リターン

セカンドサーブをコントロール出来る人は、実際ほとんどいない

相手のセカンドサーブ、にどう対応するのか。

これは、結構ハッキリしておいて良いと思います。

基本は、攻める。

なぜなら、私たちアマチュアレベルでは、こういう大前提があるからです。

今一度、みなさん客観的に考えてみましょうよ。

 

セカンドサーブをコントロール出来る人は、実際ほとんどいない

 


 

1.よく考えて見ると、そうですよね

セカンドサーブでコーナーを狙う人、どれくらいいますか?

私は、何となくなら狙うけど、やはり怖いので甘くなる。

右利きですが、デュースサイドはセンター、アドサイドはワイド、で何とか相手のバック側に入れることを優先しています。

ですので、どこにでもコントロールしているかと言えば、出来ていない。

両コーナーに、しっかり回転をかけて入れることは難しいと感じています。

どうでしょう、みなさんも近い感じじゃないですかね?

この大前提を理解出来れば、リターン側はもっと強気に出て良い。

そう思いませんか?

 

2.相手の得意コースを、把握しよう

得意というか、それしか打てない。

打てないから、良いコースに入っても慌てる必要はありません。

「このコース、しか打てないんだな」と思って良い。

リードしているようなサービスゲームなら、強気に逆もあるかも知れませんが、競っているゲームなら得意コースしか来ない。

得意なコースを序盤に把握して、読んで動く。

大胆にポジションを変えて、リターンで攻撃していく。

これでいきましょう!

 

3.メンタルが強い人は、自分で納得している

リターンミスが少ないと、メンタルが強い人、に見えますよね。

こういう人は、何も特別な訳じゃない。

ただ、自分で納得しているだけなんです。

セカンドサーブは、コントロール出来ないだろうから攻撃出来る。

何も恐れない、その根拠を自分の中で作っている。

つまりは、心が強いとか経験が豊富とか、そういうんじゃないということ。

全ては、みなさんの気付きと工夫次第。

ちょっとしたことで、メンタルが強い人にはなれます、絶対に。

 

4.わざとらしいポジショニングで、相手を乱そう!

私は結構、ハッキリとリターンのポジションを変えます。

相手がセカンドサーブなったら、前に入ってフォアハンド側を空ける。

バレて良いんです、相手に。

相手は、私を見て「どうしようかな・・・バック側を狙うか・・・でも、入らなそうだな・・・」と、悩んでくれる。

結論が出ないまま打って、ダブって終わりです。

こういう心理戦、セカンドサーブにはどんどん仕掛けていく。

相手は、そうコントロール出来ない、という大前提のもとに。

どうでしょう、やってみる価値あると思いませんか?

 

いかにも、試合向きな考え方だと思います。

もしかしたら、普通のテニススクールのレッスンでやっていたら怒られるかもしれないですね。

でも、私は必要だと思います。

相手が不利な状況なのに、こっちが全てを守る必要は無い。

しっかり予測して、勝負に出ましょう!

ピックアップ記事

  1. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  2. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品
  3. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  4. 第4回読者ミーティングは、「上級者男子ダブルス」がテーマです
  5. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選

関連記事

  1. テニス 練習

    リターン

    女性の速いサーブ、試合では要注意な件

    試合の中で、返球し辛いボール。それって、こういうサーブじゃない…

  2. テニス サーブ

    リターン

    テニスの試合の現場では、「振り遅れてエース」になった時こそ堂々としていよう

    「やばっ!」と思ったら、良いところに入った。リターンとか、結構…

  3. リターン

    サーブ&ボレーが得意な相手には、「慌てず足元へのディンクショットとロブ」の2パターンで対抗し…

    シングルスの試合ではあまり見なくても、ダブルスの試合ではたくさん見る。…

  4. テニス ストローク

    リターン

    シングルスの試合でのリターン、で有効な考え方5つ

    シングルスの試合での、リターンのコースや作戦。みなさんどうでし…

  5. テニス リターン

    リターン

    速い球を待って、遅い球をさばくのがテニスの基本の待ち方だと思う

    「速い球と遅い球、どっちに合わせていくのが良いんでしょうか?」…

  6. テニス フットワーク

    リターン

    ダブルスの試合でリターンのコースをギリギリまで隠して打ち分ける、ある裏ワザを考えてみた

    ダブルスの試合、リターン。目の前にはまず、相手の前衛がいる。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    「力を出し切れていない」自分こそ、自分の実力である
  2. テニス ストローク

    ストローク

    ストローク戦で相手のボールに押されていると感じるのは、「自分の打つ場所と打点がギ…
  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスで試合では、一人狙いで8割のポイントを獲れる
  4. テニス サーブ

    サーブ

    サーブの安定感をアップさせるには、一瞬苦しいと感じるくらいの身体の使い方で良い
  5. 戦術

    自分が打ちやすい打ち方だけでは、試合に勝てない
PAGE TOP