テニス メンタル

シングルス

シングルスの試合のサーブ、には何を求めるべきだろう?

シングルスの試合に出て頑張っているみなさん、サーブの調子はどうですか?

ダブルスと違ってシングルスは前衛がいませんから、なかなかサーブとポーチ、という形では決まらない。

ただ、入れにいくようなサーブだけ・・・だと、リターンから攻撃されてしまいますよね。

じゃあ、結果的にどんなサーブならシングルスの試合で有効なのか。

このポイントについて、自分の答えを出しておくことは大事です。

 

シングルスの試合のサーブ、には何を求めるべきだろう?

 


 

1.例えば私なら・・・

まず、リターンで強打されたくないので、深さは出したい。

そして、出来るだけセンターに入れて、自分のコートのセンターへリターンされるようなサーブ、を打っていきたいと基本は考えています。

とにかく、リターンのボールを自分でコントロール出来ること、をゴールに設定している。

そこから、フォアハンドで逆クロス、に打っていくのが基本戦術、という感じですね。

ですので、出来るだけ深いサーブを、センターに。

この基準がクリア出来れば、速度は追い求めない、という感じです。

 

2.ダブルフォルトの失点、が一番痛い

やっぱりシングルスでも、これが痛い。

失点するパターンとして、一番多いのがダブルフォルト、という人はなかなか試合で勝ち上がれないですから。

それに、シングルスの試合はサーブを打つ回数も増えますので、セカンドサーブを打つ回数だって出来れば減らしたい。

そう考えると、やっぱりファーストサーブを入れていかないと。

速くなくて良いから、とにかく入る確率が高く、攻撃されないサーブ。

リターンが限定されるようなサーブ、が一番ですね。

 

3.サーブ&ボレー用のサーブ、も用意しておこう!

ぜひ、これはトライしてみて下さい。

シングルスの試合でも、実はたまにサーブ&ボレーを組み込んでいくこと、が重要です。

相手が山なりなリターン、で対応してくるときには、前に出てそれを許さない。

相手は、かなりショックだと思いますよ。

その為に、トスを前に上げてそのままサービスダッシュ、出来るようなサーブ。

これを持っておくだけで、試合でも平常心でプレー出来るはず。

サーブを準備しておく、だけできっと上手くいくはずです!

 

4.1.5サーブ、を持っておけば試合に勝てる!

私も、これをよく使います。

ファーストとセカンド、の間のサーブ。

絶対にファーストサーブを入れたい、15-40や、30-40のような場面。

こういうときに、しっかりと1.5サーブ、が打てれば試合に勝てます。

必要なのは、普段の練習からこれを意識して練習できるかどうか。

セカンドサーブを主軸に、もう少しだけ深さを出す、ようなイメージで私は打っています。

ファーストとセカンドの差が大き過ぎる人って、試合でも勝てないですからね。

間のサーブ、も持っておくと、いざというときに助けになる。

私はそう思いますよ。

 

まず、自分の中で考えてみましょう。

シングルスの試合、自分のサーブに何を求めるのか。

書いた内容は、私が自分自身、に求めているものですから。

さぁ、アナタはどうでしょうか?

ピックアップ記事

  1. 【ご報告】YOUTUBEチャンネル、公開しました!
  2. 第4回読者ミーティングは、「上級者男子ダブルス」がテーマです
  3. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…
  4. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  5. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…

関連記事

  1. テニス リターン

    シングルス

    シングルスの試合、苦しければとにかくセンター深くに返球を

    シングルスの試合で、相手から押される苦しい場面。なぜか、こうい…

  2. テニス 打点

    シングルス

    テニスのシングルスの試合で、「我慢が必要な場面」を理解しておこう

    テニスの試合、特にシングルスの試合は「我慢」が必要な場面がある。…

  3. シングルス

    バックハンドのダウンザイン、相手にどんどん打たせよう

    シングルスの試合での、私の基本的な考え方の一つです。これがバン…

  4. シングルス

    シングルスの試合で、アウトミスを減らす簡単な方法

    シングルスの試合での失点、どんなミスが多いでしょうか。アウト、…

  5. テニス シングルス
  6. テニス リターン

    シングルス

    シングルスには、前衛がいないという事実

    シングルスの試合で、ストロークのミスが多い人。どこかで、ダブル…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス 練習

    その他

    身体能力が高い人が、必ずしもテニスが上手くなるとは限らない
  2. テニス アディダス

    テニス知識

    アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…
  3. テニス ポジショニング

    テニススクール

    生徒を上達に導けないテニスコーチは、いつも自分の満足度最優先
  4. テニス ストローク

    ストローク

    「ミスが多いから丁寧にいこう‥」と意識し過ぎると、今度は足が止まってしまう人はど…
  5. テニス フットワーク

    メンタル

    多くの一般テニスプレイヤーが、自分を過小評価していることに気付いていない
PAGE TOP