テニス ストローク

リターン

「死んだようなサーブ」をリターンミスする人の特徴5つ

相手のサーブが、弱々しいのに・・・なぜかリターンミスしてしまう。

死んだようなボールなのに、リターンが難しいような試合って、経験ありませんか?

これは、かなり危機感を持って準備しないといけない問題です。

なぜなら、対戦相手のセカンドサーブはほとんどコレ、だからです。

特に、女子ダブルスで試合に出ているみなさん。

死んだようなセカンドサーブに苦戦していると、まず3回戦の壁は越えられないですよ。

 

「死んだようなサーブ」をリターンミスする人の特徴5つ

 


 

1.ベースラインで待っている

リターンの位置が、ベースライン上くらいの人。

相手のサーブに勢いがない、死んでいるのだから、もっとネットに近付かないとダメでしょう。

気が付かないうちに、実は2バウンドすれすれ、低い打点でリターンすることになっている人が多い。

最初からベースラインにいるのは、相当伸びて来るサーブに対抗するときだけ、で良いでしょう。

弱いセカンドサーブのリターンなら、サービスライン近くに立つくらいでも良いくらいです。

 

2.先に足が止まっている

リターンは、前に踏み込みながら打つくらいで良い。

足が止まって、上半身で合わせるようにして打つ人、はリターンが難しい。

特に、弱いボール、死んだサーブに泳いでしまうんですよね。

リターンは軸足を決めて、前足を踏み込みながら打っても良い。

この辺りは、ストロークと分けて考えていきましょう。

 

3.どこに返すのか狙いが定まっていない

相手のサーブが弱い、これは攻撃のチャンス。

なのに、狙いを定めないでコントロールに無頓着、な人はいませんか?

何となく強く、クロスに返すだけ、という感じではダメ。

しっかり、どこを狙うのかをネットの上に目標を作る。

自分で決めて狙いを作らないと、中途半端なままミスしてしまうだけですよ。

 



 

4.選択肢が強打しかない

これも辛いです、リターンでは。

相手のサーブが弱いなら、それを強打するしかない・・・というのは、相手も慣れて来る。

ダブルスならロブ、ドロップショット、リターンから色々工夫出来るはずです。

強く打てば相手を追い込める、なんて幻想です。

そういう人は、ほとんどがネットミス、アウトミスになっているはず。

弱いサーブこそ、リターンにバリエーションを持たせること、に注力していきましょう。

 

5.相手サーブを、恐れている

まだ、恐れているんです。

弱いサーブしか来ない、と分かっていても、つい下がってしまう。

いつか、速いサーブが来るんじゃないか・・・とビビっている人は、最後まで弱いボールにもミスが多い。

これは、勝負に対する心構えからやり直す必要がありますね。

相手がせっかくサーブという弱点をさらけ出してくれているのに、それを攻撃出来ない訳ですから。

それでは損しているだけ、ですよ。

 

6.お勧めの練習法

サーブとリターンのクロスラリーで、サーブ側はセカンドサーブを打って1対1のラリー。

この中で、リターン側の選手はしっかり前に入る、サービスライン近くに最初から立ってみて下さい。

そこで、どういうリターンが出来るのか。

意外と、楽に打てると思いますよ。

打点を高く、ロブやストレート、ドロップショットも打てるように、練習しておきましょう。

サーブ側も、しっかりセカンドサーブを入れる良い練習になるはず。

ぜひ、この限定でのサーブ&リターンの練習、取り組んでみて下さい。

 

リターンミスは、勝敗の肝。

セカンドサーブをいかにミス無く攻撃していくのか、がアナタ自身の勝敗に大きく関わって来ます。

ポジションを変えて、狙いを絞る、相手を恐れない。

このキーワードで、戦っていきましょう!

ピックアップ記事

  1. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  2. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道
  3. ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だっ…
  4. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  5. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ

関連記事

  1. テニス メンタル

    リターン

    「この一つの技術で勝てる試合が必ず増える」テニスでアドサイドからの逆クロスリターンをお勧めする理由5…

    試合に勝てるようになるには、もちろん小さなステップアップの積み重ねが重…

  2. テニス ストローク

    リターン

    2バックダブルス、リターンでのジャッジが難しい件

    セルフジャッジ、で一番揉めるのはやっぱりサーブ。速いし、際どい…

  3. テニス サーブ

    リターン

    センターへの厳しいサーブは、振り遅れて逆クロスくらいでちょうど良い!

    ストロークもリターンも、基本は打点を前!と、何度も書いてきました。…

  4. テニス リターン

    リターン

    「リターンをいつもふかしてしまう人」は、横向き抑えが足りず打球フラットになっている可能性大

    試合において、リターンは重要。これが入らないと、ラリーに持ち込…

  5. テニス ボレー

    リターン

    左利きのサーブに苦戦してるなら、思いっきり外側に立とう

    左利きのサーブに、苦戦を強いられる。これは、右利きのテニスプレ…

  6. リターン

    リターンとストロークは、別物

    テニスにおいて、これは大事な意識。みなさんの中で、どう違いを作…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス メンタル

    ストローク

    ティエム選手の片手バックハンド、は私たちにも真似出来るのか?
  2. テニス 準備

    シングルス

    シングルスでのパッシングショット、クロスが基本
  3. テニス スポーツ

    その他

    他のスポーツを経験してきた人が、テニスを始めるメリットについて考えてみる
  4. テニス ストローク

    ストローク

    今年こそ自分のストロークを「試合で使えるストローク」に変えていく為に、意識したい…
  5. テニス メンタル

    メンタル

    「自分はテニスが下手」という言葉は、謙遜でも口にしたり文章に書いてはいけない
PAGE TOP