テニス ダブルス

ロブ

テニスの試合で「背後のボール」を追いかけて返球するときに、必要なコツ5つ

あまり意識されていませんが、実はテニスの試合で多い場面。

それって、ロブで抜かれて追いかけて・・・どう返球するか?という場面じゃないでしょうか?

並行陣でプレーする人はもちろん、シングルスの試合だったら自分一人で追いかけて返球、そこから挽回しないといけません。

股抜きショット、が打てれば最高ですが・・・プレッシャーのかかる場面、で選択出来るショットでしょうか?

私たちなりのコツ、を一緒に確認してみませんか?

 

テニスの試合で「背後のボール」を追いかけて返球するときに、必要なコツ5つ

 

1.全力で走り出す

まず、これが大事です。

ロブで抜かれる、届かない!と思ったら、すぐに走ること。

両手を振って、しっかりボールの横から入る。

この時にモタモタしたり、諦めていてはもったいない。

抜かれてから、ワンバウンドしてからがテニスは勝負ですよ。

だって2バウンドするまでは失点、では無い訳ですから。

まずは強い気迫、絶対に追い付いて得点に結びつけるんだという意志を、自分の走り出しで見せ付けないといけません。

 

2.フォアハンド側で触れるように回り込む

ボールの横、に入るときには、出来るだけフォアハンド側で回り込みたい。

右利きなら、ボールを左側、にセットして打てるように意識して追い付く。

ボールに追い付くだけ、で満足してはダメ。

もちろん、状況によってはバック側でしか回り込めない時もあるでしょうが、例えばシングルスの試合でセンターに深いロブを落とし追いかける、ときにはしっかりフォアハンド側で打てるように。

普段の意識から、フォアハンド中心での返球を意識することが大事です。

 

3.2バウンド直前が返球しやすい

これは股抜きショットで一番大事なポイントなんですが、2バウンド直前、が一番返球しやすい。

低い打点だと、ラケット操作がしやすいし、ラケットを動かすスペースがある。

後ろ向きでも、低い位置なら自分の背中方向に向かって打てますしね。

2バウンドギリギリ、まで諦めないでボールを引き付けること。

ちょっと勇気が要りますが、高い打点って背面ショットは打ち辛い。

ボールをしっかり落として、山なりなロブを返球するイメージを持っておきましょう。

 

4.グリップは薄く、ボレーの感覚で

ストロークのグリップ、厚いスピンを打つグリップだと、ギリギリの返球は難しい。

コンチネンタルグリップ、ボレーのグリップのように自分の手のひらとラケット面、を揃えておきましょう。

自分で、ボールをおいかけて返球・・・が、どういうグリップならギリギリでも返球出来るのか。

素振り、してみるとイメージしやすいと思います。

ロブのボールを追いかけて、ギリギリ追い付いて相手コートに返球・・・。

薄いグリップの必要性が分かるはずです。

 

5.ピンチはチャンスという発想

これも立派なコツ、だと思います。

私はいつもロブを追いかけながら、「絶対相手は油断してる!」と思うようにしてます。

無理やりにでもそう考えて、ロブを上げたり、しっかり追い付いたらパッシングショットで反撃するのも有り。

大事なのは、テニスにおいては「ピンチはチャンスである」という発想。

それに、こういうポイントを獲れば絶対に試合の流れは変わる。

大きな潮目、のポイントになることを経験上分かっているつもりです。

ロブで抜かれて、「うわーー」と思うのじゃなくて、「よし!見てろ!」と思うこと。

これも技術以前に発想、の問題だと思いますよ。

 

ロブを追いかけて、ワンバウドで返球する。

これが一番、私は「試合であるのに、練習ではやらないシチュエーション」だと思っています。

だから、試合で勝てない、相手のリズムを崩せない。

スマッシュが苦手、ならスマッシュ練習はもちろん大事。

でも、本当に厳しいロブは落として処理する、時だってあります、試合なら。

普段の練習から、もっとこういう球出しから取り入れて、練習してみませんか?

きっと試合で、「良し来た!」と思うはず。

そうなれば、きっとアナタ自身にしぶとさが身に付いているはずです。

ピックアップ記事

  1. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!
  2. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう
  3. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…
  4. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  5. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!

関連記事

  1. テニス ストローク

    ロブ

    ロブが上手く打てない人は、「目の前に2メートルの壁」があると思って打てばOK

    ロブを打つ時に、どうしても「入れる感じ」になってしまう方、多いですよね…

  2. テニス 守備

    ロブ

    ダブルスの試合で、相手がナイスなファーストボレーをした後にはロブ、に限る

    ダブルスの試合、もっと試合の中でどんどん「変化」を付けていく。…

  3. テニス 粘り

    ロブ

    高いバウンドのスライスロブは、バックスピンで戻ることを忘れないように

    高いスライスロブを打たれて、走っていってストロークで返球・・・しようと…

  4. テニス ボレー

    ロブ

    相手のスマッシュを返球し続けながら、どこかで反撃の一手を狙おう

    特にダブルスの試合で、よく観る光景だと思います。相手が2人前で…

  5. テニス ロブ

    ロブ

    ロブで粘り強く戦う相手を、どこかで舐めてはいないか?

    皆さん胸に手を当てて、聞いてみて下さい。シングルスでも、ダブル…

  6. テニス ボレー

    ロブ

    インドアコートの試合では、高いロブは打てない」のを活かすには?

    アナタ自身、本気で勝ちたい試合。きっと、年に数回はありますよね…

特集記事

  1. サーブ

    「ファーストサーブはスーパーセカンドサーブ」テニスの試合、サービスゲームで意識し…
  2. テニス チャンス

    戦術

    テニスの試合、競ったときに勝利を呼び寄せる20の言葉
  3. テニス メンタル

    戦術

    「次はこんなボールが来そうだな」という感覚を、磨いていかないと
  4. テニス サーブ

    メンタル

    テニスの経験を積んでいけば、「試合を諦めること」が癖になっていく
  5. テニス フットワーク

    シングルス

    足が速い対戦相手には、アングルショットのような「走らせるショットを打った後」が要…
PAGE TOP