テニス 居場所

その他

「試合に強くなりたければ、大胆に変えること」テニスの上達に必要なのは発想の転換です

なかなかテニスが上達しない、試合で勝てないと悩んでいる方は多い。

そんなプレイヤーに共通することは、何でしょうか。

しっかり真面目に練習に取り組んでも、なかなか結果が出ない・・・。

そうなると、その考え方を変える必要が有るかも知れません。

 

「試合に強くなりたければ、大胆に変えること」テニスの上達に必要なのは発想の転換です

 


 

1.強くなるとは「変わる」ことである

今試合で強い人も、1年前は全く異なるプレースタイルだった、というケースも多くあります。

そして強い人は、常に自分のテニスを変えていこうと試行錯誤しています。

ストロークを強くしようと思えば、漠然と練習するのではなくグリップを思い切って変える、またはスタンスをクローズドからオープンにする、という変化が必ず必要になります。

逆に上達できない人は、今の自分のテニスに固執して「スィングを速くしたい」「コントロールを良くしたい」という考えが強い傾向にあります。

もちろん自分のテニスにプライドを持つことは大切ですが、変化していく勇気を持って実践しましょう。

 

2.コーチに「低い態勢で」と言われたら、膝が地面に付くまで低くする

変えるというトライには、大胆さが不可欠です。

「低い態勢」をコーチから求められたら、アナタができる最大限の低さまでチャレンジして実践してみることです。

「少しずつ」調整していくのが普通ですが、それでははっきり言って何も変わりません。

一度大きく振れてみて、「やり過ぎる」ことも重要なのです。

その中から、一番良いポイント=低い態勢、を自分で探っていく。

それくらいの意識でちょうど良いのです。

 

3.去年の自分と比べて、新しいことは何か実践できていますか?

1年前のアナタと、今のアナタの違いは何ですか?

トライしてきたことは、実現できてますか?

即答できないようであれば、今日から何かを始めましょう。

お勧めは、ネットプレーに積極的になること。

このサイトを観て頂いている方の多くは、ストローク主体のプレースタイルだと思います。

まずネット近くでのプレーを増やすこと。

練習だけではなく、試合の中でも増やすこと、経験することが大切です。

 

何事も、必要性を感じなければ人間は行動・実践できません。

本当にテニスの試合で勝ちたければ、試合で必要なことを本気で考え、新しい技術の習得の必要性を感じるはずです。

感じない方は、万能なオールラウンドプレイヤーか、またはすごく鈍い人。

皆さん、後者になってはいませんか?

変わる勇気を持てば、アナタのテニスは急激に強くなります。

ピックアップ記事

  1. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…
  2. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利
  3. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  4. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  5. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道

関連記事

  1. テニス 練習

    その他

    テニスの試合では、「ミスは責めないで、プロセスを責める」ことで失敗を繰り返さない選手になれる

    試合を通じて、色々な反省や課題が出てくる。ですが、ここで問題な…

  2. テニス メンタル

    その他

    【保存版】「テニスノートを活用して試合に勝つ!」ために必読な10記事

    今回は、テニスノートに関する記事を人気アクセス順にまとめてみました。…

  3. その他

    「こらぁ!!水、飲むなぁ!!」時代の部活も今や昔・・・

    暑い毎日が続く。こういう時期はしっかりと水分補給しながら練習し…

  4. テニス 読書

    その他

    今年一年間で、私自身が大きく影響を受けた本を紹介します

    テニスに関する記事をたくさん書かせて頂いている「T-PRESS」。…

  5. テニス サーブ

    その他

    試合中に後ろを通る人がいるときには、積極的に先に通過させてあげよう

    今回は、本当にちょっとしたことなんですが・・・。テニスの試合を…

  6. テニス

    その他

    「全日本ジュニアテニス選手権大会」が行われている靱(うつぼ)テニスセンターって、どんな場所?

    インターハイ後のジュニアテニス界のビッグタイトル、全日本ジュニア。…

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス 打点

    フットワーク

    テニスで必須のテクニック、「スプリットステップで大事なポイント」をアナタは実践で…
  2. テニス ストローク

    スマッシュ

    クロス方向へのスマッシュは、スライスサーブの延長で打てば大丈夫
  3. テニス メンタル

    メンタル

    他人からの挑戦を「楽しめる人か、引いてしまう人か」で、テニス選手は差が出来る
  4. テニス 英語

    テニス知識

    プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的でオススメなテキスト5つ
  5. テニス 雨

    その他

    テニスの実力は凄くても、周りに人が集まらない人の特徴10パターン
PAGE TOP