ダブルス

繰り返しますが、アナタのダブルスに必要なのは大胆さ、です

私は何度も、ダブルスは前衛が動くこと、の大切さを書いてきました。

ポーチに出る、というのが第一ですが、チェンジプレーやIフォーメーションだって、必要。

でも、大前提として、この意識みなさんと改めて共有したいと思います。

私たちに必要なのは、大胆さ。

そう、時に周りから見て引くくらいの大胆さ、が必要なんです。

 

繰り返しますが、アナタのダブルスに必要なのは大胆さ、です

 

1.どんどん空気、壊していこう

試合ですからね、勝つか負けるか。

結論その2つしかないなら、相手が嫌なことをテニスを通じて表現していかないと。

まだまだみなさん、相手や周りの様子を見ながら、のプレーになってはいませんか?

すごく、日本人の美徳には沿っていると思いますが、それだと勝てない。

正確に言えば、格上相手に勝てないんですよね。

思い切って、その場の空気を壊していくような勇気、あるでしょうか?

大胆さ、あるでしょうか?

ダブルスの試合ですから、それくらいの意識で良いと思いますよ。

 

2.1球目は絶対ポーチ、チェンジで良い

試合の最初のポイント、サービスゲームなら絶対にこれ。

私は相当意識しています。

最初のポイント、に出るからこそ意味があるし、大胆な行動になる。

こういうのって、最後の最後まで絶対に相手は引きずると思うんです。

普通は出ない、ですからね。

様子を見るじゃないですか、空気を読んで。

でも、アナタのダブルスは違う。

いきなり動いて、大胆に空気を壊す。

相手リターンからしても、一気に目が覚めて試合が怖くなる、もしかしたら恐怖を感じるかも知れません。

それくらの気迫、決断力、アナタにはありますか?

 

3.どんな目で見られても、2人なら大丈夫

ダブルスですからね、ペアで一つ、孤独ではない。

その意識で、ぜひ試合に臨んで欲しい。

ペアとしてのスタンス、は大事ですよ。

「ちょっと相手を脅かしてみよう」くらいの感覚、初心者の方ほど持って欲しいんです。

だって、普通に試合したって厳しいだけじゃないですか。

自分たちから大胆に動いて、何が出来るのか?

「いや、実際効かないよ・・・」と思っても、やってみないと分からない。

ぜひ、やってみて下さいよ。

アナタが思うほど、空気を壊すことって悪くないものですよ。

 

4.本当の敵は、周りの目を気にするアナタ自身

試合の後に、何を言われるか・・・。

なんてこと、もしかして気にしてないですか?

「あの人相手に、大胆にそんなこと・・・」

「身の程知らずな・・・」

とか、こんなことを言われるかも知れない、と思う自分自身。

それこそまさに、最大の敵です。

空気を壊せば、アナタ自身周りに敵が増えるんですよね。

これはまさに、日本社会の人間関係。

女性の方、ベテランやシニアの方は痛いほど分かると思います。

でも良いじゃないですか、こうやって「ふるい」にかけましょうよ。

自分たちは勝ちたい、ただその戦術を選択しただけですから。

離れていく人は、離れていけば良い、胸を張っていれば良いんです。

 

ダブルスの試合、シングルスよりアグレッシブに。

そのための前衛と後衛、二段構えですからね。

繰り返しますが、こういう作戦は失敗しても動けば相手にダメージが残る。

やって損は無い、ですよ。

ただし、空気を壊せばアナタの周りの空気も変わる。

それだけは、覚悟して挑んでいきましょう。

ピックアップ記事

  1. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  2. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  3. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  4. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」
  5. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで

関連記事

  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの攻撃の型は、「どちらか1人を崩して決める」がほとんど

    ダブルスの試合、みなさんが得点する時。ほとんどが、こういう形だ…

  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    長くダブルスを組んでいるペアは、仲間が助けて欲しい時を知っている

    試合の中で苦しいとき・・・たくさんありますよね。例えば、私はサ…

  3. テニス センス

    ダブルス

    自分の担当範囲を知らない前衛は、後衛を困らせてばかり

    ダブルスの試合で、前衛が触れない。こうなると、後衛は苦しいです…

  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    テニスの試合において、「ダブルスでペアの連携力を高める」ことができるオンコートでの習慣5つ

    ペアの連携力、日々アップさせていきたいですよね。でも具体的に何…

  5. テニス サーブ

    ダブルス

    何回もサーブのトスアップをやり直すと、味方の前衛はリズムを取り辛くなる

    サーブのトスアップ、皆さんは試合中何回くらい「やり直し」をすることがあ…

  6. テニス 戦術

    ダブルス

    ダブルスの試合、「雁行陣で行き詰ったとき」には、前衛が守備を捨てるのも有りだと思う

    ダブルスの試合、前衛の選手は動きが激しい。ボールを打っていなく…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス ガット

    テニス知識

    学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  2. テニス グッズ

    戦術

    ロブやドロップショットのような技は、数を打たないと絶対に上手くはなれない
  3. テニス 粘り

    フットワーク

    毎回打った後のポジションは、「変える」か「戻る」をハッキリさせよう
  4. テニス 序盤

    その他

    格上相手のテニスの試合では、「序盤の相手の様子見」を見逃してはいけない!
  5. テニス ミス

    戦術

    試合の流れが相手側にあるときにこそ、自分が焦ってはいけない
PAGE TOP