テニス ストローク

ストローク

試合で必要な「相手バックハンドに高く弾むスピン」に対応する為に、必要な4つのポイント

ストロークのラリー戦で、厄介なこと。

人それぞれでしょうが、誰でも「バックハンドの高い打点」で打たされること、はその中の候補に入るはず。

錦織選手もフェデラー選手も、この高い打点でのバックハンドを攻撃されて苦戦する試合は多く見受けられます。

皆さんはこの課題に、どのようにして対処をしていますか?

相手から攻撃される、ことが分かっているのであればしっかりと対策を練って準備しておきましょう。

 

試合で必要な「相手バックハンドに高く弾むスピン」に対応する為に、必要な4つのポイント

 


 

1.ライジングショットで前に入って打つ

まずは「打つポジション」を、思い切って前にする。

その為には、ライジングショットの技術を身に付けることが大事です。

高いテイクバックで準備して、肩と腰の間くらいの高さで打てるようにする。

その為には、ボールの落ちる場所をしっかり把握して、しっかりバウンド地点に近付いていく必要があります。

まずは普段のラリー練習、球出し練習から意識して練習して打っていきましょう。

 

2.ネットプレーを入れていく

相手は高い軌道で深く、アナタのバックハンドを攻撃してくる。

だからこそ、適度にネットプレーを入れることで相手は山なりのボールが打てなくなる。

結果的にバック側を攻撃される機会が少なくなるでしょう。

ボレーが打てない、というのは理由になりません。

まずはネットプレーを見せる、しっかり相手に印象付けることが大事です。

 

3.先にバックハンドの高い打点を攻撃する

相手に攻撃されたくなければ、先に主導権を握る。

バックハンドの高い打点を攻撃できれば、アナタが同じような攻撃をされる機会は減ります。

守備的なプレーはもちろん大事ですが、相手が格上であればなおさら、先に攻撃していくという意識も大事。

その為にも、先にバックハンドの高い打点を攻撃しておくことで、フォア側にスペースも空くでしょう。

 

4.回り込んでのフォアハンドを磨く

思い切って、フォアハンド側のスペースを空けて待つ。

バックハンドを攻撃される、と分かっていれば自分のポジションを変えておくことも、テニスの試合では大事です。

回り込みのフォアハンドを磨いて、フットワークもしっかり鍛えておけば、バックハンドを攻撃されることは怖くありません。

確かにフォア側にスペースは出来ますが、しっかり逆クロスへ攻撃的なフォアハンドが打てれば、反撃は怖くない。

相手はきっと、バック側に打つことに躊躇してくれるでしょう。

 

バックハンドの高い打点、から避けることは難しい。

しっかりと向き合って、そのうえで「アナタらしい対策」をしっかり練って実践してみて下さい。

2+4、のように自分で組み合わせて、新しいテニスを作っていく。

試合前の準備、練習でしっかり磨いていきましょう。

ピックアップ記事

  1. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  2. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  3. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  4. 雨が多い時期の試合は、防水スプレーは必須アイテム
  5. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…

関連記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    攻撃的なストロークを打つ上での基本、「腕を伸ばして打点を前」を確認しておくとライジングショットも打ち…

    ストロークを攻撃的に改良していきたい、と考えている人は、しっかり「一番…

  2. テニス フットワーク

    ストローク

    ストロークで振り切れない時期は、あのラリーでイメージ回復

    普段の皆さんのウォーミングアップ、は短い距離のショートラリー、からが多…

  3. テニス 錦織圭
  4. テニス ストローク

    ストローク

    硬式テニスで「ストロークをクロス方向にしっかり打つ」なら、ボールの外側を捕らえよう!

    クロス方向へのストローク、テニスの基本。硬式テニスでは、シング…

  5. テニス ストローク

    ストローク

    フォアハンドストロークで回り込みが甘い人は、「ストレートにも打てるという雰囲気」が足りない

    ストロークを得意としている選手は、ほぼ全員「フォアハンドの回り込み」を…

  6. テニス ストローク

    ストローク

    ボレーヤーをストロークで崩すなら、ラストは前しかない!

    ボレーヤー相手に、ストロークで崩していきたい。これは、特にダブ…

特集記事

  1. 戦術

    試合をリードするから自由が生まれる、という発想を
  2. 練習メニュー

    練習メニュー

    前衛のプレッシャーに耐える、実戦的な並行陣のボレーを磨く練習メニュー
  3. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークでネットにかかるミスが多い人は、「地面にアゴを付けて下からネット」をじ…
  4. テニス ストローク

    メンタル

    試合の後には反省だけでなく、「ポイントが獲れたパターン」も客観的に確認して次につ…
  5. テニス テイクバック

    ボレー

    スライスで追い込んでロブケア、はネットプレーの基本戦術
PAGE TOP