テニス メンタル

シングルス

シングルスの試合のサーブ、には何を求めるべきだろう?

シングルスの試合に出て頑張っているみなさん、サーブの調子はどうですか?

ダブルスと違ってシングルスは前衛がいませんから、なかなかサーブとポーチ、という形では決まらない。

ただ、入れにいくようなサーブだけ・・・だと、リターンから攻撃されてしまいますよね。

じゃあ、結果的にどんなサーブならシングルスの試合で有効なのか。

このポイントについて、自分の答えを出しておくことは大事です。

 

シングルスの試合のサーブ、には何を求めるべきだろう?

 


 

1.例えば私なら・・・

まず、リターンで強打されたくないので、深さは出したい。

そして、出来るだけセンターに入れて、自分のコートのセンターへリターンされるようなサーブ、を打っていきたいと基本は考えています。

とにかく、リターンのボールを自分でコントロール出来ること、をゴールに設定している。

そこから、フォアハンドで逆クロス、に打っていくのが基本戦術、という感じですね。

ですので、出来るだけ深いサーブを、センターに。

この基準がクリア出来れば、速度は追い求めない、という感じです。

 

2.ダブルフォルトの失点、が一番痛い

やっぱりシングルスでも、これが痛い。

失点するパターンとして、一番多いのがダブルフォルト、という人はなかなか試合で勝ち上がれないですから。

それに、シングルスの試合はサーブを打つ回数も増えますので、セカンドサーブを打つ回数だって出来れば減らしたい。

そう考えると、やっぱりファーストサーブを入れていかないと。

速くなくて良いから、とにかく入る確率が高く、攻撃されないサーブ。

リターンが限定されるようなサーブ、が一番ですね。

 

3.サーブ&ボレー用のサーブ、も用意しておこう!

ぜひ、これはトライしてみて下さい。

シングルスの試合でも、実はたまにサーブ&ボレーを組み込んでいくこと、が重要です。

相手が山なりなリターン、で対応してくるときには、前に出てそれを許さない。

相手は、かなりショックだと思いますよ。

その為に、トスを前に上げてそのままサービスダッシュ、出来るようなサーブ。

これを持っておくだけで、試合でも平常心でプレー出来るはず。

サーブを準備しておく、だけできっと上手くいくはずです!

 

4.1.5サーブ、を持っておけば試合に勝てる!

私も、これをよく使います。

ファーストとセカンド、の間のサーブ。

絶対にファーストサーブを入れたい、15-40や、30-40のような場面。

こういうときに、しっかりと1.5サーブ、が打てれば試合に勝てます。

必要なのは、普段の練習からこれを意識して練習できるかどうか。

セカンドサーブを主軸に、もう少しだけ深さを出す、ようなイメージで私は打っています。

ファーストとセカンドの差が大き過ぎる人って、試合でも勝てないですからね。

間のサーブ、も持っておくと、いざというときに助けになる。

私はそう思いますよ。

 

まず、自分の中で考えてみましょう。

シングルスの試合、自分のサーブに何を求めるのか。

書いた内容は、私が自分自身、に求めているものですから。

さぁ、アナタはどうでしょうか?

ピックアップ記事

  1. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
  2. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  3. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  4. 今年も半分が過ぎましたので、アンケートを実施させて頂きます
  5. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」

関連記事

  1. テニス リターン

    シングルス

    シングルスには、前衛がいないという事実

    シングルスの試合で、ストロークのミスが多い人。どこかで、ダブル…

  2. テニス ボレー

    シングルス

    自由度が高いシングルスの試合、実は出来ることってすごく少ないかも知れない

    アンケートでご質問頂いた項目で多かったのが、シングルスでのお悩み、です…

  3. テニス サーブ
  4. テニス 練習
  5. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスのラリー戦では、「チャンスを引き出すボール」を自分の武器として磨いていこう!

    シングルスの試合で、アナタの武器は何ですか?フォアハンド?ネッ…

  6. テニス 楽天

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス 練習

    ストローク

    ラリーの中で「ストローク戦からボレー戦へ」テンポが変わるテニスに対応するには?…
  2. テニス スマートフォン

    戦術

    自分の力を知ることが、テニスでは凄く難しいということ
  3. テニス 不安

    戦術

    結果オーライ、だから勝てないんです
  4. テニス フットワーク

    フットワーク

    「スプリットステップ」は少しのコツで、テニスの試合が見違えるほど勝てるようになる…
  5. テニス メンタル

    ダブルス

    ダブルスの試合で、もし「自分の身体が反応」してしまったら、もう動いてしまおう
PAGE TOP