テニス 居場所

その他

「試合に強くなりたければ、大胆に変えること」テニスの上達に必要なのは発想の転換です

なかなかテニスが上達しない、試合で勝てないと悩んでいる方は多い。

そんなプレイヤーに共通することは、何でしょうか。

しっかり真面目に練習に取り組んでも、なかなか結果が出ない・・・。

そうなると、その考え方を変える必要が有るかも知れません。

 

「試合に強くなりたければ、大胆に変えること」テニスの上達に必要なのは発想の転換です

 


 

1.強くなるとは「変わる」ことである

今試合で強い人も、1年前は全く異なるプレースタイルだった、というケースも多くあります。

そして強い人は、常に自分のテニスを変えていこうと試行錯誤しています。

ストロークを強くしようと思えば、漠然と練習するのではなくグリップを思い切って変える、またはスタンスをクローズドからオープンにする、という変化が必ず必要になります。

逆に上達できない人は、今の自分のテニスに固執して「スィングを速くしたい」「コントロールを良くしたい」という考えが強い傾向にあります。

もちろん自分のテニスにプライドを持つことは大切ですが、変化していく勇気を持って実践しましょう。

 

2.コーチに「低い態勢で」と言われたら、膝が地面に付くまで低くする

変えるというトライには、大胆さが不可欠です。

「低い態勢」をコーチから求められたら、アナタができる最大限の低さまでチャレンジして実践してみることです。

「少しずつ」調整していくのが普通ですが、それでははっきり言って何も変わりません。

一度大きく振れてみて、「やり過ぎる」ことも重要なのです。

その中から、一番良いポイント=低い態勢、を自分で探っていく。

それくらいの意識でちょうど良いのです。

 

3.去年の自分と比べて、新しいことは何か実践できていますか?

1年前のアナタと、今のアナタの違いは何ですか?

トライしてきたことは、実現できてますか?

即答できないようであれば、今日から何かを始めましょう。

お勧めは、ネットプレーに積極的になること。

このサイトを観て頂いている方の多くは、ストローク主体のプレースタイルだと思います。

まずネット近くでのプレーを増やすこと。

練習だけではなく、試合の中でも増やすこと、経験することが大切です。

 

何事も、必要性を感じなければ人間は行動・実践できません。

本当にテニスの試合で勝ちたければ、試合で必要なことを本気で考え、新しい技術の習得の必要性を感じるはずです。

感じない方は、万能なオールラウンドプレイヤーか、またはすごく鈍い人。

皆さん、後者になってはいませんか?

変わる勇気を持てば、アナタのテニスは急激に強くなります。

ピックアップ記事

  1. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  2. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  3. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  4. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  5. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道

関連記事

  1. その他

    「しっかりと、熱中症対策を!」テニスでは仲間でケアし合うことが大切

    暑い日が続くねぇ。皆、部活で頑張っている?気合入れて頑…

  2. テニス チーム

    その他

    テニスを選手として強くしてくれるのは、練習よりも「悔しい試合」

    自分のテニスを劇的に変えてくれる、強くしてくれるきっかけ。それ…

  3. その他

    テニス留学も、「失敗は成功の素」と思えるように、新しいチャレンジが大事!

    俺のテニスはスペインに行ったのをキッカケに、大きく成長出来たと思ってい…

  4. テニス メンタル

    その他

    テニスの試合の現場で必要な「修正力」について考えてみると、普段の練習から意識が変わります

    テニスの実力、一つ一つのショットは決して目を引くものが無くても、勝ち進…

  5. テニス メンタル

    その他

    県内ナンバー1だった選手が、なぜ大学テニスで行き詰るのか?

    高校で実績を残して、鳴り物入りで大学生に。でも、実際にそこで大…

  6. テニス 準備

    その他

    「自分はスロースターター」って、結局は準備不足だってこと

    世の中には、不思議な言葉がある。「良くないこと」を言っているの…

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス 気付き

    練習メニュー

    良い練習をしていても、すぐに結果が出るとは限らないのがテニス
  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合、パートナーのミスを「自分の責任」と考えられる人は少ない
  3. テニス 練習

    ストローク

    「自分のストロークに相手が慣れてきたな…」と感じたら実践したい5つのチェンジオブ…
  4. テニス セルフジャッジ

    その他

    セルフジャッジの試合では、「相手に聞こえる声でコールする」のが基本ルールです
  5. テニス 戦術

    ボレー

    ファーストボレーを叩かれる人は、どう対策すれば良い?
PAGE TOP