テニス サーブ

サーブ

テニスの試合、「アドバンテージサイドからのセンターへのサーブ」は、磨けば磨くほど、必ず勝率は上がります

サービスゲームが得意な人、日本にどれくらいいるでしょうか?

プロ選手でも、サーブ1本で決められる力がある選手は少ない。

ましてや一般の方や学生の皆さんにとって、サーブを強化していくのは至難の業です。

「全部を得意コース」に出来れば理想ですが、せめて1つくらいはここぞという時に、頼りになるサーブが欲しいですよね。

であれば、私はこのサーブを徹底的に磨くことをオススメします!

 

テニスの試合、「アドバンテージサイドからのセンターへのサーブ」は、磨けば磨くほど、必ず勝率は上がります

 


 

■なぜ、「アドバンテージサイド」なのか?

答えは簡単。

テニスの試合では、アドバンテージサイドで重要なポイントが回ってきやすい。

もちろん、その重要なポイントの前、のポイントも大事な訳ですが、実際に上のレベルでは特に「ブレークポイントでどういうプレーが出来るか?」が試合の大きな鍵になる。

30-40のときに、サーブがアナタの助けになるか?

40-30のサーブのときに、ゲームをしっかり獲り切るプレーがアドバンテージサイドで出来ているかどうか、が試合の中では特に重要になります。

その為にも、磨いて欲しいのはアドバンテージサイドのときのセンターへのサーブ、です。

 

■アドバンテージサイドでは、リターンでほとんどの右利き選手がバックハンドをケアする

左利きの方もテニス選手には多いですが、9割は右利きの選手。

だからこそバックハンド、アドバンテージサイドではワイド側をほとんどの選手は頭に入れてケアしています。

よく左利きの選手がワイドに打てるのが強み、という話がありますが、本当にそうでしょうか?

しっかりケアされているのであれば、むしろセンターにしっかり打った方がポイントを獲れると思いませんか?

サーバーが右利きの方であれば、しっかりセンターにスライスサーブを打ちたいところ。

そうすれば、バック側をケアしていた選手はフォアで触るのがやっと・・・という感じになると思います。

 

■サービスエースはいらない、やっと触れるくらいで充分

もちろんサービスエースになればそれに越したことは無いですが、まずはフォアハンドで触らせましょう。

ライン際を狙うのではなく、50cm内側で充分です。

むしろエースを獲りたいのであれば、しっかりワイド側にもサーブを見せておいて、相手をそちらに寄せておかないと無理。

センターへは確率重視、ネットの高さは低く距離が短いので、少し直線的なサーブでもワイドよりは入ります。

ネットの上に目標を作って、7割くらいの力で打つイメージでちょうど良いでしょう。

 

プロ選手のサーブ、よーく観察してみて下さい。

勝負どころでは、あえてフォアハンド側へサーブを打つ選手も多い。

それだけ皆、バックハンドでの意識がリターンは強いということ。

センターにしっかりサーブが打てれば、名リターナーでも前に出て来ることも難しくなります

まずはアドサイドのセンターへのサーブ、徹底的に練習してみることをオススメします!

ピックアップ記事

  1. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  2. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  3. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  4. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道
  5. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について

関連記事

  1. サーブ

    サーブを打つ前、ボールはラケットのどこに当てる?

    みなさんはサーブを打つ前、どんな構えを意識していますか?恐らく…

  2. テニス サーブ

    サーブ

    自分のサービスゲームで、0-40 のピンチ!のときには・・・?

    自分のサービスゲーム、気が付けば0-40のスコアに。試合の中で…

  3. テニス サーブ

    サーブ

    速いサーブはチャンスになる、という勘違い

    サーブを武器に、試合を戦いたい。特に男性なら、一度はそう考えま…

  4. テニス ストローク

    サーブ

    フォルトを正しく分析出来れば、試合中でも修正出来る

    試合の中で、サーブが入らないと・・・みなさんどうですか。もう、…

  5. テニス チャンス

    サーブ

    「何も準備無しで、40-0」ほど危険な状態は無い

    サービスゲーム、調子良く3ポイント連取。40-0になって・・・…

  6. テニス サーブ

    サーブ

    「両手両足を動かさないサーブ」のメリットを考えてみると、アナタのサーブは改善できる!

    ジョコビッチ選手のサーブ、正直地味ですけど抜群の安定感がありますよね。…

特集記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    試合に備えて積んでおきたい、サーブ&ボレーの基本練習5つ
  2. テニス ダブルス

    ストローク

    特にダブルスのテニスの試合で求められる「どんなボールでも、相手の足元にコントロー…
  3. テニス リターン

    メンタル

    出る杭を伸ばすチームと、自分自身の心を
  4. テニス サーブ

    フットワーク

    どんなに上手い選手でも、テニスは自分のポジショニングによって打てる場所は限られる…
  5. テニス ボレー

    ボレー

    ネットに出てストロークを沈められるのが嫌なら、「ネットにベタ詰め」を一度経験して…
PAGE TOP