テニス サーブ

リターン

テニスの試合、「トスに勝ってリターンゲームから始める」ことで得られるメリット3つ

試合前のトスアップ、アナタはいつもどんなスタンスで臨んでいますか?

「サーブが得意なので、当然サーブから!」

「とにかく風下は嫌だから、風上から・・・」

「最初のサーブは、まぶしくない方から打ちたい・・・」

など、色々な考えがあると思います。

私が現役で試合に出ていた頃は・・・結構「リターン」から選んで試合に入るケースが多かったです。

その理由について、書いてみます!

 

テニスの試合、「トスに勝ってリターンゲームから始める」ことで得られるメリット3つ

 


 

1.試合の序盤は身体が動き辛い

試合の序盤は、なかなか身体もあったまらないで動きが鈍い。

そんな中で、静から動へのサーブから始めるのは結構リスクが高いと思っています。

もちろんサーブに自信があってゲームを先行していければ理想ですが、サーブにそれほど自信が無くむしろリターンの方が好きでしたので、この作戦に。

リターンであれば、自分からどれだけ動いてもフットフォルトも無いし、前に行くのも楽。

スタートダッシュ、エンジン全開に早くなる為には、リターンからの方がリズムを作りやすいと思います。

 

2.トスの勝負で負けても、勝ったと思って試合に入れる

やや逆説的ですが、だいたい男性はトスで勝ったらサーブを選ぶ。

ということは、リターンゲームから入ることに慣れておけば、トスに勝っても負けても「自分のペース」で試合に入っていくことが出来ます。

ちょっとしたことですが、「自分のペースで試合に入る」というのは、本当に大事なこと。

もちろん、トスアップに負けてリターンを選択される、というケースもありますが・・・意外と稀な気がします。

女性ですとリターンを選ぶ方も多いので、サーブから入る試合も多くなることは頭に入れておいた方が良いですね。

 

3.一番ブレイクしやすいのは、最初のゲーム

学生や一般の方の大会ですと、最初のゲームはブレイクしやすい。

こう思っておいて損は無いでしょう。

攻撃的に、しっかり自分のテニスをリターンから出来れば、相手は脅威に感じてくれるはず。

まだまだセットの序盤、いつでも挽回できる・・・という油断が、少し働いているのかも知れません。

こういった細かい隙を、見逃す手はありません。

ぜひ最初のゲームでリターンから攻勢に出て、ファーストゲームブレイクを狙いましょう!

 

サーブが得意な選手も、実際にはたくさんいます。

リターンから試合に入って、「失敗したかも・・・」と思うこともあると思いますが、まずは自分の中で指針を持ちましょう。

トスアップが終わってから、「どうしようかな・・・」なんて考えるようでは、テニス選手として失格です。

事前にしっかりテニスのプランを立てて、コートに入る。

トスアップからの選択一つですが、意識を高く持っていきましょう!

ピックアップ記事

  1. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  2. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」
  3. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  4. T-PRESS 読者アンケートにご協力をお願いします
  5. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選

関連記事

  1. リターン

    ダブルス上級者を目指すなら、「リターンからのチェンジプレー」も対戦相手に積極的に見せていこう

    ダブルスの試合、「リターンをポーチに出る」という作戦を実践しているペア…

  2. テニス ストローク

    リターン

    リターン時の身体の向きは、少しだけコートの内側向きに

    リターンをしっかり、返球したい。そう考えると、しっかり身体の向…

  3. リターン

    サーブが強力な相手、にダブルスの試合で対抗する戦術について

    サーブが強力な相手と、ダブルスで戦う。これって本当に厄介ですよ…

  4. テニス メンタル

    リターン

    サーブを打つときに「リターンの名手、はテニスの大会で厄介な相手」事前の準備で対応策を!

    サーブは苦手だけどリターンは得意!という方、たまにいらっしゃいます。…

  5. リターン

    リターンロブから相手を崩して、シンプルに決める方法

    ダブルスの試合で、リターンロブから相手を崩す。良いサーブを持っ…

  6. リターン

    リターンで攻撃していく時も、軸足作りを徹底しよう

    攻撃的なリターンで相手を追い込んでいくとき。つい、前がかりにな…

特集記事

  1. テニス メンタル

    ストローク

    「バックハンドストロークが安定しない!」人はチェックして欲しい5つのポイント
  2. ボレー

    フォアハンドのボレーで、「スライス回転をかけたいから手首でこね回してしまう」人の…
  3. サーブ

    サーブの強化とは、多様性
  4. テニススクール

    1対n の教育では、強くなれない
  5. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスの試合では、「精神的に自分が落ち着ける場所」をコート後方に作りましょう…
PAGE TOP