テニス ダブルス

ダブルス

ダブルスの並行陣、「ストレートロブを落としてしまうペア」は、前にいる意味が無いのでは?

ダブルスの試合で、2人でネットプレーに挑む並行陣。

なかなか学生の皆さんには馴染みが無いかも知れませんが、練習すれば非常に攻撃的かつ守備力も高く、試合を積極的に展開できる有効な陣形です。

ただ、やはり万能ではありませんので難点はあります。

それは、ロブ対策。

前衛の上に上げられたストレートロブの対策がしっかり出来ていないと、並行陣は強さを発揮できません。

 

ダブルスの並行陣、「ストレートロブを落としてしまうペア」は、前にいる意味が無いのでは?

 

■何の為の並行陣?

しっかり前でボレーしてポイントを奪取する、ことが並行陣の醍醐味でもあります。

それでも実際に試合でプレーしている方はお分かりですが、そんなキレイに決まるポイントは実は少ない

相手が無理してネットミスしたり、プレッシャーに負けて自滅してくれるケースも多いのが並行陣の利点。

試合巧者になれば、当然ロブも混ぜて対抗してきます。

この「ロブを上げさせる」ことが、ある意味並行陣ではゴールのような意味合いも。

ボレーやラリーで押しこんでいく訳ですから、相手は当然そこから逃げる術も身に付けてくるのが自然です。

しかりカバーできるように、自分のスキルと脚力で、並行陣のポジションはカスタマイズしていきましょう。

 

■コーチのアドバイスやセオリーを鵜呑みにするだけではダメ

並行陣を習うときに、色々なセオリーや作戦を授かると思います。

ポジションから配球、考え方など、もちろん大切なことばかりですが、もっと大事なのはアナタ自身で考えてみること。

もっと言えば、言われたことを疑ってみて、自分で実践して試してみるのが一番です。

「デッドゾーンにいたらダメ!」と言われても、試合で勝ち進むペアの中にはそのデッドゾーンでのプレーを得意にしている選手もいます。

なぜなら、攻守のバランスと自分の脚力を考えた際に、それが最善のポジションだと分かっているから。

並行陣は、少しのポジションの違いがプレーに大きく影響してくるテニスになりますので、アナタ自身しっかり当事者意識を持って挑みましょう。

 

■ロブを誘い仕留める、これを試合序盤で入れること

結論から言うと、ストレートロブはしっかり打ち切りましょう。

前衛がスマッシュ出来ればベストですが、難しい場合は後衛が落とさずにしっかりボレーでカバーする。

相手からすれば、ロブを「落としてくれる」ことが一番楽で、自分たちも前に攻撃に移行できる。

特に相手が逃げて上げてくるようなストレートロブは、絶対にポイントに繋げたい、その為にはワンバウンドさせてはダメ。

強い意志と連携を持って、試合で意識しておきましょう。

 

最初は、ロブにやられる機会も多いのが並行陣。

慣れるまでは、「ロブは落として下がったほうが、結果ポイントを獲りやすい・・・」と感じる方も多いでしょう。

でもそれでは、本物の並行陣にはなれません。

大事なのは、相手にどうプレッシャーをかけられるか、ネットに居続けられるか・・・です。

厳しいロブもたくさんあると思いますが、将来性も含めて、ぜひ意識してプレーし続けて下さいね。

ピックアップ記事

  1. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  2. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  3. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  4. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に
  5. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう

関連記事

  1. テニス メンタル

    ダブルス

    試合中にミスを続けるダブルスペアに、「どういう言葉をかけることが出来るのか?」を考えよう

    ダブルスの試合、ペアのミスがどうにも止まらない。そんなときに、…

  2. テニス ボレー

    ダブルス

    ダブルスの試合で勝ちたいなら、「リターンの前衛の選手」は大きな声でセルフジャッジを!

    ダブルスの試合をしていて、どうもペアと乗っていけない、リズムが悪い。…

  3. テニス サーブ

    ダブルス

    ダブルスの前衛の選手は、「基本に忠実な動き」だけでは成長できない!自分で変化を付ける勇気を

    アナタはダブルスで前衛と後衛、どちらが得意ですか?好き、という…

  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合、パートナーのミスを「自分の責任」と考えられる人は少ない

    ダブルスペアとしての一体感。これは、ある場面を見ればすぐに分か…

  5. ダブルス

    ダブルスの試合で知らないと恥ずかしい、「後衛の基本的な役割」について5つのポイント

    ダブルスは前衛、後衛と求められる役割が違う。硬式テニスでは前衛専門…

  6. テニス ダブルス

    ダブルス

    試合前に自分のダブルスペアと、どんな会話してる?

    皆さん、実際の試合前、どうでしょう?初めて組むペア、というより…

特集記事

  1. テニス 格上相手
  1. テニス 環境

    ボレー

    ゆっくりしたロブのバックボレーカット、練習しておかないと
  2. テニス ストローク

    リターン

    片手バックハンドのリターンは、ココを意識すると上手くいく!
  3. テニス メンタル

    ダブルス

    「この1本なんだ!」という息を合わせていけるペアが、本当に強いダブルスペア
  4. テニス サーブ

    日々の雑記

    自分が嫌なテニスは、続かないですから
  5. テニス メンタル

    ストローク

    テニスで「ストロークの打点が低くなる」と発生するデメリット5つ
PAGE TOP