テニス 試合

メンタル

テニス選手がイップスに悩まされるのは、「真剣勝負を重ねた」結果だと私は思います

テニスの試合で緊張でラケットが振れなくなる、グリップが握れなくなる。

こんな経験、皆さんはありますか?

「イップス」と呼ばれる一種の現象、としてテニス界では恐れられている部分もありますが、あえて言います。

この経験が出来るようになってこそ、一人前のテニス選手なのです。

 

テニス選手がイップスに悩まされるのは、「真剣勝負を重ねた」結果だと私は思います

 

1.震えるほどの緊張、こそテニスの醍醐味

勝つか負けるかで、全てが変わる。

喜ぶ人、悲しむ人・・・何百人となるような試合では、緊張するなと言う方が無理な話。

だからこそ、アナタ自身で考えて欲しい。

「自分は、こういう経験が出来ているのだろうか・・・?」と。

イップスに悩まされた経験が無い、という人は、テニスにおけるプレッシャーが足りないのかも知れません。

 

2.真剣勝負を重ねた結果、本物の緊張感が生まれる

真剣勝負を繰り返していけば、誰だって「勝負の重み」を感じるようになる。

感じるようになったら、何が起きるか。

「負けたく無いという想いが強くなり過ぎて、身体がおかしくなってくる」のです。

ラケットを振れない、握れないイップスだけでなく、試合前の吐き気、前日の不眠、苦しいことばかりでしょう。

なぜなら、「負けて失うもの」が明確になり過ぎているから。

でも、それを乗り越えていかないと、テニス選手として成長出来ない。

こんなにも厳しい競技なんです、テニスは。

 

3.悩んでいるのは、絶対にアナタだけじゃない

イップスに悩んでいるのは、アナタだけじゃない。

プロとして活躍する選手も、アナタが出場している大会の第一シードの選手も、きっとそういう時期を乗り越えてきている。

心配しなくても、大丈夫です。

アナタだけ特別弱い訳では無いし、自分で乗り越えていける試練なはず。

大げさですが、イップスになるくらい緊張出来る機会がある、そこまでテニスで経験出来たことを誇りに思いましょう。

アナタの人生の中で、緊張で身体が、手が震えた、というのは大きな財産になるはずです。

 

もし試合中に、いきなり緊張でイップスになったら・・・まずは深呼吸。

焦れば焦るほど、より操作が難しくなっていきます。

「あ、こんな経験出来るなんて、自分も成長したな」と、全てを一旦受け止めてみて下さい。

回復するかどうか分かりませんが・・・でも、緊張から逃げない姿勢だけでも、大事。

テニス選手って、辛いけど美しい、そんな存在だと私は思います。

ピックアップ記事

  1. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  2. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  3. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  4. KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」を…
  5. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」

関連記事

  1. テニス 感覚

    メンタル

    一昨日のカープ優勝の瞬間を観て感じた、「悔しい瞬間を眼に焼き付けること」の大切さ

    一昨日は広島カープがセリーグでの優勝を決め、一つの節目の日となりました…

  2. テニス ストローク

    メンタル

    試合の後には反省だけでなく、「ポイントが獲れたパターン」も客観的に確認して次につなげましょう

    試合後に、皆さんの話を聞いていると反省の弁が多い。すごく意識高…

  3. テニス 雨

    メンタル

    雨の日でも試合がある!「雨のオムニコート」で戦う為の心得え4つ

    関東では今日も雨が降り、急に寒くなってきましたね・・・。オムニ…

  4. メンタル

    「なぜアイツはいつも、強いのか‥?」と考えたときに、勝利への飢えが差になっている

    テニスの試合に勝ち続ける人、は何が違うのか。自分だって一生懸命…

  5. テニス 格上相手

    メンタル

    「勝ち負けなんて重要ではない」が口癖な人は、みんな負けている

    往年の名選手、マルチナ・ナブラチロワ選手の言葉。有名な言葉です…

  6. テニス メンタル

    メンタル

    「思い悩んでる暇があったら動く」習慣がある人は、テニスの試合でも強い

    テニスに悩みは付き物。私自身、たくさんの悩みと向き合ってきまし…

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス ボレー

    ストローク

    「ストロークを前衛の足元に沈めたい・・・」並行陣を崩すコンパクトなストローク術5…
  2. テニス ダブルス

    練習メニュー

    両手バックハンドストロークを安定させるのに、効果的な「変則ショートラリー」練習と…
  3. テニス メンタル

    ダブルス

    ダブルスの試合、前衛を抜いただけで安心してない?
  4. テニス スライス

    ストローク

    バックハンドスライスのストローク、ラケット面を後頭部に隠す感覚で準備してみよう
  5. テニス 錦織圭

    ストローク

    ライジングショットは、ボールのバウンド前からラケットを打点に到達させること
PAGE TOP