テニス メンタル

ロブ

試合に強い選手は、ロブで抜かれても全く諦めない

試合で強い選手って、とにかく諦めない。

それがよく分かるのが、自分がロブで抜かれた時でしょう。

勝てない人って、そもそも追いかけないですからね。

アウトを願うだけ、では何も変わらない。

ロブで抜かれる、のはOK。

問題は、そこから走れるかどうかですよ。

 

試合に強い選手は、ロブで抜かれても全く諦めない

 


 

1.ネットに出れない人は、これが怖いんです

実際、ロブが怖い人、はネットに出れない。

何も、恐れる必要は無いですよ。

最高のトップスピンロブ、が深く入らない限り、ほとんどのロブは追いつける。

しっかり走って、返球方法さえ知っていれば大丈夫なんです。

ネットに出れない人は、ロブで抜かれたら終わりだと思っている。

いや、そこから始まりなんですよ。

テニスは2バウンドするまで、必死であがける競技ですから。

 

2.なぜ、ロブを追いかける必要があるのか?

それは、逆転しやすいからです。

私も、こういうプレーはどちらかと言えば好きです。

相手がロブを打つ、自分は頭上を抜かれて追いかける・・・ような場面って、ピンチのようで実はチャンス。

相手も、一瞬「よし!」と思って、気を抜いている可能性が高い。

結構、追いかけて返球すればチャンスなんですよ、こういう場面。

追いついてロブ、でも良いし、油断しているようなら強く打つのも有り。

もちろん、自分に余裕があって無理しない範囲で、ですが。

ロブで抜かれたら、瞬時に「こうしよう」というイメージが自分で作れるかどうか。

普段から、練習でロブを追いかけておくことが何より大事ですね。

 

3.試合の流れが大きく変わる、のはこういうポイント

どうでしょう、こういうポイントって取ると大きい。

失うと、大きく凹みますよね・・・せっかくナイスロブで相手を追い詰めたのに、と感じてしまう。

実際に、アナタ自身どうでしょうか?

ロブで抜かれて、そのボールを追いかけて得点、のイメージ湧きますか?

このポイントを増やすこと、はアナタ自身の勝率に直結するでしょう。

ぜひ、意識して「絶対に追いかけて、反撃してポイントを取るんだ!」という気持ちを持って下さい。

 

4.ネットプレーのポジション把握、がスタートダッシュの鍵

実際に、これが鍵になります。

いかに早い見切り、を付けるかですね。

私は何度も、深いロブもスマッシュで打つことを推奨してきましたから、打ちたい!と思うのは自然なこと。

でも、良い判断をするためには、「自分がどこに立っているのか?」を考えておかないと。

ネットにド詰めしてるんだったら、もうロブを上げられた時点で厳しい。

下がって待っているなら、そもそも落とすという選択はしない、のが正解。

ネットに出ても、自分の立ち位置を細かく意識する。

そして、ロブが上がった瞬間に、瞬時に判断する。

これが強い人の発想です。

 

ロブを落とす、ことは確かに危ない選択です。

でも、ネットに詰めていればそれが必要なとき、もあるでしょう。

大事なのは、素早く瞬時に、判断すること。

そうすれば、ほとんどのロブは追いつけるはずです。

それこそ、反撃の第一歩、ですね。

ピックアップ記事

  1. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  2. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  3. YouTubeチャンネル登録200人、ありがとう御座います
  4. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  5. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選

関連記事

  1. テニス リターン

    ロブ

    「対戦相手の身長が低いから、ロブを上げておこう」って、なんて安易な発想だろう

    相手の特徴をよく観察して、試合の作戦を決めていく。出来る限り失…

  2. テニス ロブ

    ロブ

    ロブで粘り強く戦う相手を、どこかで舐めてはいないか?

    皆さん胸に手を当てて、聞いてみて下さい。シングルスでも、ダブル…

  3. テニス ボレー

    ロブ

    ロブは相手を後ろに下げるショット、そこからどうする?

    私は思うんですけど、ロブを使わない人ってもったいない。どこかに…

  4. ロブ

    後衛にバックボレーでカットさせる、のがダブルスの試合でのナイスロブ

    ダブルスの試合、どんなレベルでも有効な作戦。それは、こういうロ…

  5. テニス ダブルス

    ロブ

    ロブは後衛がカバーする、という発想がダブルスを弱くしていく

    前衛の後ろ、打たれたロブを後衛がカバーしていく。これって、テニ…

  6. テニス リターン

    ロブ

    試合で使えるロブは、コートの1メートル内側の落とす感覚で良い

    試合で使えるロブ、みなさんもう一度イメージしてみましょう。綺麗に抜…

コメント

    • miya
    • 2018年 4月 28日

    こんにちは☆
    いつも楽しく読ませていただいてます!
    質問ですが、
    頭上をロブで抜かれて、相手に背中を向けて全力でボールを追いかけて行って、間に合った時はどのように返球すればいいのですか?具体的に教えてもらえますか?
    特にバックハンドで打たないといけないような時の返球方法がわからず、ボールに間に合っても相手コートに返るようなボールが打てません。
    いつもどうしたらいいのかと思っていて、ちょうど話題に上がったので聞いてみました(^^)
    よろしくお願いします

      • tomita
      • 2018年 4月 28日

      コメントありがとう御座います!バックハンド側は、かなり厳しいですよね。
      まずは片手で、薄いグリップでボールを追いかけながら、出来るだけボールが2バウンドギリギリ、になるまで打点を落としましょう。
      そして、ボールを追い越して、ネット寄りに打点を確保出来た上で手の甲を上に向けるように、手首を使って返球出来ると良いと思います。
      言葉で説明すると難しいですが、上手く手の甲、を使えるとバックハンド側でも上手くロブで返球出来るはずです。
      ぜひ、試してみて下さい!

        • miya
        • 2018年 4月 28日

        返信ありがとうございます☆
        打点を落とすんですね。
        あと、手首を使ってとの事ですが
        打つ時は、ラケットは振り出していって打ちますか?それとも、ラケット面でキャッチするみたいにボールの軌道上にセットしておいて、打つ瞬間だけの力で打ちますか?

          • tomita
          • 2018年 4月 28日

          ちょっと難しいと思いますが、ギリギリまで利き腕と逆の腕をスロートに添えて、打ち出す直前まで引き付けておいて一気に打つ、感じでいきましょう。
          身体の横にセットしておいて、2バウンドギリギリまで引き付けて、本当に肘から先、の動きだけで打つ感じです。
          ぜひ、意識して練習してみて下さい。

            • miya
            • 2018年 4月 28日

            何度も丁寧に教えてくださり、ありがとうございますm(_ _)m
            頑張ります(^^)

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス ストローク

    その他

    テニスの試合で、「高い打点からしっかりストロークで攻撃していく為」に必要な4つの…
  2. テニス サーブ

    サーブ

    「サーブ練習での的の作り方」を工夫すれば、誰でも実践的で狙う意識と成功体験を養え…
  3. テニス ダブルス

    練習メニュー

    なかなか練習内容を決められない人は、「判断基準を絞る」ことが出来ていない
  4. テニス メンタル

    メンタル

    あるレベル以上になると「リスクを伴わない変化」で、テニスが強くなれる訳が無い
  5. ストローク

    スライスで逃げる、のに限界を感じてないですか?
PAGE TOP