ストローク

テニスではストロークもボレーも「後ろから力で、勢いを付けよう」とすると上手くいかない

テニスを始めた当初、皆さん「ホームラン」に悩まされませんでしたか?

最初はなかなか、打ったボールがコートに収まらない。

でもなかなか回転をかけることを覚えないと、ボールが飛び過ぎてしまうのがテニス。

そう、テニスでは後ろから力任せに勢いを付けようと思っても、絶対に上手くいかないのです。

 

テニスではストロークもボレーも「後ろから力で、勢いを付けよう」とすると上手くいかない

 

■力任せのスウィングは、入らないし怪我も増える

テニス肘になる人、はほとんどがこういう打ち方をしている人。

後ろから上半身の力だけで、思いっきりボールに勢いを付けようとする。

普通の球出しのボールならまだしも、相手コートから飛んでくるボールは力を持っている状態。

そこに対して反対の向きから力を加えようとしても、絶対に無理が出てくるのです。

 

■ストローク以上に危ないのが、ネットプレー

特にネットプレーでは、傾向が顕著になります。

相手コートに近い、チャンスだと思って思い切り後ろからラケットで叩いていくと、ミスになるだけでなく自分の身体も危ない。

ボールがバウンドしていない分、力を持っている状態でボールを打つ、からこそ肘や手首への負担も大きいのです。

これらの負担を改善する、一番良い方法は・・・そう、打点を変えること。

それだけです。

 

■打点が前になることで、テニスは全てが変わっていく

打点が前になると、何が良いのか。

まずボールに対して、ラケットが自然に加速した状態で当たることが出来る。

ボレーをスライスをこね回すような感じも、無くなるでしょう。

後ろから力を付けようとして、差し込まれて打点が後ろになっていたらもう最悪です、怪我します。

あとは、打点が前になることで、自然にスウィングが下から上、になっていくんですよね。

このメリットは大きい。

特にストロークではラケットが下から入って上に抜ける、のがどんなレベルでも基本中の基本になります。

 

なかなか自分のフォームを見直す機会は少ないかと思います。

慣れてきた、上手くなってきたという自覚は大事ですが、同時に自分を縛り付けていることにもなりかねない。

今一度、身体に負担の少ない、出来るだけ上半身の力を使わないテニスに変えていきませんか?

きっと試合で勝てるテニス、勝ち続けるテニスになっていくはずです。

関連記事

  1. テニス ダブルス

    ストローク

    並行陣を崩すショートクロスは、「打点を斜め前、少し近め」で打ち方自体は変えないでいこう!

    ショートクロスで並行陣を崩したい。でも・・・いつものストローク…

  2. ストローク

    「バックハンドストロークが安定しない!」人はチェックして欲しい5つのポイント

    テニスを初めてまず最初にぶつかるのが、バックハンドストロークを安定させ…

  3. テニス ストローク

    ストローク

    「両手バックハンドストロークのショートクロス」を打ちたければ、コンパクトで短いフォロースルーで!

    シングルスでもダブルスでも、最近のテニス界では「ショートクロス」が再度…

  4. テニス ロブ

    ストローク

    ロブがいつも甘くなる人は、「軌道の頂点をどこに置くか?」をまず考えて打てば攻撃的になる!

    アナタはまだ、きっと「ロブ」の本当の強さを知らない。私自身、1…

  5. ストローク

    「高いバウンドで繋ぎは任せろ!」と言えるようになればテニスの試合は確実に強くなる!

    繋ぎのストロークショットはバウンドが重要。ゆっくりと確実に相手コー…

スカイクレイパー広告枠

  1. テニス ボレー

    ボレー

    テニスの試合で、「下がりながらの守備的なハイボレー」は、後ろ足をしっかり止めると…
  2. テニス ストローク

    ストローク

    ちょっと相手を追い込んで、すぐ安心する選手はいつまで経っても試合では勝てない
  3. テニス ボレー

    ボレー

    ネットプレイヤー相手には、「まず足元に打って前にチャージ」していけば、勝手にミス…
  4. テニス ボレー

    ボレー

    「俺はストローカー!」だけど、負けない為に押さえておきたいボレーの基本5つ
  5. その他

    「疲れが残り始めた、あの頃・・・」トレーニングを継続させる為にテニス選手に必要な…
PAGE TOP