テニス ストローク

ダブルス

ダブルスの試合で「ストレートロブ」を相手前衛に触らせると、上手く陣形を崩せて攻撃できます

ダブルスの試合にたくさん出ている人は、様々な攻撃パターンをもっていると思います。

中でもオススメなのが相手前衛の上にストレートのロブを上げて、あえて触らせてから攻撃していくパターン。

低くて低いロブ、を上手く相手のバックハンド側に打つことが出来れば効果的です。

ぜひ、ダブルスの実戦で試してみて下さい。

 

ダブルスの試合で「ストレートロブ」を相手前衛に触らせると、上手く陣形を崩せて攻撃できます

 


 

■ロブは抜かなくてもOK!

テニスにおいて、ロブを打つ時に「触られたらまずい・・・」と思ってしまう。

この発想は、もったいないのです。

当然楽にスマッシュを打たれるような甘いロブはダメですが、相手のバックハンドでハイボレーを打たせる、そしてポジションを後ろに下げさせることができれば、そのロブは大成功!

特にダブルスではコート上に2人いるわけですから、オープンコートも少ないので反撃しやすい。

相手前衛に上手く触らせて、しかもそのパートナーもカバーに走っている・・・ような場面をイメージしてみて下さい。

とっても崩しやすい、攻撃しやすいような風景に見えませんか?

 

■低くて速いロブは、ダブルス巧者の隠し武器!

ロブには高さと深さが必要。

というのは基本的な考え方ですが、深いとアウトするリスクもありますし、高いと追いつかれてスマッシュを打たれる可能性があります。

では、低くて速いロブ・・・だとどうでしょうか?

相手は準備する間もなく自分のところまでボールが飛んで来ますし、速いと後衛とチェンジしてもその後衛が追い付けないような球筋になります。

これをダブルスで、使わない手はありません。

ぜひ相手のバック側に速くて低いロブを上げて、触らせるくらいのイメージで崩していきましょう。

 

■触るも失点、触らないも失点

このロブは、触るとしても処理が難しい。

バックハンドの高い位置は最も力が入り辛いですし、女性であればそもそも両手バックハンドボレーはリーチも短い。

かといって、触らないで後衛に任せても、速いボールですので追いつくのがやっと・・・という感じになってしまうようなシチュエーション、理想です。

つまりは、触っても触らなくても、自分たちの失点になってしまう・・・ような絶望感を与えることが出来るのです。

これを一度くらってしまうと、相手としては精神的にもかなり追い込まれた状況になるはずです。

コンビネーションを崩す、流れを変えるという意味でも、効果的な作戦だと思います。

 

ロブ、というとどうしても若い学生の皆さんは敬遠するような傾向にあります。

ですが、力強いストロークをより活かしたいのであれば、やはりバリエーションとしてのロブは持っておいて損は無いと思います。

雁行陣を活かすのも、ストレートロブ次第。

ぜひ、積極的に相手前衛には触らせましょう。

ただし、バックハンドのハイボレーで・・・。

ピックアップ記事

  1. YouTubeチャンネル登録200人、ありがとう御座います
  2. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  3. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  4. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  5. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ

関連記事

  1. ダブルス

    自信満々、な相手の方がポーチが効く

    ダブルスの試合で、何だか相手が自信満々。ストローク、リターンも…

  2. テニス センス

    ダブルス

    自分の担当範囲を知らない前衛は、後衛を困らせてばかり

    ダブルスの試合で、前衛が触れない。こうなると、後衛は苦しいです…

  3. テニス ストローク

    ダブルス

    「だからダブルスが嫌いなんだよ!」テニスの試合では自分がやられて嫌なことを相手にやってみよう

    ダブルスって楽しい・・・そう思えるようになったのはいつからだろう?…

  4. ダブルス

    ダブルスの試合で、「前衛のボールか後衛のボールか、分からない・・・」人はこうやって判断しましょう

    ダブルスの試合では、陣形に関わらず「前衛と後衛」で役割が異なります。…

  5. テニス ストローク

    ダブルス

    ダブルスの試合でのサインプレーの仕掛け所は、相手が落ち込んでいるタイミングが一番効果的

    ダブルスの試合で、サインプレーをどこで入れていくのか。サーブを…

  6. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合で必要な、「ゲームメイクと展開力」を身に付ける為に必要な意識とは?

    ダブルスが上手い選手は、ゲームやポイントを作っていくのが上手いと言われ…

特集記事

  1. リターン

    ビッグサーバー相手にこそ、リターンはポジションが鍵
  2. リターン

    相手のファーストサーブは、1種類じゃない
  3. テニス ストローク

    フットワーク

    テニスのポジショニングが分からない人は、「自分の守備出来るテリトリー」を把握しよ…
  4. テニス ダブルス

    その他

    「指示されたことをやるので精一杯」な状態では、人は成長し辛いと思う
  5. テニス 目

    リターン

    「睨みを利かせる」ことで、ポーチ予防になる!
PAGE TOP