テニス 戦術

その他

「上手くなりたい」って、簡単じゃない

読者のみなさんの気持ちは、本当によく分かります。

テニスが上手くなりたい、強くなりたい。

ですが、それは簡単なことではありません。

テニスを始めたころ、試合に出始めたころ、そして試合で勝ちたいと願う今。

普通にボールを打っているだけなら、上手くなるのはどんどん難しくなってきているのですから。

 

「上手くなりたい」って、簡単じゃない

 


 

1.成長スピードは、遅く感じられるのが当たり前

テニスに限らず、だと思いますが。

初心者のころ、テニスを始めたばかりのころは、とにかく上達が早い。

出来ない状態から、ボールを打てるようになって、出来ると感じられることもどんどん増えていく。

0から1、2になっていくのは早いし、それを楽しいと感じられる自分がいる。

この感覚、みなさんも経験してきたはずです。

だからこそ、この感覚を求めてしまってう節はあるでしょう。

スランプって、結局は自分の過去と比べて成長が鈍化していると感じるところ、が要因ですからね。

 

2.上手くなりたい、けどなれない・・・と感じる壁

過去に感じた成長速度とのギャップ、それからもう一つ、試合で結果が出ないことへの焦り。

今、これを感じている方は多いじゃないでしょうか。

前ほど上達も感じられないし、試合にも勝てない。

だから自信が持てない、テニスが楽しくなくなる。

そしてより、出来なくなっていく・・・これを、スランプと感じてしまう人がほとんどでしょう。

テニスに真面目に取り組んでいる人ほど、こういう悪循環にはまりやすい。

「上手くなりたい」と簡単には言えないような人たちですね。

その難しさ、を知っているからこそ、ですね。

 

3.試合に勝てる「上手さ」を身に付けよう

ある程度までは、打てるようになります。

テニスは、慣れるというか感覚を掴めればボールは打ち合えるようになる。

じゃあその次、ですね。

試合というルールの中で、相手と駆け引きをしながら、ゲームを進めていく。

そしてこれに勝っていくには、テクニックが必要です。

このテクニックを身に付ければ、もっともっとテニスが上手くなる。

これが出来るかどうか、なんですよ。

試合で勝てるようになるためには。

ちょっとした観察眼、客観性、ポジショニングとプレッシャーのかけ方、を身に付けられるかどうか。

このテクニック、を身に付けるのに、必要なことって何だと思いますか?

運動神経?動体視力?経験?

私は、そういう類のものではない、と思っています。

 

4.必要なのは、「受け入れる勇気」です

T-PRESSで紹介しているテクニックは、試合で勝つテクニック。

時に我慢して、泥臭く、相手を騙すようなことも求められる。

私は必要です、と書いて来ました。

「よし、やってみるか」と思えるかどうかは、アナタ自身が「受け入れる勇気」を持てるかどうかです。

「そんなのテニスじゃない、自分は嫌だ」と思う人もいるでしょう、当然です。

でも、きっとそういう人はT-PRESS以外のテニス観も、受け入れることは難しいでしょう。

学ぶということは、受け入れるということ。

違うと思ったら、止めれば良いんです。

色々なことを自分の中に受け入れていこう、という意識を持つこと。

アナタ自身が試されている。

テニスを本当に上手くなる、上達させていくには何が必要なのか。

私は、「受け入れる勇気」だと思います。

 

中級からの壁、テニスでは乗り越えないといけない。

打てるけど勝てない、勝ち切れない、という人が、何を考えるのか。

上手くなりたいって、簡単じゃない。

だから、面白いし自分が成長出来る。

テニスのテクニックが、自分に何を求めているのか。

私はこれからも、それを追求し続けていきたいと思います。

ピックアップ記事

  1. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です
  2. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  3. ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だっ…
  4. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう
  5. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く

関連記事

  1. テニス メンタル
  2. テニス ガット

    その他

    テニスの試合で一番使う「利き腕の握力」は、大事に使おう

    テニスの痙攣と言えば、脚。真夏の試合では、しっかりケアしていて…

  3. テニス ダブルス

    その他

    テニスの団体戦で「ベンチコーチとして入ったとき」に、意識したいことはシンプルです

    皆さんは、団体戦などでベンチコーチに入った経験、ありますか?通…

  4. テニス メンタル

    その他

    試合で自分のコントロールが割れるショット、を書き出してみよう

    「どうも、今日は調子が良くなった・・・」と、敗因が曖昧になる。…

  5. テニス 雨

    その他

    テニスのやる気が起きない時に、自分を責めるのは止めよう

    最近、読者のみなさんのコメントやお便りを読んでいて、感じることがありま…

  6. テニス ストローク

    その他

    セルフジャッジの試合で、「微妙な判定を自分に有利にジャッジする」度に、アナタは何かを失い続ける

    セルフジャッジについて、改めて私が感じること。それは、レベルや…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス 格上相手

    メンタル

    「勝ち負けなんて重要ではない」が口癖な人は、みんな負けている
  2. テニス フットワーク

    ストローク

    重たいスライスの返球に、必要なアイデア4つ
  3. ダブルス

    「ナイスプレッシャー!」の一声で、前衛は救われる
  4. テニス 不器用

    フットワーク

    接戦の試合は勝って良し、の後にどうすれば楽に勝てたかを考える癖を
  5. テニス知識

    これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー
PAGE TOP