テニス スライス

ボレー

相手の足下にショットが打てるときには、迷わずポジションを前に上げよう

これも、何度も書いてきたテーマです。

ですが非常に大事なことですので、改めて。

前に出て攻撃する、ポジションを上げていかないと、試合では勝てない。

特にダブルスでは、大事な考え方になってきます。

 

相手の足下にショットが打てるときには、迷わずポジションを前に上げよう

 


 

1.ダブルスの特権って、何だろう?

シングルスとの違い、それは当たり前ですが、2人いるということ。

コート上で、2人で攻撃していけるのが、ダブルスの魅力ですね。

つまり、1人が打っている間に、もう1人は自由に動ける。

後衛が打っている間に前衛が動く、のが基本ですが、もっと掘り下げて考えてみましょう。

後衛が相手の足下に打てる、沈められる、時には前衛は前に出る。

この理由、分かりますよね?

 

2.足下からは、上方向にしか打てない

テニスにはネット、がありますから。

この1メートルくらいのネット、がアナタの味方になってくれる。

相手の足下に打った後、にはしっかり前に詰めることで、上に上がって来るボールを叩ける、のがテニスです。

相手が打ってから前に出ても、もう遅い。

相手が触る瞬間には、前のポジションを取っておく、ことが大事なんです。

上方向に打って来る相手、にプレッシャーをかけること、がダブルスの常套手段ですから。

 

3.出来ればバックボレー、に触らせていこう

遅いボールでも良い、とにかくバック狙い。

相手にハーフボレー、を打たせることが一番ですよね。

スライスでも良いので、しっかりコントロールすること、が大事です。

試合の緊張した場面では、つい「バックハンド狙い」が疎かになりがち。

特に相手が前、ネットに出てきていると、バック狙いなんて頭から飛んでしまっていませんか?

バックボレーの足下、を狙うこと。

これが出来れば、前に出るチャンスが大きく広がります。

 

4.相手が上手くて、足下から足下、に切り返されたら・・・?

でも、試合はそう甘くない。

実際に、相手が上手くなると、足下に打っても簡単には浮いて来ない。

それどころか、こちらの足下へ切り返して来るような返球、も打って来る。

そうなると、どうでしょう?

しっかり対応策が必要ですよね。

私なら、そこからロブボレー、で切り返します。

相手は足下に打たれて、意識が下方向にいってますから。

上に打たれること、で反応は難しくなる。

足下から足下、への対応も身体で反応出来るように、しっかり練習しておきましょう。

 

「ネットで勝負、しようぜ!」と、相手に話しかけていく。

試合では、これくらいの意識が大事ですよ。

足下に打って前に出る、まずはやってみて下さい。

試合慣れしていない相手なら、それだけでビビってミスしてくれる。

きっと、効果テキメンですよ。

ピックアップ記事

  1. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  2. 今年も半分が過ぎましたので、アンケートを実施させて頂きます
  3. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  4. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  5. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…

関連記事

  1. テニス ダブルス

    ボレー

    ダブルスのサーブ側の前衛は、実はもっと前に詰めて良い5つの理由

    ダブルスの試合、サーブ側の前衛。よく考えると、この選手が一番攻…

  2. テニス ストローク

    ボレー

    試合で使えるドロップボレーは「腕の形を作ってしまって下半身で滑り込む」を実践すると打ちやすい!

    今回は、ドロップボレーを打つ際のコツ、アイデアを一つご紹介。腕…

  3. テニス ボレー

    ボレー

    フォアハンドボレーは、「簡単そうで奥が深い」ショットの一つ

    自分のフォアハンドボレー、皆さんはどんな印象ですか?何となく、…

  4. テニス ボレー

    ボレー

    バックハンドボレーの準備は、「利き腕では無い方の手のひら」を使えば抜群に安定します!

    バックハンドボレーのミス、大半は「準備が遅いのと、大きい」のが原因にな…

  5. ボレー

    「試合が強い選手のボレーボレー」練習は、ココが違う!4つのポイント

    普段、ウォーミングアップのときにやる機会も多いボレーボレー。お…

  6. テニス ポジショニング

    ボレー

    テニスの試合で「伸びてくるスライス」のハイボレー、本当に難しい!

    簡単そうに見えて、難しいボール。テニスの試合では、たくさんあり…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス知識

    HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ
  2. テニス 評価

    メンタル

    試合前に「最低と理想」、の準備は出来ているか?
  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    「意外と○○が原因かも…」アナタがダブルスペアと上手くいかない理由5つ
  4. その他

    「テニスだけでは身体に悪い」試合で勝てる身体作りに必要なトレーニングとは?
  5. テニス 言葉

    シングルス

    テニスの試合では、「ボールに勢いがない対戦相手」に苦労する、のは何でだろう?
PAGE TOP