テニス スライス

ボレー

相手の足下にショットが打てるときには、迷わずポジションを前に上げよう

これも、何度も書いてきたテーマです。

ですが非常に大事なことですので、改めて。

前に出て攻撃する、ポジションを上げていかないと、試合では勝てない。

特にダブルスでは、大事な考え方になってきます。

 

相手の足下にショットが打てるときには、迷わずポジションを前に上げよう

 

1.ダブルスの特権って、何だろう?

シングルスとの違い、それは当たり前ですが、2人いるということ。

コート上で、2人で攻撃していけるのが、ダブルスの魅力ですね。

つまり、1人が打っている間に、もう1人は自由に動ける。

後衛が打っている間に前衛が動く、のが基本ですが、もっと掘り下げて考えてみましょう。

後衛が相手の足下に打てる、沈められる、時には前衛は前に出る。

この理由、分かりますよね?

 

2.足下からは、上方向にしか打てない

テニスにはネット、がありますから。

この1メートルくらいのネット、がアナタの味方になってくれる。

相手の足下に打った後、にはしっかり前に詰めることで、上に上がって来るボールを叩ける、のがテニスです。

相手が打ってから前に出ても、もう遅い。

相手が触る瞬間には、前のポジションを取っておく、ことが大事なんです。

上方向に打って来る相手、にプレッシャーをかけること、がダブルスの常套手段ですから。

 

3.出来ればバックボレー、に触らせていこう

遅いボールでも良い、とにかくバック狙い。

相手にハーフボレー、を打たせることが一番ですよね。

スライスでも良いので、しっかりコントロールすること、が大事です。

試合の緊張した場面では、つい「バックハンド狙い」が疎かになりがち。

特に相手が前、ネットに出てきていると、バック狙いなんて頭から飛んでしまっていませんか?

バックボレーの足下、を狙うこと。

これが出来れば、前に出るチャンスが大きく広がります。

 

4.相手が上手くて、足下から足下、に切り返されたら・・・?

でも、試合はそう甘くない。

実際に、相手が上手くなると、足下に打っても簡単には浮いて来ない。

それどころか、こちらの足下へ切り返して来るような返球、も打って来る。

そうなると、どうでしょう?

しっかり対応策が必要ですよね。

私なら、そこからロブボレー、で切り返します。

相手は足下に打たれて、意識が下方向にいってますから。

上に打たれること、で反応は難しくなる。

足下から足下、への対応も身体で反応出来るように、しっかり練習しておきましょう。

 

「ネットで勝負、しようぜ!」と、相手に話しかけていく。

試合では、これくらいの意識が大事ですよ。

足下に打って前に出る、まずはやってみて下さい。

試合慣れしていない相手なら、それだけでビビってミスしてくれる。

きっと、効果テキメンですよ。

ピックアップ記事

  1. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  2. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう
  3. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  4. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に
  5. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!

関連記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    ポーチボレーでいつもミスしてしまうのは、「自分のボディに近いボール」のさばき方を知らないから

    「ダブルスの試合、ポーチに出ても決まらなくて・・・」というお悩み、たく…

  2. テニス ボレー

    ボレー

    ダブルスの試合で「2バックの粘るペア」を崩す為に必要なネットプレーの心得え4つ

    学生でも社会人でも、「この相手はサーブが良いな・・・」と感じると、リタ…

  3. テニス リターン

    ボレー

    ローボレーが苦手な人は、「ネット上50cmを狙ってスライス回転」をかければ上手くいく!

    ネットより低い位置のボレー。に、苦手意識を持っている人は多いで…

  4. テニス ストローク

    ボレー

    「ドライブボレーは難しい・・・」と思っている方は、打点の高さを意識すれば楽に打てます!

    女子選手の試合を観ていると、プロでもジュニア選手でもドライブボレーを使…

  5. ボレー

    ダブルスの前衛で、ストレートに誘った後のボレーは「シンプルにラケット面を作るだけ」で充分!

    ダブルスで前衛にいるときに、ポーチに出て決めた後はストレートに誘いたい…

  6. テニス メンタル

    ボレー

    試合中の「ネットプレーでのミス」を、相手は絶対引きずっている

    「あ、これは楽になるな・・・」と思うのは、こういう場面。皆さん…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス スライス

    ストローク

    「攻撃的なスライスと守備的なスライス」をしっかり使い分けたストローク術とは?
  2. テニス サーブ

    サーブ

    ファーストサーブを、もっと回転系のサーブに変えていかない?
  3. テニス メンタル

    戦術

    試合で負けるときは、「試合中に自分で負けた・・・」と決めている場合がほとんど
  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    テニスのダブルスの試合で、「お互い合わせてつなぐボレー戦」になったとき足が止まる…
  5. テニス メンタル

    メンタル

    テニスにおける経験値は、テニスを初めてからの時間の長さは関係無い!
PAGE TOP