テニス ストローク

リターン

ハッキリとリターンの立ち位置を変えると、メンタルまで変わる

リターンで攻撃的にいきたい。

錦織選手の試合を観ていると、本当にそう感じますよね。

でもこれって、本当にポジションを変えるだけで大丈夫。

きっと、アナタ自身リターンゲームがガラッと変わりますよ。

 

ハッキリとリターンの立ち位置を変えると、メンタルまで変わる

 

1.技術が無いから出来ない、なんてことは無い

まず、実際に立ってみること。

前のポジションに入って、しっかり相手のサーブを叩きにいく意識、が大事です。

ハードヒット、する必要は無いでしょう。

しっかり前でリターン出来れば、それだけで相手の時間を奪うことが出来るし、相手にはプレッシャーになる。

「速いサーブに、自分の技術力では無理・・・」という発想は、もったいないですよ。

 

2.ポジションを変えれば、メンタルも変わる

例えミスしても、攻撃的な姿勢は大事。

これって、やってみれば分かりますがポジションを変えると、メンタルも変わるものです。

前に入ると、精神的にも攻撃にスイッチが入るし、やってやろう!という気持ちになる。

ほんの数メートル、ですが、しっかり自分のスイッチを入れることが出来るんですよね。

リターンの立つポジション、相手のファーストとセカンドでハッキリと変える。

これが何より、大事なことなんです。

 

3.前に入ると、自然とリターンもシンプルになる

私なんかも、ほぼボレー感覚です。

前に入ってリターン、テイクバックの時間も無いですしね。

余計ないことをしない、という気持ちで、そこからリターンダッシュで勝負をかけていくイメージ。

前に入るだけで、このメンタルに自然と変わっていくんですよね。

これは、相手のセカンドサーブが良い、深い時でも一緒です。

後ろで粘っているだけ、ではやっぱり辛いですからね。

 

4.ポジションを変えて、そこに技術がついていく

みなさん、勘違いしてはいけません。

前に出ること、で全ては変わる。

ボレーが出来るようになってから前に出る?

それって、どの程度出来るようになって・・・を、イメージしてますか?

厳しいようですが、そういう人はずっと後ろで、安全にしかプレー出来ない、10年後も同じことを言っているでしょう。

ポジションを変えて、そこに自分が適応していく。

だから成長スピードが早いし、自分で工夫できるようになっていくんです。

 

リターンのポジションを、ハッキリ変える。

これだけで、かなり試合は勝ちやすくなるでしょう。

だって、アナタが相手、サーブ側だと思ってみて下さいよ。

セカンドで前にチャージして来る相手、はやっぱり嫌じゃないですか。

ハッキリ変えれば、それだけで試合に勝てるようになる。

それがリターンのコツ、です。

ピックアップ記事

  1. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  2. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  3. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  4. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  5. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず

関連記事

  1. テニス リターン

    リターン

    厳しいコースを突いたサーブが得意な相手には、「踏み込んでスライスのブロックリターン」を準備しておく

    テニスのトーナメントでは、必ずビッグサーブを得意にしている選手がいる。…

  2. テニス リターン

    リターン

    試合の中でリターンが崩れていくときは、まず身体の開きを抑えよう

    リターンミスが多いとき、皆さんはどこから修正していきますか?リ…

  3. リターン

    サーブ&ボレーが得意な相手には、「慌てず足元へのディンクショットとロブ」の2パターンで対抗し…

    シングルスの試合ではあまり見なくても、ダブルスの試合ではたくさん見る。…

  4. テニス ボレー

    リターン

    シングルスの試合でのリターン必勝法、コレでいきましょう!

    シングルスの試合、サーブよりリターンを改善したい。もちろんサー…

  5. テニス ストローク

    リターン

    リターンの反応が遅い選手は、ネット上に分岐点を作って待つようにしてみよう

    リターンの反応が、遅いと感じている人・・・。なかなか、ブレイク…

  6. テニス ボレー

    リターン

    Q&A「シングルスとダブルスのリターン、何が違うの?」

    Twitterでご質問頂く機会が多かったので、今回はこのテーマで。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス 戦術

    ダブルス

    ダブルスの試合で、「サーブが強力な対戦相手」と対峙した時の為に、2バックの陣形は…
  2. テニス リターン

    その他

    テニスの試合中に、「ラケットを強く握り過ぎて握力が無くなる人」は、下3本の指で支…
  3. テニス サーブ

    サーブ

    テニスの試合では、「ダブルス用サーブ」を考えると、必要な要素が見えてきませんか?…
  4. テニス バッグ

    テニス知識

    Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  5. テニス 戦術

    リターン

    大事なポイントこそ、「ファーストサーブ、入ってこい!」のスタンスでリターンを
PAGE TOP