テニス サーブ

サーブ

テニスの試合、「アドバンテージサイドからのセンターへのサーブ」は、磨けば磨くほど、必ず勝率は上がります

サービスゲームが得意な人、日本にどれくらいいるでしょうか?

プロ選手でも、サーブ1本で決められる力がある選手は少ない。

ましてや一般の方や学生の皆さんにとって、サーブを強化していくのは至難の業です。

「全部を得意コース」に出来れば理想ですが、せめて1つくらいはここぞという時に、頼りになるサーブが欲しいですよね。

であれば、私はこのサーブを徹底的に磨くことをオススメします!

 

テニスの試合、「アドバンテージサイドからのセンターへのサーブ」は、磨けば磨くほど、必ず勝率は上がります

 


 

■なぜ、「アドバンテージサイド」なのか?

答えは簡単。

テニスの試合では、アドバンテージサイドで重要なポイントが回ってきやすい。

もちろん、その重要なポイントの前、のポイントも大事な訳ですが、実際に上のレベルでは特に「ブレークポイントでどういうプレーが出来るか?」が試合の大きな鍵になる。

30-40のときに、サーブがアナタの助けになるか?

40-30のサーブのときに、ゲームをしっかり獲り切るプレーがアドバンテージサイドで出来ているかどうか、が試合の中では特に重要になります。

その為にも、磨いて欲しいのはアドバンテージサイドのときのセンターへのサーブ、です。

 

■アドバンテージサイドでは、リターンでほとんどの右利き選手がバックハンドをケアする

左利きの方もテニス選手には多いですが、9割は右利きの選手。

だからこそバックハンド、アドバンテージサイドではワイド側をほとんどの選手は頭に入れてケアしています。

よく左利きの選手がワイドに打てるのが強み、という話がありますが、本当にそうでしょうか?

しっかりケアされているのであれば、むしろセンターにしっかり打った方がポイントを獲れると思いませんか?

サーバーが右利きの方であれば、しっかりセンターにスライスサーブを打ちたいところ。

そうすれば、バック側をケアしていた選手はフォアで触るのがやっと・・・という感じになると思います。

 

■サービスエースはいらない、やっと触れるくらいで充分

もちろんサービスエースになればそれに越したことは無いですが、まずはフォアハンドで触らせましょう。

ライン際を狙うのではなく、50cm内側で充分です。

むしろエースを獲りたいのであれば、しっかりワイド側にもサーブを見せておいて、相手をそちらに寄せておかないと無理。

センターへは確率重視、ネットの高さは低く距離が短いので、少し直線的なサーブでもワイドよりは入ります。

ネットの上に目標を作って、7割くらいの力で打つイメージでちょうど良いでしょう。

 

プロ選手のサーブ、よーく観察してみて下さい。

勝負どころでは、あえてフォアハンド側へサーブを打つ選手も多い。

それだけ皆、バックハンドでの意識がリターンは強いということ。

センターにしっかりサーブが打てれば、名リターナーでも前に出て来ることも難しくなります

まずはアドサイドのセンターへのサーブ、徹底的に練習してみることをオススメします!

ピックアップ記事

  1. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  2. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  3. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
  4. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  5. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと

関連記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    サーブを打つときに、「フォアハンド狙い」を大事なポイントに取っておこう

    サーブは相手のバックハンド狙いが基本。でも、それしか練習してい…

  2. テニス メンタル

    サーブ

    テニスの試合では、「低いトスでのサーブ」を身に付けると、風が強い日でも安定する!

    サーブに悩んでいる人で、フォームについてはあれこれ考えるけど、トスの高…

  3. テニス サーブ

    サーブ

    極論ですが「ブレイクされなければ、負けない」のは確か

    この理論、まぁ当たり前ですよね。「そもそも、1ゲームキープする…

  4. テニス メンタル

    サーブ

    自分のセカンドサーブに悩んでいる人は、「セカンドサーブの合格点」を試合前に決めておこう!

    セカンドサーブ、に悩んでいる人は多い。私なんかも、今でもそうで…

  5. テニス サーブ

    サーブ

    サーブのトスアップの腕、「トスを上げて終わり」じゃない

    サーブのトスアップについて、もったいないなと感じること。なかな…

  6. テニス サーブ

    サーブ

    「膝の沈み込み」を使えば、テニスのサーブはもっと楽に打てて安定する!

    試合でなかなかサーブが安定しない・・・と、悩んでいる方は多いんじゃない…

特集記事

  1. テニス サーブ

    メンタル

    テニスの経験を積んでいけば、「試合を諦めること」が癖になっていく
  2. テニス ダブルス

    シングルス

    対戦相手がテニスのギアを上げてきたときに、実践出来る効果的な対策4つ
  3. テニス 練習

    ストローク

    ラリーの中で「ストローク戦からボレー戦へ」テンポが変わるテニスに対応するには?…
  4. テニス メンタル

    メンタル

    思い出して欲しいのは、勝って嬉しい対戦相手は自分だったという事実
  5. テニス 楽天

    メンタル

    本物の気迫は、試合の現場で相手の判断を誤らせる
PAGE TOP