テニス スライス

ボレー

相手の足下にショットが打てるときには、迷わずポジションを前に上げよう

これも、何度も書いてきたテーマです。

ですが非常に大事なことですので、改めて。

前に出て攻撃する、ポジションを上げていかないと、試合では勝てない。

特にダブルスでは、大事な考え方になってきます。

 

相手の足下にショットが打てるときには、迷わずポジションを前に上げよう

 


 

1.ダブルスの特権って、何だろう?

シングルスとの違い、それは当たり前ですが、2人いるということ。

コート上で、2人で攻撃していけるのが、ダブルスの魅力ですね。

つまり、1人が打っている間に、もう1人は自由に動ける。

後衛が打っている間に前衛が動く、のが基本ですが、もっと掘り下げて考えてみましょう。

後衛が相手の足下に打てる、沈められる、時には前衛は前に出る。

この理由、分かりますよね?

 

2.足下からは、上方向にしか打てない

テニスにはネット、がありますから。

この1メートルくらいのネット、がアナタの味方になってくれる。

相手の足下に打った後、にはしっかり前に詰めることで、上に上がって来るボールを叩ける、のがテニスです。

相手が打ってから前に出ても、もう遅い。

相手が触る瞬間には、前のポジションを取っておく、ことが大事なんです。

上方向に打って来る相手、にプレッシャーをかけること、がダブルスの常套手段ですから。

 

3.出来ればバックボレー、に触らせていこう

遅いボールでも良い、とにかくバック狙い。

相手にハーフボレー、を打たせることが一番ですよね。

スライスでも良いので、しっかりコントロールすること、が大事です。

試合の緊張した場面では、つい「バックハンド狙い」が疎かになりがち。

特に相手が前、ネットに出てきていると、バック狙いなんて頭から飛んでしまっていませんか?

バックボレーの足下、を狙うこと。

これが出来れば、前に出るチャンスが大きく広がります。

 

4.相手が上手くて、足下から足下、に切り返されたら・・・?

でも、試合はそう甘くない。

実際に、相手が上手くなると、足下に打っても簡単には浮いて来ない。

それどころか、こちらの足下へ切り返して来るような返球、も打って来る。

そうなると、どうでしょう?

しっかり対応策が必要ですよね。

私なら、そこからロブボレー、で切り返します。

相手は足下に打たれて、意識が下方向にいってますから。

上に打たれること、で反応は難しくなる。

足下から足下、への対応も身体で反応出来るように、しっかり練習しておきましょう。

 

「ネットで勝負、しようぜ!」と、相手に話しかけていく。

試合では、これくらいの意識が大事ですよ。

足下に打って前に出る、まずはやってみて下さい。

試合慣れしていない相手なら、それだけでビビってミスしてくれる。

きっと、効果テキメンですよ。

ピックアップ記事

  1. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ
  2. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  3. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  4. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと
  5. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!

関連記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    「あえて、前に踏み込まない」ボレーを鍛えておくと、粘り強いネットプレーヤーになれる

    ボレーはしっかり、足を踏み込んで横向き!は、確かに基本です。…

  2. テニス ストローク

    ボレー

    ハイボレーを深く・・・と見せて、ドロップボレーを打てれば試合で勝てる!

    今回も、私が試合で実際によく使う手をご紹介します。ダブルスの試…

  3. テニス ストローク

    ボレー

    自分のボレーに、「伸びが無い」と感じている人は、打つ瞬間に前足が上がっているかを確認しよう

    ネットに出てボレーをしても、簡単に相手から返されてしまう。また…

  4. テニス ストローク

    ボレー

    チャンスを確実に決める、ボレーの打ち方の基本について

    決定力のあるボレー、さすがにネット近くでは決めていきたい。粘り…

  5. テニス ボレー
  6. テニス 準備

    ボレー

    テニスの試合の中で、「相手の当り損ないは仕方ない?」けど、打球音を聞けば判断早く反応できる!

    テニスの試合では、「当たり損ない」がエースになるケースもあります。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス 練習

    その他

    身体能力が高い人が、必ずしもテニスが上手くなるとは限らない
  2. テニス 守備

    ストローク

    テニスの試合では、「自分のショットが甘くなる」ことも想定して、素早く切り替えの準…
  3. テニス ダブルス

    ボレー

    足下のボレーを返球する、すぐ使えるテクニック5つ
  4. テニス メンタル

    メンタル

    試合中に「いきなり自信を失う」経験は、誰にでもあるはず
  5. ロブ

    ロブが上がると消極的になる、ではトーナメントで勝ち上がれない
PAGE TOP