テニス 練習

その他

身体能力が高い人が、必ずしもテニスが上手くなるとは限らない

体格も良くて、足も速い、いかにもスポーツマンという感じの人。

こういう人って、実はテニス選手に少ないと思いませんか?

アナタの周りで上手い、試合で結果を出している人は、必ずしも身体能力が高いような人ばかりでは無いはず。

私は思うんですが、身体能力の高さって、時にテニスをやる上では仇になる。

そんな意識も大事だと、私は思いますよ。

 

身体能力が高い人が、必ずしもテニスが上手くなるとは限らない

 

1.特にネットプレーで注意が必要

結論から言えば、身体能力が高い選手はその能力がゆえに、「触ってしまうボール」が多いんです。

女性の方でも、反射神経が良い人って、前衛で普通の人が触れないようなボールまで手が届いてしまう。

それが入れば良いんですが、テニスという競技ではそのボールを「コントロール」しないといけない。

サッカーのゴールキーパーのように、外にはじき出すだけ、ではダメなんですよね。

しっかりコントロールしないと、その後に反撃されてやられてしまう。

任せるところは、後衛に任せる意識も大事ですし、先に動いて「先回り」しておく姿勢がテニスでは大事。

身体能力が高い選手は、相手が打ってからの反応でも何とかなってしまう、だから危険なんです。

ネットプレーでは、つい身体が反応して手を出してしまう・・・ような人、アナタの周りにもいませんか?

 

2.体格の良い人は、ボディ近くのボールが難しい

手足が長い選手は、弊害もあります。

遠いボールは優位ですが、近いボールは難しい。

自分の長い腕が邪魔になって、ボールを上手くさばけないようなことも多いはず。

だから、アナタ自身試合で身長が高い選手、はボディが狙い目。

それから、意外とロブも効きますよ。

厳しいロブ、でも無理して触ってくれますからね。

身長が高い選手は、自分の頭上のボールを「触りたがる癖」があるんです。

だからこそ逆手に取って、どんどん無理してもらいましょう。

甘いボールを決められる、のは仕方ないとして、慎重が高いからといって「ロブを使わない」というのはもったいない。

厳しめの軌道で、触らせてみると上手くポイントが取れるでしょう。

 

3.身体能力が高い選手は、工夫を知らない

まぁ、子供のころから何とかなって来たから、ですね。

テニスって、本当に繊細な競技だし心理面の影響が大きい。

細かいことを気にしない、考えないような選手には、ハッキリ言って向いていない競技だと思います。

だからこそ、身体能力が高い、運動が出来ると過信している人は、試合で勝てないんです。

細かい戦術で相手からミスを引き出す、ようなことは発想として無いですからね。

ただ速い、派手なショットを打ちたいだけ。

そういう選手が勝てるのは、3回戦まででしょう。

 

4.アナタ自身が、自分で優れていると思っている部分は?

もし、アナタ自身が「自分はこれが得意だな」と思っているところがあれば、今一度考えてみましょう。

その箇所で、無理していないか、ということを。

私は昔からバレーボール時代の癖で、ボレーには自信がありました。

でもその結果、ある程度のレベルまでは良いんですが、上にいけばそのボレーは通用しない。

自分が良いショットを打つ、だけじゃダメなんですよね。

自分が得意と思っているショットは、考えない癖が付いてしまうのがテニス。

今一度、アナタ自身も見直してみましょう。

自分が得意だと思っていること、場所、箇所を、考え直してみる。

きっとまだ強くなるヒントが、そこにはあるはずです。

 

テニスって、チャンスがあるスポーツ。

身体能力に劣っていても、陸上やサッカー、ラグビーのような競技より、チャンスがあると思いませんか?

ましてや、私たち一般やベテラン、シニアの世界では、その身体能力は仇になる可能性が高い。

私は、そう思います。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア
  2. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」
  3. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…
  4. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  5. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ

関連記事

  1. テニス 武器

    その他

    まだまだ必要!基本から応用まで「テニスの試合での暑さ対策」まとめ

    お盆も過ぎ、涼しい日も少しずつ増えてきましたが、まだまだ暑い時期が続き…

  2. テニス メンタル

    その他

    テニスの試合で、「まずはしっかり、セルフジャッジをしてから」の基本をなぜ指導者は教えないのか?

    ここ数年、学生の大会を観ていて感じることがある。大事な試合、団…

  3. テニス 練習

    その他

    「2015年 インターハイ テニス で見た新たな潮流」高校テニス界は変わり始めた!

    今年のテニス、インターハイ会場の団体戦に、見慣れた強豪校の名前は少なか…

  4. テニス ストローク

    その他

    アナタのテニスは、「たくさんの人に支えられている」ということだけは、覚えておいて下さい

    皆さん、毎日テニス、頑張れていますか?週一回、月一回、または年…

  5. その他

    「グリップチェンジのコツは・・・」テニスでは利き腕の逆の手の動きがポイントです

    いろんなショットを身に付けたら、それを試合の中で上手く使い分けていきた…

  6. テニス 練習

    その他

    試合に勝ちたいテニス選手なら、「試合前の準備は2日前に完了」させておこう!

    皆さんは試合前の準備、いつ頃やっていますか?私はいつも、2日前…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    テニスで「ダブルフォルト連発病」が治るかも知れない5つの改善策
  2. テニス サーブ

    サーブ

    初中級者でサービスゲームのキープにいつも苦労する人は、「発想の整理」だけで自信が…
  3. テニス 準備

    フットワーク

    ストロークのスライスの滞空時間を甘く見ていると、アナタはいつまで経っても相手を攻…
  4. サーブ

    テニスの試合、「山なりでスピンスライスのワイドサーブ」を身に付ければ、相手をコー…
  5. テニス コントロール

    ストローク

    ドロップショットは、相手の戻る逆を突くから効果が増す
PAGE TOP