テニス ストローク

ストローク

チャンスボールを叩く、という危険な発想

強い選手は、しっかり決める。

ストロークでも浅いボールは、しっかり打ち込んで来ますよね。

でも、この行為を「チャンスボールを叩く」と表現してしまうのは、危険です。

私たちの試合でも、もっと言葉のニュアンスを意識しないとミスの元。

叩くんじゃなくて、回転をかける、で良いと思います。

 

チャンスボールを叩く、という危険な発想

 


 

1.実際に、叩いてはいない

プロ選手の試合でも、浅いボールをどう打っているのか。

しっかり回転をかけている、と思いませんか?

叩くようなショットって、フラットに近い感じで安定感が無い。

チャンスとはいえ、テニスという競技はネットを越えて相手コート内にボールをバウンドさせないといけない。

この大前提があるからこそ、回転をかけることが大事なんです。

そのために、ラケットを振り抜く。

そう、これが正しいチャンスボールへの対応の表現でしょう。

 

2.回転がかかったボールで、相手を押し込んでいく

男性でも女性でも、どんなレベルでも一緒です。

いかに、鋭い回転をかけて、相手を押し込んでいくか。

コートの深い位置にバウンドさせて、バウンド後も失速しないボールを打つ。

スピン系のショットで打ち込むって、こういうことです。

ですから、まずはしっかり回転をかける意識が大事。

チャンスになると、急にボールが直線的でフラットになる人多くないですか?

良い回転をかけていけば、大丈夫。

そうそう反撃されないですよ。

 

3.「でも、アウトが怖いんですよ・・・」という方は?

しっかりラケットを振り切ること、下から入れることを意識しましょう。

私は浅いボール、チャンスで攻撃していく時にはしっかりとラケットヘッドが下がっているか、を確認しています。

ラケットヘッドが下がって、打点に対して下から入っていくからボールに良いスピン回転がかかる。

ここで力んでしまう人は、ラケットが落ちないんですよ。

だからフラット気味になったり、軌道が上がらない。

アウトが怖い人ほど、ラケットの先、ラケットヘッドを意識しましょう。

脱力して落とす、そこから一気に上に振り上げればナイスアプローチの完成です!

 

4.あくまで勝負はネットプレー

ボレーかスマッシュ、で最後は決める。

ですから、アプローチショットで決める必要はありません。

ライン際を狙ったり、直線的なボールにするから、ミスしてしまう。

あくまで勝負は、その次、と考えましょう。

回転をかけたショットを打って、追い込むだけ。

叩くんじゃなくて、運ぶようなメージ。

シングルスもダブルスも、これで充分ですよ。

 

叩くという言葉、ストロークではほとんど適さないでしょう。

ド詰めした時のボレー、で弾くように叩くことはありますが・・・。

プロ選手もハードヒットしているようで、やっていることはボールに回転をかける行為。

これだけは、覚えておいて損は無いですよ!

ピックアップ記事

  1. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  2. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  3. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  4. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  5. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ

関連記事

  1. ストローク

    「トレーニングは続かない」守るべきものがある環境が強いテニス選手を育んでいく

    「これからトレーニングを頑張ります!」そう言ってきた高校生の選…

  2. テニス ロブ

    ストローク

    なかなか教えてもらえない、「ロブを追いかけてしっかり返す」ための注意ポイント4つ

    試合でも練習でも、意外と「ロブで抜かれたときに、追いかけて返球」する機…

  3. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークに力強い伸びが欲しい人は、アレを止めてみよう

    自分のストロークに、「力強い伸び」が足りないと感じている人。た…

  4. テニス ラケット
  5. ストローク

    ストロークのテイクバックは2段階、でいこう!

    ストロークのテイクバック、とにかく早く!が基本と書いて来ました。…

  6. テニス メンタル

    ストローク

    大事な試合でビビッてしまったときの、ストローク対応策4つ

    皆さんも大事な試合で、経験あるんじゃないでしょうか・・・。どう…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル

    シングルス

    「俺はこれくらいのラリー、何十球でも付き合うよ」という意志表示、出来ているか?
  2. テニス ポジショニング

    フットワーク

    ストロークが強力な相手にこそ、アナタは下がってはいけない
  3. テニス 感覚

    その他

    自分のテニスについて、「イメージと実際のフォームには、ギャップがある」ことを知る…
  4. テニス メンタル

    その他

    「一生懸命テニス頑張っているのに、全然上達しない!」という人は、チェックすべき4…
  5. シングルス

    シングルスの試合で、深いストロークが打てない方へ
PAGE TOP