テニス ストローク

ダブルス

ダブルスの試合で「ストレートロブ」を相手前衛に触らせると、上手く陣形を崩せて攻撃できます

ダブルスの試合にたくさん出ている人は、様々な攻撃パターンをもっていると思います。

中でもオススメなのが相手前衛の上にストレートのロブを上げて、あえて触らせてから攻撃していくパターン。

低くて低いロブ、を上手く相手のバックハンド側に打つことが出来れば効果的です。

ぜひ、ダブルスの実戦で試してみて下さい。

 

ダブルスの試合で「ストレートロブ」を相手前衛に触らせると、上手く陣形を崩せて攻撃できます

 


 

■ロブは抜かなくてもOK!

テニスにおいて、ロブを打つ時に「触られたらまずい・・・」と思ってしまう。

この発想は、もったいないのです。

当然楽にスマッシュを打たれるような甘いロブはダメですが、相手のバックハンドでハイボレーを打たせる、そしてポジションを後ろに下げさせることができれば、そのロブは大成功!

特にダブルスではコート上に2人いるわけですから、オープンコートも少ないので反撃しやすい。

相手前衛に上手く触らせて、しかもそのパートナーもカバーに走っている・・・ような場面をイメージしてみて下さい。

とっても崩しやすい、攻撃しやすいような風景に見えませんか?

 

■低くて速いロブは、ダブルス巧者の隠し武器!

ロブには高さと深さが必要。

というのは基本的な考え方ですが、深いとアウトするリスクもありますし、高いと追いつかれてスマッシュを打たれる可能性があります。

では、低くて速いロブ・・・だとどうでしょうか?

相手は準備する間もなく自分のところまでボールが飛んで来ますし、速いと後衛とチェンジしてもその後衛が追い付けないような球筋になります。

これをダブルスで、使わない手はありません。

ぜひ相手のバック側に速くて低いロブを上げて、触らせるくらいのイメージで崩していきましょう。

 

■触るも失点、触らないも失点

このロブは、触るとしても処理が難しい。

バックハンドの高い位置は最も力が入り辛いですし、女性であればそもそも両手バックハンドボレーはリーチも短い。

かといって、触らないで後衛に任せても、速いボールですので追いつくのがやっと・・・という感じになってしまうようなシチュエーション、理想です。

つまりは、触っても触らなくても、自分たちの失点になってしまう・・・ような絶望感を与えることが出来るのです。

これを一度くらってしまうと、相手としては精神的にもかなり追い込まれた状況になるはずです。

コンビネーションを崩す、流れを変えるという意味でも、効果的な作戦だと思います。

 

ロブ、というとどうしても若い学生の皆さんは敬遠するような傾向にあります。

ですが、力強いストロークをより活かしたいのであれば、やはりバリエーションとしてのロブは持っておいて損は無いと思います。

雁行陣を活かすのも、ストレートロブ次第。

ぜひ、積極的に相手前衛には触らせましょう。

ただし、バックハンドのハイボレーで・・・。

ピックアップ記事

  1. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  2. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  3. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に
  4. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道
  5. 【応募受付完了しました】佐藤プロ&土居コーチ 無料レッスン 9/1(火) 15~…

関連記事

  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合で、「しまった・・・出れた・・・」と思った相手前衛の顔を見逃すな!

    ダブルスの試合、強い選手はストレートアタックが上手い。相手がポ…

  2. テニス メンタル

    ダブルス

    ミックスダブルス必勝法は、男女でのラリーをどう戦うか

    ミックスダブルスで、勝率が悪いペアの原因は何なのか。きっと、勝…

  3. テニス メンタル

    ダブルス

    ダブルスの試合で、「2人で同時にボールを追ってしまう」形になったときには・・・・?

    どんなに練習を積んだペアでも、ミスは起きる。テニスの試合では、…

  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    ミックスダブルス、「男性のサービスゲーム」こそ実はチャンス!

    ミックスダブルスで、楽に相手を崩す方法。そんなのがあれば・・・…

  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    「ダブルスペアの理想的な組み合わせは?」について、両者のプレースタイルの違いから考えてみる

    ダブルスペアは、どういう組み合わせが効果的なのか?これについて…

  6. テニス ボレー

    ダブルス

    相手の前衛が消極的なら、雁行陣からでもどんどんセンター狙いでいこう!

    ダブルスの試合、実際は結構雁行陣での戦い、が多いですよね。学生…

特集記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    自分への疑いが晴れれば、自信に変わる
  2. テニス 陸上

    戦術

    試合はプレゼン、出来ることは全部やろう!
  3. テニス サーブ

    サーブ

    セカンドサーブを打っている自分、をもっと受け入れていかないと
  4. ストローク

    ストロークのラリー戦で、「どのエリアにバウンドしたボールから攻撃していくか?」は…
  5. 練習

    テニス知識

    「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
PAGE TOP