サーブ

30-0にしてから自分の「いつものファーストサーブ」、でいこう!

試合で、サービスゲームをどう考えるのか。

色々考えた結果、私は最近コレでいっています。

サーブに、力を使い過ぎない、もっと現実的に考える。

学生のみなさんからすると、「え・・・何それ、カッコ悪い・・・」と思うかもしれませんが。

やってみて、損は無いと思いますよ。

 

30-0にしてから自分の「いつものファーストサーブ」、でいこう!

 


 

1.なぜ、サービスゲームは辛くなるのか

どうでしょう、みなさん。

試合でサービスゲームとリターンゲーム、どちらが得意ですか?

社会人、ベテランやシニアのみなさんは、結構リターンゲームの方が得意という方も多いんじゃないでしょうか?

裏を返せば、サービスゲームがなかなか辛い、大変。

それって、「自分のサーブから試合を始められるのに、先行される」ようなカウントで、精神的に疲れるからじゃないですかね。

それも、ダブルフォルトやセカンドサーブを叩かれることで、リードされる。

まず、これを防ぐ手立てが必要ですよね。

 

2.ファーストサーブは、2ポイント差が付くまで封印

ある程度速い、コーナーを突くサーブは、封印する。

2ポイント差、30-0か40-15、になるまで打たないように、私は意識しています。

それまでは、ファーストサーブでもセカンドサーブ、または1.5サーブ、を打つ。

ちょっと悔しいですけど、その方が自分へのプレッシャーが少ない。

でも、しっかり1球目にサーブが入る、という事実を作ることが何より大事。

「遅いサーブなら、結局打たれるんじゃない?」と思う方も多いでしょう。

いや、そうでも無いですよ。

 

3.1球目のサーブは、入ればそれだけでファーストサーブ

やっぱり、なかなか踏み込めない。

ファーストサーブが入ること、それに変わりはないですから。

遅いサーブでも、しっかり1球目に入れていくことでアナタ自身リズムが出来る。

相手に攻撃されない、程度のリターンを打たせれば、それだけで試合を作りやすい。

きっと、試合に勝てない人って自分のサービスゲームの序盤に、ダブルフォルトが多いはず。

しっかりデータ、を取れば分かると思いますよ。

この「自分を知る」ということが何より大事で、出来る人が少ないからチャンスがあるんです。

 

4.相手に勘付かれたら、変えていこう

でも、こういうのに気付いて来る相手もいます。

まぁ、ココで書いてしまいましたからね・・・読んで実践して頂いた方同士の試合、だったらすぐに気付くはずです。

「あ、この相手は最初は入れに来て、後半打って来るな・・・」と、勘付かれることも想定しておく。

そうなったら、当然シャッフルして心理戦をしかけていきましょう。

ファーストサーブ、ゲームの最初から打ってみたり、リードしてからも遅いサーブを混ぜていく。

でも、実際は何も考えていないような相手、も多いですから。

アナタ自身が、しっかりリードするまでファーストサーブを我慢する。

その方が、勝てる可能性はアップするはずです。

 

何より、ダブルフォルトを減らす。

特に、ゲームの序盤の・・・ですね。

自分のサービスゲームの序盤にダブってしまうと、もうサーブ自体が嫌になってしまいますから。

ファーストサーブを、少し我慢してみる。

そうすると、壊れない試合を増やすことは出来ると思いますよ。

ピックアップ記事

  1. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」
  2. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  3. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう
  4. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  5. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える

関連記事

  1. テニス メンタル

    サーブ

    ダブルフォルトが止まらないときは、自分の作戦が決まっていない

    ダブルフォルトに悩む人、試合では多い。試合に勝てない以前に、サ…

  2. テニス サーブ

    サーブ

    自分のサーブの調子が悪い時に、キープに結びつける方法について

    試合が始まって、気付くこと。「今日はサーブ、入らない・・・ぞ」…

  3. テニス 構え
  4. テニス コート

    サーブ

    「頼むからサーブ、入れてくれ!」と思う前に・・・アナタには出来ることがあります

    ダブルスの試合で、険悪なムードになる。まぁ、サーブが入らないと…

  5. テニス サーブ

    サーブ

    「両手両足を動かさないサーブ」のメリットを考えてみると、アナタのサーブは改善できる!

    ジョコビッチ選手のサーブ、正直地味ですけど抜群の安定感がありますよね。…

  6. テニス ボレー

    サーブ

    伸びのあるサーブを打つには、「膝と肘を落として沈み込むタイミング」が必要です

    試合で求められるサーブ、それはバウンド後の伸び。しっかり下から…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    テニス選手にも必要な柔軟性は、ローボレーのような球際にこそ活かされる
  2. テニス ストローク

    ボレー

    シングルスの試合で上手くスライスを使ってくる相手には、早めにネットプレーを見せて…
  3. テニス 戦術

    ダブルス

    ダブルスの試合、「雁行陣で行き詰ったとき」には、前衛が守備を捨てるのも有りだと思…
  4. テニス ガット

    スマッシュ

    スマッシュが苦手な人ほど、「ロブが上がったら足が止まる」ことを再度意識してみよう…
  5. テニス ボレー

    ボレー

    テニスのネットプレーで、「足元に沈んでくるストロークを、ボレーで深く返球」するた…
PAGE TOP