テニス ボレー

ボレー

ダブルスの試合で「2バックの粘るペア」を崩す為に必要なネットプレーの心得え4つ

学生でも社会人でも、「この相手はサーブが良いな・・・」と感じると、リターン側は2人ともペアでベースラインに下がる陣形を取ることがあります。

いざ、こういった守備的な陣形を目の前にしたときに、ダブルスの試合でどう戦うか・・・を、しkっかりイメージできていますか?

対策は普段の練習から。

部員や仲間内でも、試合を想定して練習して備えるようにしましょう!

 

ダブルスの試合で「2バックの粘るペア」を崩す為に必要なネットプレーの心得え4つ

 

1.「ドロップボレー」をしっかり身に付ける

相手がベースラインに2人で下がっている訳ですから、前のスペースを使うことは必須です。

ここで大切なのは、相手に触られても良いので自分達の優位は崩さないこと。

少し甘くなれば相手に攻め込まれるリスクもありますが、例えばバック側に打っておけばその攻撃力を削ぐことができます。

とにかくまずは、相手に「前」を意識させましょう。

 

2.同じ構えからの「深いボレー」を打てれば有効!

相手に「前」を意識させれば、当然深いボレーもより有効になります。

特にベースラインのセンターマーク辺りは、狙い目です。

ここを触ってくるほうのスペースは空きますので、また1.のドロップボレーも角度を付けたアングルボレーに切り替えましょう。

試合巧者なベテランのペアは、深いボレーはそのままボレーで返球すてくる可能性もあります。

この相手からの返球は、しっかり「ロブボレー」のケアも行うようにしましょう。

 

3.ネットに付いた2人の間を空けないように左右に両者で寄る陣形

アナタ自身がペア2人でネットを取っていても、そのポジションが正しくなければ相手に攻撃されます。

基本的には並行陣でも前後差を付けて、前衛と後衛の二段構えのポジションを取ること。

そして2人の間を空かないように、横の距離感を一定に保つことがポイントです。

 

4.ダブルスの醍醐味、前衛の思い切った動きも必要

対戦相手が2人とも下がっているのであれば、自分たちのペアの前衛はより攻撃的にいくべきです。

ポーチに出ることはもちろん、しっかり左右にフェイントをかけて動いて、自分のほうにボールを呼び込む意識を持ちましょう。

そして大切なのは、先ほども述べたようにしっかり「前に落とす」ドロップボレーで締めること。

ポーチボレーはつい、打ち込む意識が強くなりますが、ここはタッチで勝負しましょう。

 

大学の体育会テニスでは、こういった2バックのダブルスを良く見ます。

とにかくテニスの試合において勝つ、勝つ為の陣形を、彼ら彼女らは敷いてきているのです。

それを打ち崩すには、しっかりとした覚悟と根気が必要。

上にロブを上げられてミスして凹んでいるようでは、相手の思うツボ。

試合で慌てたりしないように、部活やサークルの練習の中でも常にこういった相手を想定して、練習するようにしましょう!

ピックアップ記事

  1. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  2. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう
  3. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  4. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  5. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…

関連記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    ハイボレーで抑えが効かない人は、「ラケット動作をアウトサイドイン」にすることで安定します!

    ボレーの基本はラケットと顔の距離を近くにすること。ですが、身体…

  2. テニス ストローク

    ボレー

    ローボレーが苦手な人が身に付けたい、「掴んで放すスライスボレー」のコツ4つ

    低い位置でのローボレー、苦手にしている人多いんじゃないでしょうか。…

  3. テニス ストローク

    ボレー

    試合の中でフォアハンドボレーの決定力が無い、と感じている人が意識したい5つのポイント

    フォアハンドボレー、試合の中で打つときには絶対にポイントを取りたい。…

  4. テニス ボレー

    ボレー

    緩いストロークをカットして前に出る、「カットボレー」はしっかりスライスをかけていこう

    前衛のボレーでもなく、後衛のストロークでもない。テニスでは、前…

  5. テニス ストローク

    ボレー

    フワッとしたネット際のボールは、前に詰めながら狙うコースを素早く決断しよう

    緩い、フワッとしたボレーが苦手な方。ネット際に浮いたボールを、…

  6. テニス ボレー

    ボレー

    ローボレーが安定しない人は、「すくい上げるようなラケットワーク」を止めてみよう

    テニスにおける難しい技術、ローボレー。低い位置のボレーはネット…

特集記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    柔らかいボレーを磨くには、「バランスボールの周りを、大きくなでるような動き」を身…
  2. テニス ストローク

    ストローク

    当たり前だけど、「ネットに近ければ近いほど」ドロップ系のショットは打ちやすくなる…
  3. テニス ボレー

    フットワーク

    テニスの試合では、遅いボールほど細かいステップで合わせていこう
  4. テニス ボレー

    ボレー

    ボレーでラケットを引いてしまう人は、「自分の肘を胸の前の位置に残す」意識で改革し…
  5. テニス シングルス

    テニススクール

    「趣味としてスクールでテニス」も良いけど、部活で頑張りたいその理由について
PAGE TOP