テニス ストローク

ストローク

試合で必要な「相手バックハンドに高く弾むスピン」に対応する為に、必要な4つのポイント

ストロークのラリー戦で、厄介なこと。

人それぞれでしょうが、誰でも「バックハンドの高い打点」で打たされること、はその中の候補に入るはず。

錦織選手もフェデラー選手も、この高い打点でのバックハンドを攻撃されて苦戦する試合は多く見受けられます。

皆さんはこの課題に、どのようにして対処をしていますか?

相手から攻撃される、ことが分かっているのであればしっかりと対策を練って準備しておきましょう。

 

試合で必要な「相手バックハンドに高く弾むスピン」に対応する為に、必要な4つのポイント

 


 

1.ライジングショットで前に入って打つ

まずは「打つポジション」を、思い切って前にする。

その為には、ライジングショットの技術を身に付けることが大事です。

高いテイクバックで準備して、肩と腰の間くらいの高さで打てるようにする。

その為には、ボールの落ちる場所をしっかり把握して、しっかりバウンド地点に近付いていく必要があります。

まずは普段のラリー練習、球出し練習から意識して練習して打っていきましょう。

 

2.ネットプレーを入れていく

相手は高い軌道で深く、アナタのバックハンドを攻撃してくる。

だからこそ、適度にネットプレーを入れることで相手は山なりのボールが打てなくなる。

結果的にバック側を攻撃される機会が少なくなるでしょう。

ボレーが打てない、というのは理由になりません。

まずはネットプレーを見せる、しっかり相手に印象付けることが大事です。

 

3.先にバックハンドの高い打点を攻撃する

相手に攻撃されたくなければ、先に主導権を握る。

バックハンドの高い打点を攻撃できれば、アナタが同じような攻撃をされる機会は減ります。

守備的なプレーはもちろん大事ですが、相手が格上であればなおさら、先に攻撃していくという意識も大事。

その為にも、先にバックハンドの高い打点を攻撃しておくことで、フォア側にスペースも空くでしょう。

 

4.回り込んでのフォアハンドを磨く

思い切って、フォアハンド側のスペースを空けて待つ。

バックハンドを攻撃される、と分かっていれば自分のポジションを変えておくことも、テニスの試合では大事です。

回り込みのフォアハンドを磨いて、フットワークもしっかり鍛えておけば、バックハンドを攻撃されることは怖くありません。

確かにフォア側にスペースは出来ますが、しっかり逆クロスへ攻撃的なフォアハンドが打てれば、反撃は怖くない。

相手はきっと、バック側に打つことに躊躇してくれるでしょう。

 

バックハンドの高い打点、から避けることは難しい。

しっかりと向き合って、そのうえで「アナタらしい対策」をしっかり練って実践してみて下さい。

2+4、のように自分で組み合わせて、新しいテニスを作っていく。

試合前の準備、練習でしっかり磨いていきましょう。

ピックアップ記事

  1. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…
  2. 「第2回 読者ミーティング」を開催します
  3. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  4. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  5. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品

関連記事

  1. テニス ストローク
  2. テニス メンタル

    ストローク

    ストロークのラリーを制する人は、癖や法則を掴むのが上手い

    現実的に、試合の中で相手を観てみる。そうすると、実はストローク…

  3. テニス 準備

    ストローク

    ドロップショットをしっかり止めるには・・・?

    ストロークを打つ構えから、スッ・・・とドロップショット、試合で使いたい…

  4. テニス スライス

    ストローク

    スライスの守りのショットが浮いてしまう方は、ココをチェック!

    スライスで、相手の攻撃を返す、粘る。こういう1本が、テニスの試…

  5. テニス ダブルス

    ストローク

    ダブルスの試合、「雁行陣で前衛が抜かれてチェンジ」するなら、後衛はできるだけ回り込みフォアハンドで!…

    ダブルスの試合、私は相手のストローク力を測るときに一つの基準があります…

  6. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークの準備が遅い人ほど、打点が前過ぎてコントロールが出来なくなる

    「え?後ろじゃなくて?」と思った方も多いと思います。いや、これ…

特集記事

  1. ストローク

    テニスの試合で、「スライス回転がしっかりかかったボレー」を返球する為に、必要なス…
  2. ボレー

    「ボレー、多方向へ打てるかい?」テニスの試合では、人のいないコースを狙おう!
  3. テニス ロブ

    ダブルス

    テニスの試合において「ダブルスの前衛は、貯金を上手く活用する」という意識が効果的…
  4. テニス 練習

    ボレー

    なぜ、上級者のドロップボレーは触れないのか?
  5. テニス メンタル

    テニス知識

    「これが意外と使える!」テニスの試合会場で役立つモノ
PAGE TOP