テニス 雑誌

練習メニュー

失敗の質こそ、その人の未来

試合でチャレンジして、それを練習に活かす。

簡単なようで、これが出来る人ってなかなかいない。

試合では、常に安心安全に、出来ることだけをやってしまいがちですからね。

失敗の質、を高めていけない人に成長は無い。

逆に、良い失敗が出来ている人は、未来は明るいでしょう。

 

失敗の質こそ、その人の未来

 


 

1.質の高い失敗とは・・・?

どんな失敗、がイメージ出来ますか?

私なら、まず強い相手にしっかり「向かっていく」ようなプレーですね。

ダブルスなら前衛のポーチ、ストレートアタック、サーブ&ボレーからの逆陣形等。

やられるのは仕方ない、でも自分たちはしっかり、やるべきことをやるということです。

そうすれば、ある意味もう失敗ではないんですけどね。

やり切る、というのは一つのキーワードだと思います。

しっかりとまず、誰が見ても「やりたかったこと」が分かるように。

そこで実行出来ていれば、後は技術を磨いていくだけですから。

 

2.中途半端な失敗は、意志の弱さそのもの

質の低い失敗、これが普通です。

試合で相手のプレッシャーに負けてしまって、やるべきことが出来なかった。

させてもらえなかった・・・と感じること、多いと思います。

でも、テニスは最初はサーブから始まりますし、相手のセカンドサーブなら何とか返すことが出来る。

手も足も出ない、ような試合って無いはずなんです。

格闘技のように、負傷して攻撃出来ない、ということも無いですしね。

要は、意志を強く持てるかどうか。

勝てないにしても、質の高い失敗して練習の土台にしよう、という意気込みがあるかどうか。

これって、その人自身の未来そのもの、なんですよね。

 

3.本質を見極めて、自分の弱さと向き合おう

私自身、簡単ではありませんでした。

昔は下手なくせにプライドだけ高くて、なかなか自分と向き合えなかった。

失敗は全て、相手が上手い、相手のせい。

自分の意志が弱い部分だったり、目を背けているところ、を受け入れることが出来なかったんですよね。

これでは、質の低い失敗、チャレンジばかり。

「この失敗の本質は、何なんだろう」と、本気で考えることが出来るかどうか。

試合に勝ちたいなら、自分の弱い部分と向き合わないと強くはなれないですから。

その勇気、受け入れる意志があるかどうか、ですね。

 

4.そして初めて、成功の素になる

本気の失敗、質の高い失敗こそ、成功の素になる。

なぜなら、その素になる部分を練習で養えるからです。

質の低い失敗では、練習の素が得られない。

自分もどこかやりきっていないので、「次は本気出すか・・・」となって逃げてしまう。

学生ではない私たちは、とにかく時間が無いしコートに立って打てるボールも少ないですよね。

本気で失敗して、本気で成功の素を作っていくしかないんです。

試合で勝つ為には。

 

「あ、これか!」という、コツを掴んだ瞬間。

それは、本気の失敗を何度か繰り返した人にだけ、訪れます。

練習でコツを掴むことが出来るのは、試合で質の高い失敗している人だけ。

大胆にいきましょうよ。

強い相手との試合、タダで負けるなんて嫌じゃないですか。

せめて、成功の素、を持ち帰れるように。

ピックアップ記事

  1. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  2. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  3. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  4. 【ご協力をお願いします!】テニス動画・プロ選手に関するアンケート
  5. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー

関連記事

  1. テニス 練習

    練習メニュー

    練習すればするほど・・・テニスは下手になる!?

    テニスの練習、毎日の方もいれば、週1回、月1回という方も多いでしょう。…

  2. テニス トレーニング
  3. テニス 練習

    練習メニュー

    苦手なところを直すのが練習、では無い

    よくご質問頂くのですが、「練習で何をすれば良いのか、分からない・・・」…

  4. テニス 練習

    練習メニュー

    ボレー対ボレーのラリーの中で、ロブボレーを混ぜて攻撃する為の練習メニュー

    ダブルスの試合でも、シングルスの試合でも有効な「ロブボレー」のタイミン…

  5. テニス ボレー

    練習メニュー

    テニスの練習の基本、「自分のテーマと、相手のテーマ」を理解出来てる?

    テニススクールでも部活でも、「テーマ」って大事。個人テーマ、ク…

  6. テニス ポジショニング

    練習メニュー

    テニスの練習の質を上げたければ、個人テーマの準備は欠かせない

    毎日の部活やサークル、スクールでの練習。自分自身、「受け身」に…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. シングルス

    シングルスの試合で、「低い打点のストローク」はクロスに来る
  2. テニス ボレー

    ボレー

    身体から遠い位置のボレーは、あえてインパクト面を残して安定感アップ!
  3. サーブ

    サーブは指先の神経が大事
  4. テニス サーブ

    サーブ

    試合に備えて積んでおきたい、サーブ&ボレーの基本練習5つ
  5. テニス ダブルス

    テニススクール

    テニススクールのネット裏の練習を頑張れない人は、永遠の中級者で終わる
PAGE TOP