テニス ボレー

ボレー

ダブルスの試合で「2バックの粘るペア」を崩す為に必要なネットプレーの心得え4つ

学生でも社会人でも、「この相手はサーブが良いな・・・」と感じると、リターン側は2人ともペアでベースラインに下がる陣形を取ることがあります。

いざ、こういった守備的な陣形を目の前にしたときに、ダブルスの試合でどう戦うか・・・を、しkっかりイメージできていますか?

対策は普段の練習から。

部員や仲間内でも、試合を想定して練習して備えるようにしましょう!

 

ダブルスの試合で「2バックの粘るペア」を崩す為に必要なネットプレーの心得え4つ

 

1.「ドロップボレー」をしっかり身に付ける

相手がベースラインに2人で下がっている訳ですから、前のスペースを使うことは必須です。

ここで大切なのは、相手に触られても良いので自分達の優位は崩さないこと。

少し甘くなれば相手に攻め込まれるリスクもありますが、例えばバック側に打っておけばその攻撃力を削ぐことができます。

とにかくまずは、相手に「前」を意識させましょう。

 

2.同じ構えからの「深いボレー」を打てれば有効!

相手に「前」を意識させれば、当然深いボレーもより有効になります。

特にベースラインのセンターマーク辺りは、狙い目です。

ここを触ってくるほうのスペースは空きますので、また1.のドロップボレーも角度を付けたアングルボレーに切り替えましょう。

試合巧者なベテランのペアは、深いボレーはそのままボレーで返球すてくる可能性もあります。

この相手からの返球は、しっかり「ロブボレー」のケアも行うようにしましょう。

 

3.ネットに付いた2人の間を空けないように左右に両者で寄る陣形

アナタ自身がペア2人でネットを取っていても、そのポジションが正しくなければ相手に攻撃されます。

基本的には並行陣でも前後差を付けて、前衛と後衛の二段構えのポジションを取ること。

そして2人の間を空かないように、横の距離感を一定に保つことがポイントです。

 

4.ダブルスの醍醐味、前衛の思い切った動きも必要

対戦相手が2人とも下がっているのであれば、自分たちのペアの前衛はより攻撃的にいくべきです。

ポーチに出ることはもちろん、しっかり左右にフェイントをかけて動いて、自分のほうにボールを呼び込む意識を持ちましょう。

そして大切なのは、先ほども述べたようにしっかり「前に落とす」ドロップボレーで締めること。

ポーチボレーはつい、打ち込む意識が強くなりますが、ここはタッチで勝負しましょう。

 

大学の体育会テニスでは、こういった2バックのダブルスを良く見ます。

とにかくテニスの試合において勝つ、勝つ為の陣形を、彼ら彼女らは敷いてきているのです。

それを打ち崩すには、しっかりとした覚悟と根気が必要。

上にロブを上げられてミスして凹んでいるようでは、相手の思うツボ。

試合で慌てたりしないように、部活やサークルの練習の中でも常にこういった相手を想定して、練習するようにしましょう!

ピックアップ記事

  1. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!
  2. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  3. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  4. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  5. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適

関連記事

  1. ボレー

    ネットプレーで必要な、「スピン回転で沈んでくるボール」を、なぜスライスでボレーするのが難しいのか?

    スピンで足元に沈んでくるストロークを、ボレーで返球するのは難しい。…

  2. ボレー

    「ボレーがちょっと簡単に思える方法」回転量を意識するとテニスの試合も楽になる

    ボレーが苦手って思ってる人は、どんなミスしてるだろう。ネットに引っ…

  3. ボレー

    低い打点でのボレーは、無理やりスライスをかけようとしないでフラット気味でも良いと思う

    ローボレー、難しいですよね。何が難しいって、まず低い位置からボール…

  4. テニス メンタル

    ボレー

    サーブ&ボレーのファーストボレーこそ、先に面作りをして安定感をアップ

    前に出た時に難しい、ファーストボレー。たくさんやるべきことを考…

  5. テニス 練習

    ボレー

    テニス部としての練習で、「強引なネットプレーの練習」は必要!特に女子テニス部に

    普段のテニス部の練習、どうしてもストローク中心になっていませんか?…

  6. テニス ボレー

    ボレー

    「やっと届いたボレーなら、まず時間を稼ごう!」無理して大振りしても、ポイントを失うだけです

    ネットプレーでは、後ろでのプレーよりも守備範囲は限られてしまいます。…

特集記事

  1. テニス
  2. テニス フットワーク
  3. テニス
  4. テニス トレーニング
  5. テニス 防寒
  1. テニス メンタル

    テニススクール

    テニススクールで上達が早い人は、「球出し練習で先頭」に並ぶ人
  2. ストローク

    「トップスピンを掛けたい!!」打点とスイングスピードの調整が、テニスでは必要!
  3. メンタル

    やたらと「自分のテニスの理想を語りたがる人」は、きっと試合に出ていない人
  4. ボレー

    「切れ味抜群ボレー」をテニスの試合で活かす為には、抑える意識が必要
  5. テニス ストローク

    リターン

    遅いサーブにリターンで身体が泳いでしまう人は、「自分の間で引き付ける」意識を強く…
PAGE TOP