テニス ストローク

リターン

ハッキリとリターンの立ち位置を変えると、メンタルまで変わる

リターンで攻撃的にいきたい。

錦織選手の試合を観ていると、本当にそう感じますよね。

でもこれって、本当にポジションを変えるだけで大丈夫。

きっと、アナタ自身リターンゲームがガラッと変わりますよ。

 

ハッキリとリターンの立ち位置を変えると、メンタルまで変わる

 


 

1.技術が無いから出来ない、なんてことは無い

まず、実際に立ってみること。

前のポジションに入って、しっかり相手のサーブを叩きにいく意識、が大事です。

ハードヒット、する必要は無いでしょう。

しっかり前でリターン出来れば、それだけで相手の時間を奪うことが出来るし、相手にはプレッシャーになる。

「速いサーブに、自分の技術力では無理・・・」という発想は、もったいないですよ。

 

2.ポジションを変えれば、メンタルも変わる

例えミスしても、攻撃的な姿勢は大事。

これって、やってみれば分かりますがポジションを変えると、メンタルも変わるものです。

前に入ると、精神的にも攻撃にスイッチが入るし、やってやろう!という気持ちになる。

ほんの数メートル、ですが、しっかり自分のスイッチを入れることが出来るんですよね。

リターンの立つポジション、相手のファーストとセカンドでハッキリと変える。

これが何より、大事なことなんです。

 

3.前に入ると、自然とリターンもシンプルになる

私なんかも、ほぼボレー感覚です。

前に入ってリターン、テイクバックの時間も無いですしね。

余計ないことをしない、という気持ちで、そこからリターンダッシュで勝負をかけていくイメージ。

前に入るだけで、このメンタルに自然と変わっていくんですよね。

これは、相手のセカンドサーブが良い、深い時でも一緒です。

後ろで粘っているだけ、ではやっぱり辛いですからね。

 

4.ポジションを変えて、そこに技術がついていく

みなさん、勘違いしてはいけません。

前に出ること、で全ては変わる。

ボレーが出来るようになってから前に出る?

それって、どの程度出来るようになって・・・を、イメージしてますか?

厳しいようですが、そういう人はずっと後ろで、安全にしかプレー出来ない、10年後も同じことを言っているでしょう。

ポジションを変えて、そこに自分が適応していく。

だから成長スピードが早いし、自分で工夫できるようになっていくんです。

 

リターンのポジションを、ハッキリ変える。

これだけで、かなり試合は勝ちやすくなるでしょう。

だって、アナタが相手、サーブ側だと思ってみて下さいよ。

セカンドで前にチャージして来る相手、はやっぱり嫌じゃないですか。

ハッキリ変えれば、それだけで試合に勝てるようになる。

それがリターンのコツ、です。

ピックアップ記事

  1. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  2. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…
  3. メルマガ配信、登録を開始します!
  4. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  5. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない

関連記事

  1. テニス ストローク

    リターン

    テニスの試合で「リターンから強気に攻撃する」ために必要な練習方法5つ

    リターンが得意、苦手、というのは差が激しい。特に一般や学生の皆…

  2. リターン

    センターへのサーブこそ、前に踏み込んでリターンしていこう!

    試合もレベルが上がっていくと、絶対にこの対応力が求められます。ダブル…

  3. テニス ロブ
  4. テニス サーブ

    リターン

    テニスの試合、「トスに勝ってリターンゲームから始める」ことで得られるメリット3つ

    試合前のトスアップ、アナタはいつもどんなスタンスで臨んでいますか?…

  5. リターン

    リターンからの攻撃力を、今すぐアップする方法

    リターンの攻撃力アップ、これは試合の結果に直結します。前に入る…

  6. テニス ストローク

    リターン

    リターンのポジション、シングルスとダブルスで違う?

    テニスの試合は、シングルスかダブルス。色々やることは変わって来…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ミス

    その他

    テニスの試合でオムニコートに潜む罠、「ベースラインからストロークエース狙い」には…
  2. テニス ボレー

    ストローク

    鋭いスライスって、どうやって打つ?
  3. テニス サーブ

    その他

    「失敗するのが恥ずかしい」と思われるようなチームの雰囲気なら、勝てるチームへの躍…
  4. テニス スマッシュ

    フットワーク

    試合では、「はいキター、ありがとー!」という感覚で
  5. ストローク

    実際の試合のパッシングショットは、「ネットプレイヤーへの対抗策の一つ」です
PAGE TOP