テニス ストローク

リターン

「死んだようなサーブ」をリターンミスする人の特徴5つ

相手のサーブが、弱々しいのに・・・なぜかリターンミスしてしまう。

死んだようなボールなのに、リターンが難しいような試合って、経験ありませんか?

これは、かなり危機感を持って準備しないといけない問題です。

なぜなら、対戦相手のセカンドサーブはほとんどコレ、だからです。

特に、女子ダブルスで試合に出ているみなさん。

死んだようなセカンドサーブに苦戦していると、まず3回戦の壁は越えられないですよ。

 

「死んだようなサーブ」をリターンミスする人の特徴5つ

 


 

1.ベースラインで待っている

リターンの位置が、ベースライン上くらいの人。

相手のサーブに勢いがない、死んでいるのだから、もっとネットに近付かないとダメでしょう。

気が付かないうちに、実は2バウンドすれすれ、低い打点でリターンすることになっている人が多い。

最初からベースラインにいるのは、相当伸びて来るサーブに対抗するときだけ、で良いでしょう。

弱いセカンドサーブのリターンなら、サービスライン近くに立つくらいでも良いくらいです。

 

2.先に足が止まっている

リターンは、前に踏み込みながら打つくらいで良い。

足が止まって、上半身で合わせるようにして打つ人、はリターンが難しい。

特に、弱いボール、死んだサーブに泳いでしまうんですよね。

リターンは軸足を決めて、前足を踏み込みながら打っても良い。

この辺りは、ストロークと分けて考えていきましょう。

 

3.どこに返すのか狙いが定まっていない

相手のサーブが弱い、これは攻撃のチャンス。

なのに、狙いを定めないでコントロールに無頓着、な人はいませんか?

何となく強く、クロスに返すだけ、という感じではダメ。

しっかり、どこを狙うのかをネットの上に目標を作る。

自分で決めて狙いを作らないと、中途半端なままミスしてしまうだけですよ。

 



 

4.選択肢が強打しかない

これも辛いです、リターンでは。

相手のサーブが弱いなら、それを強打するしかない・・・というのは、相手も慣れて来る。

ダブルスならロブ、ドロップショット、リターンから色々工夫出来るはずです。

強く打てば相手を追い込める、なんて幻想です。

そういう人は、ほとんどがネットミス、アウトミスになっているはず。

弱いサーブこそ、リターンにバリエーションを持たせること、に注力していきましょう。

 

5.相手サーブを、恐れている

まだ、恐れているんです。

弱いサーブしか来ない、と分かっていても、つい下がってしまう。

いつか、速いサーブが来るんじゃないか・・・とビビっている人は、最後まで弱いボールにもミスが多い。

これは、勝負に対する心構えからやり直す必要がありますね。

相手がせっかくサーブという弱点をさらけ出してくれているのに、それを攻撃出来ない訳ですから。

それでは損しているだけ、ですよ。

 

6.お勧めの練習法

サーブとリターンのクロスラリーで、サーブ側はセカンドサーブを打って1対1のラリー。

この中で、リターン側の選手はしっかり前に入る、サービスライン近くに最初から立ってみて下さい。

そこで、どういうリターンが出来るのか。

意外と、楽に打てると思いますよ。

打点を高く、ロブやストレート、ドロップショットも打てるように、練習しておきましょう。

サーブ側も、しっかりセカンドサーブを入れる良い練習になるはず。

ぜひ、この限定でのサーブ&リターンの練習、取り組んでみて下さい。

 

リターンミスは、勝敗の肝。

セカンドサーブをいかにミス無く攻撃していくのか、がアナタ自身の勝敗に大きく関わって来ます。

ポジションを変えて、狙いを絞る、相手を恐れない。

このキーワードで、戦っていきましょう!

ピックアップ記事

  1. YouTubeチャンネル登録200人、ありがとう御座います
  2. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  3. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  4. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう
  5. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず

関連記事

  1. テニス メンタル

    リターン

    「ブロックリターンが使えると、試合にリズムが作れる」相手に決めらるのはOK、と割り切って

    リターンが苦手な人は、良いサーブでも同じようにリターンして失敗する。…

  2. テニス リターン

    リターン

    「ダブったら負け」のシチュエーションで、相手は絶対にファーストサーブを入れに来る

    マッチポイント、絶対に取りたい・・・。と、意気込んで挑む中でも…

  3. テニス ストローク

    リターン

    シングルスの試合での30-40での攻撃的なリターンは、得意な形を!

    具体的なシチュエーションを、試合前に想像しておく。そのポイント…

  4. テニス ストローク

    リターン

    リターンのポジションは、あと1メートル前で試合向きに!

    リターンミスの、一番の要因。私は、一般や学生さんのレベルだと「…

  5. テニス メンタル

    リターン

    ボディへの速いサーブは、「脇を締めてラケット面を被せる」ことで返球出来る

    ボディへのサーブ、きっと最近増えています。こう感じるのは、男子…

  6. リターン

    ワイドへのスライスサーブは、「ゆったりリターン」が基本

    試合で、相手がスライスサーブを打って来る。その時に、どういうリ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス メンタル

    ストローク

    ストローク戦で振り遅れが目立つ時には、ラケットヘッドからのテイクバックに変えてみ…
  2. テニス ストローク

    シングルス

    相手から時間を奪うテニス、に必要なのはライジングショットだけじゃない
  3. テニス サーブ

    ダブルス

    並行陣を作るサーブ&ボレーでは、「サーバーはセンターに寄って、外側のボレ…
  4. テニス リターン

    ボレー

    ボレーの基本、「ラケットのセットを、打点少し上に早く」が出来れば、試合でも楽に打…
  5. ストローク

    現代のテニス、ストロークに必要な「壁を作ってコンパクトに振り抜く」フォームを確認…
PAGE TOP