テニス スライス

ストローク

ラリーをせずに、すぐに決めに来る相手への対策は?

試合が始まってみて、やりにくい相手。

色々あると思いますが、リズムが取り辛い相手ってこんな感じじゃないでしょうか?

とにかく打って来る、展開が速くてラリー出来ない。

みなさん、慌てる必要はありませんよ。

 

ラリーをせずに、すぐに決めに来る相手への対策は?

 

1.速い展開は、どんどん打たせていこう

私は、こういう展開が速い相手にはどんどん打たせていきます。

とにかく、焦らないこと。

焦って「自分も展開していかないと!」と思うと、事前に準備してきたことが崩れていきます。

相手に、ある程度打たせて良い。

こちらは出来るだけミスを減らして、決められる分にはOK、のスタンスでいきましょう。

ラリーが続く、長くなればこちらのペース。

ポイントの取った、取られたは、序盤では気にしないで良いと思います。

 

2.全部が入るなら、同じ大会には出ていない

だって、そうじゃないですか。

速い展開でバンバン入る、ポイントを安定して取れる相手なら、とっくに上のカテゴリにいるはず。

もちろん、たまに草大会でも化け物みたいなの、いますけどね。

そうなったら、それこそよりラリーをしたい、回数を増やすことに意識を置いた方が良いでしょう。

自分と実力は、大して変わらない。

違うのはプレースタイル、テニスに対する考え方、です。

だからこそ、アナタ自身はしっかりいつも通り、準備してきた作戦を実行していくだけで良いんです。

 

3.打って来る相手には、どんどん「無理」をさせよう

テニスは確率論のスポーツ。

無理は絶対、続きません。

例えば打点が低いストロークを強打、ネットより低い位置でボレー、これはミスが増える。

だからこそ、こういうショットを相手に打ってもらう。

同じ展開されるのでも、無理した展開、を相手にやってもらうことが大事。

自滅してもらうには、何かしら相手に仕掛けていかないといけないですからね。

打って来る相手を、まずは恐れないこと。

恐れず、しっかり罠を用意して対応すること。

冷静さを保てれば、自然とアナタの勝利は近付いて来ます。

 

4.後ろで粘れないなら、前に出るというのも選択肢に

私はいつも、こういう相手こそ自分から前に出ます。

後ろで粘るのが基本ですが、それだけだと相手も慣れて来る。

慣れて来るからこそ、変化が大事。

それに、バンバン打って来るのが入る可能性もありますからね。

そうなると、前でプレッシャーをかけていかないと、辛い。

結構、攻撃的な相手ほど、攻撃されるのは嫌なモノ。

ぜひ、積極策で粘る、相手のミスを誘う、というのも意識してみて下さい。

 

打って来る相手、展開が速い相手も、トーナメント会場にはいます。

だからこそ、しっかり準備する、狼狽えない。

ちょっとの心の隙、に相手は入り込んで来ます。

特に男性の方の試合、ですかね。

バンバン打って来る相手、絶対にいますから。

ぜひ、そんな相手にみなさんは勝って欲しい。

期待してます!

ピックアップ記事

  1. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?
  2. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー
  3. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品
  4. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  5. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利

関連記事

  1. テニス ボレー

    ストローク

    回転をたくさんかけるのが、良いショットだと思う?

    ストロークのボールの回転量、みなさんどうでしょうか?多いと思う…

  2. テニス ストローク

    ストローク

    深いボールに振り遅れる人は、「ターンの速さ」の改善で強くなれる!

    試合に強い選手は、ストロークが安定している。安定感があるように…

  3. テニス ボレー

    ストローク

    「ストロークを前衛の足元に沈めたい・・・」並行陣を崩すコンパクトなストローク術5つ

    ダブルスの試合で、レベルが上がると増えてくるのが並行陣。高校生…

  4. テニス メンタル

    ストローク

    大事な試合でビビッてしまったときの、ストローク対応策4つ

    皆さんも大事な試合で、経験あるんじゃないでしょうか・・・。どう…

  5. ストローク

    「オープンスタンスでフォアハンドストローク」テニスの試合でつなぎには最適ですが・・・

    フォアハンドストロークのオープンスタンスは便利!!!ムチャクチ…

  6. テニス ストローク

    ストローク

    手打ちにならないストローク、に変えていく5つのヒント

    怪我が少なく、試合でも勝てるストローク。その為には、やはり「手…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス テニスボール

    メンタル

    「テニスの試合に勝てない・・・」スランプに陥ったら、答えはきっと試合の現場にある…
  2. テニス ボレー

    ボレー

    ボレーは、「スライス回転をかけるから安定する」ことに気付けると、テニスはもっと楽…
  3. テニス メンタル

    サーブ

    セカンドサーブからのポイント獲得率は、50%で良い
  4. テニス 並行陣

    ストローク

    ストローク力の低下に悩むシニアプレイヤーの皆さんは、ベースライン上でのポジショニ…
  5. テニス ストローク

    戦術

    本気で戦法をやってみれば、その弱点は見えてくる
PAGE TOP