じるかも知れません。

それくらの気迫、決断力、アナタにはありますか?

 

3.どんな目で見られても、2人なら大丈夫

ダブルスですからね、ペアで一つ、孤独ではない。

その意識で、ぜひ試合に臨んで欲しい。

ペアとしてのスタンス、は大事ですよ。

「ちょっと相手を脅かしてみよう」くらいの感覚、初心者の方ほど持って欲しいんです。

だって、普通に試合したって厳しいだけじゃないですか。

自分たちから大胆に動いて、何が出来るのか?

「いや、実際効かないよ・・・」と思っても、やってみないと分からない。

ぜひ、やってみて下さいよ。

アナタが思うほど、空気を壊すことって悪くないものですよ。

 

4.本当の敵は、周りの目を気にするアナタ自身

試合の後に、何を言われるか・・・。

なんてこと、もしかして気にしてないですか?

「あの人相手に、大胆にそんなこと・・・」

「身の程知らずな・・・」

とか、こんなことを言われるかも知れない、と思う自分自身。

それこそまさに、最大の敵です。

空気を壊せば、アナタ自身周りに敵が増えるんですよね。

これはまさに、日本社会の人間関係。

女性の方、ベテランやシニアの方は痛いほど分かると思います。

でも良いじゃないですか、こうやって「ふるい」にかけましょうよ。

自分たちは勝ちたい、ただその戦術を選択しただけですから。

離れていく人は、離れていけば良い、胸を張っていれば良いんです。

 

ダブルスの試合、シングルスよりアグレッシブに。

そのための前衛と後衛、二段構えですからね。

繰り返しますが、こういう作戦は失敗しても動けば相手にダメージが残る。

やって損は無い、ですよ。

ただし、空気を壊せばアナタの周りの空気も変わる。

それだけは、覚悟して挑んでいきましょう。

ピックアップ記事

  1. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  2. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと
  3. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  4. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  5. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道

関連記事

  1. ダブルス

    ダブルスで相手を驚かす、サーブ&逆陣形戦術

    ダブルスの試合、どうしても手が無いような時。試合で勝ちたい、だ…

  2. テニス メンタル

    ダブルス

    「ミスしないで・・・」とアドバイスした時点で、ミスへの序章が始まる

    ダブルスのペアで試合中、皆さんどんな「声かけ」が多いですか?味…

  3. テニス メンタル

    ダブルス

    ダブルスの試合で、もし「自分の身体が反応」してしまったら、もう動いてしまおう

    ダブルスの試合で、例えば・・・打ち合わせしていないポーチに、つい身体が…

  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    サーブに力が無くてもキープに導く、前衛の心得5つ

    パートナーのサーブがイマイチ・・・でも、ダブルスの試合、いかに前衛とし…

  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスでフラット系のストローカーと対戦するなら・・・?

    「並行陣なんて、別に必要無いです」そんなご意見を、最近頂きまし…

  6. テニス ボレー

    ダブルス

    相手の前衛が消極的なら、雁行陣からでもどんどんセンター狙いでいこう!

    ダブルスの試合、実際は結構雁行陣での戦い、が多いですよね。学生…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス フットワーク

    ストローク

    踏み込んでストロークで攻撃、していくときには「高い位置でのテイクバック」で上から…
  2. テニス メンタル

    サーブ

    ダブルフォルトが止まらないときは、自分の作戦が決まっていない
  3. ストローク

    実際の試合のパッシングショットは、「ネットプレイヤーへの対抗策の一つ」です
  4. テニス テニスノート

    ボレー

    つないでいるボレーが相手の脅威になる、のが理想じゃないですか?
  5. テニス 環境

    ストローク

    テニスの試合において、「後ろに下がると、守る範囲は広くなってしまう」ので注意が必…
PAGE TOP